くるみとあんずの散歩道

2017 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

加工所にて

2016/09/14(Wed) 00:35

今年の加工所での新しい活動は

カステラ作り

DSC07662.jpg

新聞紙(7枚)の縦を1辺として折り(解りにくくてすみません)↓

P9140381.jpg

正方形にし、この四隅に17cm四方の線を書き、↑赤い線の部分を切り

Aの青点線を谷折り、Bのオレンジ色点線を山折りし、型は出来上がり。

見えにくいかな?これでどうでしょうか?↓点線の色が違いますが…

P9140379.jpg

上部の図の赤い線を切って、下部の図のAは谷折り、Bは山折りだよ。


内側の周囲と底にホイル

DSC07664.jpg

底にクッキングペーパーを敷きます。

DSC07677.jpg

底にザラメをパラパラ広げP5130240.jpg

室温に戻しておいたMサイズの卵1パック(10個)のうち

8個分の卵白をP5130242.jpg

DSC07665.jpg 泡立てて、3回に分けて砂糖(150~250g)を入れる。(この日は250g)

しっかり泡立ったら、黄身10個分とハチミツ(50~100g)を

泡立て器で混ぜる。(この日は100g)

P5130241.jpg

P5130244.jpg

分量の粉(強力粉200g)をふるいにかけながら3回に分けて入れ

DSC07675.jpg

新聞紙の型に流し入れ、

DSC07680.jpg

型のフチをつまんで5cm位上からストンと5回落とす。

DSC07674.jpg

160°のオーブンで 70分焼き、

P5130248.jpg

すごいオーブンなんですヽ(*´∀`)ノ

DSC07682.jpg

70分経ったら様子を見て更に 10分焼く。

P5130251.jpg

焼いている間に、師匠が野菜たっぷりパスタ↓を作ってくださいました。

P5130255.jpg

焼きあがったら表面を平らにするため天地返しする。(ひっくり返す)

P5130259.jpg

    ちなみにママのカステラは右手前です!↑ψ(`∇´)ψへへっ♪

この日は甘味たっぷりのカステラを教えていただきました。

すご~~く美味しかったです。

美味しさを第1に考えるなら、甘みたっぷりがオススメです。

でも健康を考慮するなら、甘味は控えたほうが良い…との考えで

このあと何回か、健康志向のカステラ作りにチャレンジ!

お砂糖(上白糖250gをてんさい糖150g)

はちみつ(100gを50g)と甘味の料を減らしてみました。

優しい甘さで、美味しく感じました。

私はてんさい糖で作って正解と思いましたが

人それぞれ健康に対するこだわりがあり

てんさい糖より キビ糖のほうが良い、という意見もありました。


このカステラ、とても評判が良かったです。

詳しい作り方(新聞紙の型・カステラレシピ)をご希望の方は

くるあんままへ連絡ください。

誰でも作れる懇切丁寧なママ特製レシピをお送りします。

って言うと、レシピは良いから、カステラ作って持ってきて!って

言われちゃうんだヽ(*´∀`)ノ


クッキング コメント:4 トラックバック:0

くるあん味噌

2016/02/14(Sun) 14:02
DSC07342.jpg

今年もお味噌の寒仕込みの季節が

やってきました。

少しずつ参加者が増えたため、今年は少数グループに分かれて

活動しました。

二日前、自宅で豆を水に浸し
DSC07343.jpg
当日朝、3倍くらいに膨れ上がった頃、ザルにあげます。
DSC07351.jpg
1日前に麹屋さんで麹を購入し、分量の塩と混ぜておきます。

(塩切り作業)⇒DSC03818.jpg

加工所では、器具の点検をし、清潔にした後

3つの圧力釜で豆を柔らかく炊き上げます。
DSC04234.jpg

DSC07354.jpg
この圧力釜の操作が一番、気を使うところ。

圧力弁の操作、圧を維持するための火力の操作…
DSC09618.jpg

蒸らす時間、その後蒸気を出し、

噴出口周辺に濡れ布巾をかけ、圧を下げる…等など。
DSC03860.jpg

次々行い、柔らかくなった大豆を
DSC04237.jpg

機械で潰します。
DSC07344.jpg

潰した豆は扇風機で40度に覚まし
DSC07353.jpg

DSC07345.jpg

塩切りした麹を混ぜ、硬いようであれば茹で汁少々足し、
DSC07348.jpg

柔らかさを調節する。

入れ物を再度消毒し、空気を抜きながら…

今まで古風なカメで保存していましたがDSC03882.jpg

昨年より近代的な(?)入れ物を導入!(*´∀`*)ノ。+゜*。

味噌を入れ、空気に触れないようラップで密封。
DSC07347.jpg

出来た!出来た!

美味しくできるといいな~~~(*-ω-)ドキドキ

お友達のみなさん、くるあん味噌!楽しみに待っててね。
クッキング コメント:3 トラックバック:0

秋の味覚

2015/10/20(Tue) 09:01
ご近所の方が秋刀魚を焼いて届けてくださいました。
DSC06488.jpg
その時、生落花生や大根葉、さつまいも等もくださったので、

大根葉・玉ねぎ・しめじ・むきエビのかき揚げ、

さつまいも・かぼちゃ・にんじんのかき揚げ

他には ブラックタイガー、 舞茸、 生しいたけ、を天ぷらに・・・。
DSC06491.jpg
ひじきの煮物(人参・こんにゃく・油揚げ・干し椎茸・焼き竹輪入り)

そして頂いた生落花生を塩ゆでにし、さつまいもと共に炊き込みご飯。

落花生のご飯は昆布出汁と塩少々なので、薄味ですが

もっちりとした美味しさで、大好評でした!おすすめです。

お試し下さい!
クッキング コメント:0 トラックバック:0

最近の料理傾向

2015/10/09(Fri) 16:00
た・た・たいへんだぁ~~~
DSC06445.jpg

ママァ~~~
DSC06446.jpg

カエルくんが
DSC06439.jpg

色白になっちゃったよー!
DSC06463.jpg

ほんとだぁ!

もう寒いから早く冬眠してね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC06468.jpg

最近ママは・・・(今更ですが)体に良い食事作りに取り組んでいます。

毎日作っているのが 野菜たっぷりスープ。
DSC06472.jpg


出汁はニンニクと生姜、昆布の細かく切ったの、鰹節の粉・・・

メーンは玉ねぎ・キャベツ・えのきだけ・わかめ・鶏ささみ、この日は茄子も!他色々

毎日作っているので飽きないように、日々工夫して味付けしみてましたが

意外と合わなかったのが、酒粕と海老味噌(瓶詰め)

で。。。毎日食べても飽きない味のポイントは・・・決して

化学調味料を使わないこと!(しょっぱく感じます)

失敗もあったけど、一番気に入っていて飽きない味付けは

味噌+醤油+胡麻油+コチュジャン+豆乳+ウェィパー♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

もう2週間毎日食べ続け、身が軽く感じてきたのでウォーキングも始めたら

2キロ半痩せました。

おかずのメーンは、牛肉とパプリカの炒め+マグロとアボカド
DSC06461.jpg
そして 鶏手羽としし唐の塩味炒めレモン風味。
DSC06477.jpg
ごはんは玄米・雑穀米を炊いています。

ビタミンとコラーゲンたっぷり!ヽ(´▽`)/

DSC06454.jpg

DSC06455.jpg
海岸が人々で賑わっていると

街中が明るく、活気が出ます!

クッキング コメント:4 トラックバック:0

ブルーベリージャム作り

2015/09/20(Sun) 07:15
自公が戦争法強行成立させました。

6割を超す今国会での成立反対という国民の世論に背いて。


平和な世の中に、憲法の根本精神が揺らぐ今日この頃

ようやく《戦争法(阿部法制)廃止・打倒》の波が

空前の規模でうねりを上げてきた今日この頃…

私の心も、そうした運動と共にあります。

願わくば、ここまで来る前に、選挙結果で《戦争法制・NO!》の

意思を表明したかった!と歯ぎしりしていますが!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そんな時期になんですが、

ブルーベリージャムを いつもの山の加工所で作ってきました。


前もって、ブルーベリーは綺麗に水洗いし、ヘタやゴミを取り除き

冷凍しておきます。

DSC06235.jpg
凍ったままのブルーベリーを鍋に入れ

あ!この時焦げないよう底の厚い鍋を使うのがポイント!

DSC06238.jpg
ブルーベリーの水分が出るまでは木べらで混ぜながら

弱火でコトコト煮て。。。水分が出てきたら強火に。。。

アクは丁寧にすくって 捨てる。

20分位煮詰めてから、砂糖を加える。

砂糖の量はブルーベリーの1/3~半分位を目安に。
(ブルーベリーの酸味により加減。また甘味が強いと長期保存になる)

砂糖は3回ほど分けて入れながら、アクを取る。
DSC06244.jpg

再びコトコト。。。

煮詰まるまで、チビッ子参加者に絵本の読み聞かせ~♪゜・*:.。. .。.:*・♪
読み聞かせ
出来た!出来た~!ヾ(*´∀`*)ノ
DSC06255.jpg

今回はレモンを入れませんでしたが

入れると綺麗な色になります。
(レモンの量はブルーベリー1キロに20CC位)


瓶は出来上がりに合わせ、煮沸消毒しておき
DSC06254.jpg

熱い瓶に熱いジャムを入れ、空気抜きのため
DSC06258.jpg

瓶のフタは軽く閉め、瓶底から2cm程度の湯に10分程度煮沸。
DSC06261.jpg

逆さまにしてひと晩起きます。
DSC06266.jpg

出来立てホヤホヤのブルーベリージャムを

参加者の手作りトコロテン(ちゃんと天草から作ったの!)にかけて

みんなで試食。
休憩

メッチャウマ!!!( ;∀;) カンドーシタ

ヨーグルトにかけるより美味しいヨ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦


こんな平和がいつまでも続きますように。。。(>人<*)ぉ願ぃ!!!

クッキング コメント:2 トラックバック:0
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR