FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2019 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

大房岬 戦争遺跡②

2015/04/04(Sat) 18:59
DSC04445.jpg
大房岬の戦争遺跡の概要を

九条の会のH先生に教えていただきました。

要塞となったのは…

戦国時代に安房を平定した里見氏の狼煙台から始まり

幕末の砲台へ。。。

日露戦争直前の艦砲射撃的跡

第1次世界大戦後のリサイクル要塞跡(1928~30)
    砲塔・観測所・証明書・掩灯所・発電所

第2次世界大戦・アジア太平洋戦争時
    陸軍の兵舎跡
    海軍の魚雷射堡

これらを掘り下げて説明してくださいます。



昔の絵地図を示され話してくださったここは
DSC04451.jpg
岬の第二展望台に近づいたところで
DSC04455.jpg
地元に伝わる↓昔話が残っている増間島は
DSC04456.jpg
この右手に見える島です。
DSC04458.jpg
masumajima[1]

信仰の岬から、首都防衛の基地になり、黒船に備えた砲台から
DSC04465.jpg
コンクリート造りの、帝国陸軍の要塞になりました。
DSC04468.jpg
きっと国民の多くは食べるものにも苦労していたことでしょうが
DSC04469.jpg
盗掘にあった部分は傷んでいるものの、コンクリートそのものは
DSC04472.jpg
ビクともしない立派なものでした。
DSC04475.jpg
探照灯とはサーチライトのことで照射距離は
DSC04477.jpg
暗夜の良好な気象状態で7~9kmだったそうです。
DSC04478.jpg
発電所は探照灯用のもので50馬力、27キロワットのディーゼル発電機が
img131[1]
2基設置されました。


さて、戦争で死亡した軍人と民間人の割合を教えていただきました。

時代とともに、驚くような割合に変化して言っています。

第1次大戦    軍人95%   民間人5%

第2時大戦    軍人52%   民間人48%

朝鮮戦争     軍人16%   民間人84%

ベトナム戦争   軍人5%    民間人95%



平和な今、こんなのどかなキャンプ場になっていますが
DSC04480.jpg

海蝕崖の海岸には

DSC04490.jpg
魚雷射堡(魚雷発射基地)が・・・。
img134[1]
gyorai[1]
洞窟内の魚雷数発を1発ずつ台車に乗せ格納しておき

敵艦が現れると水中まで惹かれたレール上を」台車に乗せたまま押し出し

逐次発射するものだったそうです。

DSC04491.jpg
莫大な費用を投入して備えた要塞の数々ですが
DSC04492.jpg
実際は、航空機などの新兵器の出現により
DSC04493.jpg
使われることもなく、戦争遺跡となりました。




九条の会 コメント:0 トラックバック:0

大房岬 戦争遺跡①

2015/04/03(Fri) 18:11
3月30日  晴れ渡る空の元、

南房総 九条の会の 富浦・戦争遺跡の勉強会に
DSC04420九条の会富浦戦場跡地勉強会
参加しました。

直前まで、腰痛で1ヶ月近くグ~タラしていたくるあんママ。

痛みは軽減したとは言え、休み休み動いていたため筋肉もめっきり低下。

「まだ無理だよ」とパパに言われ、自分でも心配だったのですが

以前からこの戦争遺跡の勉強会を楽しみにしており

どうしてもダメなら一人で引き返そう…と覚悟の上の参加でした。


千葉県南端の館山から、内房に沿って北に上がったところに
DSC04554.jpg
東京湾をはさんで、三浦半島と向き合い
155041821399[1]
湾の入口に突き出た形で
142528[1]
首都防衛の基地・大房岬(たいぶさみさき)がありました。

この岬は2000万年前に出来たと推定されています。

岬の北側の地層と南側の地層が、お互いに押し合った圧力から

中央部が向斜構造になっています。

現在ではホテルや少年自然の家・キャンプ場などの合間に
map_taibusa2[1]
数々の戦争遺跡が、満開の桜に包まれるように点在しています。
DSC04429.jpg
ここ↓は第二砲塔の跡で、砲台は撤去されています。
DSC04432.jpg
この岬にあった砲塔はワシントン軍縮会議により廃棄された帝国海軍の

巡洋艦の副砲(鞍馬か伊吹のものでは?)が配備されていました。
DSC04434.jpg
砲塔のそばには弾薬庫があります。
DSC04433.jpg

もうひとつの砲台のそばにも弾薬庫。
DSC04437.jpg
弾薬庫の内部に4つの小部屋がありました。
DSC04440.jpg
そして次の戦争遺跡へ。。。
DSC04425.jpg

自分としては一生懸命歩いているけど、皆に追いつけない・・・
DSC04428.jpg
(*´д`*)ハァハァ
DSC04443.jpg

この大房岬は7世紀後半の役行者(えんのぎょうじゃ=山岳修行者)
DSC04446.jpg

に寄る修験道としての信仰の岬となり、その後

黒船来航をきっかけに

首都防衛の任務についた、と言われていますが…

実際には田沼意次の時代から、夥しい数の外国船が

行き来していたそうです。

今日はここまでにしておきます。

長い時間PCに向かっていると、腰の痛みが再発するので…。

大房岬はとても美しい岬で、海の向こうに富士山が見え、

桜が咲き誇り、そのところどころに戦争の遺跡が

光と影を感じさせました。
DSC04423.jpg
九条の会 コメント:4 トラックバック:0

九条の会 新年会

2015/01/07(Wed) 19:02
今年初めての南房総九条の会が6日(火)午後2時から

代表宅で開催されました。

最初に、昨年12月の市議会

「集団的自衛権行使容認閣議決定の再考を求める」

意見書採択要請の議会請願行動についての報告がありました。

12月10日 総務委員会(請願代表者5名)傍聴

21月19日 本会議傍聴(11名が傍聴)

結局は総務委員会、本会議とも不採択でしたが、

理由というのが、厳重な3要件が歯止めとしてかかっていること。

閣議決定の段階で関連法案の形で問題が出てきたら、

 その時考えれば良い。

 現段階では時期早尚意見書を出す段階ではない。

というようなことだったようです。

「まあ、そんなもんだろう」とは思っていましたが、

ノー天気な議員諸氏に頭が下がります。

野球で例えるなら、

コントロールの悪いピッチャーしかいないチームが

ルールを自分勝手に変えて、ストライクゾーンを倍のゾーンにし、

元来ボールと判定されていたものをストライクにするというような

めちゃくちゃなことやってるのにですよ。

自分の応援するチームだからといいということなのでしょうか。

「自分は自民党だから、反対はできない」というのもおかしな話。

自民党はかっては保守でした。

でも、今の政権についている方々とその取り巻きは

保守とは全く別物と思えます。

アメリカ属国化を進める党とでも言い換えたら納得します。

万が一、中国が日本を攻撃してきた時に

アメリカが日本を守るために中国と戦争しますか?

するわけないでしょ!

でも、集団的自衛権行使となれば、アメリカのために日本は

絶対に戦わされますよ。

そのときは、安倍さん!最前線の先頭で現閣僚を従えて

自衛隊員の前の位置で戦って下さい。お願いします。

お祖父さんの岸氏のように戦争に突き進ませた東条内閣の

商工大臣や、また、大本営参謀としてインパール作戦を主導した

辻氏のように切腹もせず、図々しく生きながらえるような

卑怯な真似はしないで下さい。

南房総の請願不採択に賛成した議員諸氏も真の近代史を学び、

維新の時代から日清・日露戦争そして日中戦争から連なる

太平洋戦争がどのような戦いだったのか、

その中身とその戦後処理についてもう一度目を向けてほしい。

そして自分達が所属している自民党の歴史についても…。

今、自民党と称する政党が「経済再生はこの道しかない」と言いつつ、

裏で何をしょうとしてしているのかを

カッと目を見開いて見るべきではありませんか。

謙虚にその姿を見つめた時、

その中身の変質ぶりにきっと気がつくことでしょう。

何の為の議員なのだろう? 何の為の政治なのだろう?

なぜ、閣議決定で解釈改憲することを

不思議に思わず、従えるのだろう・・・か。。。

そんな思いが渦巻く、議会の報告でした。

私にとって、保守も革新もありません。

どちらが正しいか正しくないかなんてことも…。

それぞれ良い面を持っているではありませんか。

本来の意味での保守には共感しています。

日本の歴史を大切にし、慣習や伝統を重んじる…

そんな筋の通った保守ならば、です。

革新、あるいは左翼にしても、本来は自由・平等・博愛

の精神ですから、現在のアメリカそのものと思えます。

ということは、アメリカこそが今の左翼?

自民党は左翼にシッポ振っているのでしょうか???

それも不必要に。そんな嫌味を言いたくなりませんか?

皆さん!


DSC03900九条1月6日

さて、今年度の南房総九条の会の活動方針は

☆憲法学習会の開催 4~5月頃。

☆結成一周年記念集会 8月9日(日)

☆南房総九条の会会報 発行の検討

☆署名活動

等など 話し合いました。

会議のあとは、新年会。
DSC03905九条新年会乾杯

今年もよろしくお願いします。

皆さん、頑張りましょう!

九条の会 コメント:2 トラックバック:0

憲法学習会②

2014/12/15(Mon) 06:36
土曜日・南房総市三芳農村環境改善センターの一室で
DSC03572.jpg

憲法学習会が開かれました。
DSC03571.jpg

過去の歴史問題を紐解き、戦争に至った経緯を勉強できたら

今後、戦争への予防策にもなろうかと。。。


憲法学習会4
立憲主義からお話はスタート。

憲法は国家権力に対して縛りをかける法規であり

法律は国民が果たすべき決まりを定めたものという

憲法と法律の違いについての基本的なお話。

日本国憲法ではその前文及び第10章に

最高法規として掲げられている。

「第97条 ・・・日本国民に保証する基本的人権は・・・

侵すことのできない永久の権利・・・・」

「第98条 第一項 この憲法は、国の最高法規であって、

その条項に反する法律、命令、詔勅及び・・・・

行為の全部又は一部はその効力を発しない。」

「第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員

裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。」

自民党の議員及びその支持者はこの憲法を尊重もしてないし、

まして擁護なんかしていない!

ここから、既に憲法違反してるじゃないですか?

次に、立憲主義の誕生の歴史について述べられ、

高校時代に学習した世界史の復習に突入

マグナ・カルタやロック、ルソーといった啓蒙思想家たちの

懐かしきお話に一瞬、40年以上も若返った気になりました。

ありがとうございました。

そして、平和の願いや歩みについていくつかの革命などを取り上げつつ

時代を追って話されました。最後にいよいよ日本国憲法が生まれた背景

尊い命の代償と引き換えに手に入れた憲法であり

決して押し付けられた憲法ではない

(憲法草案に85%の国民が賛成…毎日新聞の世論調査)ことや


自民党の改憲案についてお話があり、

一人の人間として真剣に捉え、考え、生きていくことが大切

だと深く思いました。





蛇足ながら、聴講生はほとんど中高年でした。

若い人に聞いて欲しかったな~~~
憲法学習会2

南房総九条の会は会費無しで運営しています。

印刷物、切手代、などはカンパ、そしてオリジナルうちわ販売で

賄われています。
DSC03538憲法学習会
ご賛同くださる方々のご理解とご協力をお願いいたします。

参加者に、JALを不当解雇された客室乗務員の方が。。。
DSC03543憲法学習会3
東京高裁の判決は、権利濫用と不当労働行為の事実認定・判断を

回避して解雇を有効とした。

労働者の権利・主張が一切認められなかった憲法・法令違反の判決を

破棄すべき、との話。

上からの圧力で経営破綻させ、165名を不当解雇。

JAL破綻の原因は放漫経営。

①米国との貿易不均衡でジャンボ機113機購入。

②99箇所もの空港乱造で赤字路線拡大。

③JAL経営の長年にわたる乱脈、放漫経営
   ・ホテルリゾート事業1300億円損失、
   ・ドル先物買い 2200億円損失、
   ・燃油の先物取引1900億円損失
当時の経営者は誰も責任を取っていない。

こうなると、空の安全は大丈夫なのか気になるところです。

他にも『教科書と教育を考える千葉県民の会』の先生のお話。


南房総九条の会は、これからもコツコツと

勉強の幅を広げて参ります。


この翌日、一人の総理のための選挙が行われ

議席数は自公の目論見通りとなりました。

一部の大企業の景気が良くなったばかりで

ほとんどの庶民の暮らしは改善されず

年金は減らされ、消費税は上げられても

これだけの支持を得られるのだから

国民をナメきっているんだろうな・・・とこの日も

ごまめの歯ぎしりをした、ってワケです。

議席数は自公の勝利とは言え、内容は少しずつ

山をも動かす庶民の力が

じわりじわりと結集されていっているような気がしています。

諦めてはいけない。

平和のために。

九条の会 コメント:4 トラックバック:0

憲法学習会

2014/12/13(Sat) 07:59
今日、12月13日(土) 午後1時半より

南房総九条の会主催・憲法学習会を開催します。

会場・ 三芳 農村環境改善センター 視聴覚室
    南房総市 谷向100 TEL0470ー36ー4114

『日本国憲法は人類の宝』
    未来をかけて憲法を守り活かそう  


どの政党を支持するか、それは個人の自由ですが

明日の選挙は正念場です。日本の未来が掛かっています。

景気とか子育て支援とか、大事なことではありますが

それらは全て、

国家の平和があってこそなのです。

攻められたら守る、それは当たり前のことです。

世界で四番目の軍事力を備えた自衛隊があり

個別的自衛権は世界中の全ての国に認められている権利です。

でも、今回の安倍政権の閣議決定はどう見ても憲法違反です。

国の責任者が憲法違反を堂々と行い、それを党が許し、

国民も許してはもうおしまいでしょうね。

また、景気回復をするという餌で、信じやすい国民を釣り

憲法改正を目指し、原発再稼働を目指し、

沖縄の辺野古の自然を破壊する

つもりでいるということなどおくびにも出さずです。

この2年間で暮らしは急激に悪くなりました。

年に2%ずつ物価上げる政策が、なぜ景気を

良くすることになるのですか?年金が上がりますか?

アルバイト賃金が上がりますか?

2年間の家計の経済状態ではっきりしているでしょう。

農業・畜産業・医療を始めTPP交渉が終われば

譲歩しなければまとまらなかったから、という

いい訳を聞かされることでしょう。

簡単に騙される国民

結局、日本では民主主義が理解できない国民が圧倒的多数であり、

過去の歴史からも学べない国民だということでしょうか?

なんとも情けない限りです。

以上、ごまめの歯ぎしりでした。

DSC03521.jpg


九条の会 コメント:0 トラックバック:0
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR