くるみとあんずの散歩道

2017 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

ワン友 & 失敗した梅ジャム

2017/06/26(Mon) 00:40
土砂降りになる前日の朝

いつものように仲良しのモコちゃんに挨拶に行ったら・・・
DSC09734.jpg
モコハウスの床下から出てこないモコちゃん。

夏になると床下の土を掘って、涼んでいるモコちゃん。

あんずが「モコにぃ!」って覗き込んでも出てこないので、

それなら!っとあんずは、以前から気になっていたモコ家の

ご家族の入口に向かって突進。すると。。。

DSC09735.jpg
「おいおい。。。勝手に入り込むんじゃない」と重い腰を上げるモコにぃ。

そこに
DSC09736.jpg
クル登場。  「モコ兄ちゃん。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。」
DSC09737.jpg
「兄ちゃん?…って、オレの方が若いぜ。。。」byモコ

「うふつ。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。」byオリベちゃん。
DSC09732.jpg
くるあんのWAN友との、ある朝のひとときです♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

今、ラベンダーが綺麗です。
DSC09602.jpg


さて。。。初挑戦の梅ジャム。。。うまくできませんでした。
DSC09748.jpg
(↑出来立ては逆さにして覚まします)

小粒な梅の実で、梅ジャムに挑戦したのですが、

種を取ると、種に実が付いた状態なのがもったいなくて、悪戦苦闘。。。

煮る前の段階で時間がかかりすぎクタクタ。。。煮始めたら疲れが出、

一瞬目を離したすきに焦げてしまい。。。大失敗(´ε`;)

1日がかりでチャレンジしたのに5瓶しか。。。(´・ω・`)ガッカリ…

梅を下さった九条の会のAさん。。。ごめんなさい。

ジャム以外の頂いた梅・・・醤油に漬けたり、らっきょう酢に漬けたり。。。

こちらは失敗のしようがないので、順調です。(o^^o)♪

クッキング コメント:0 トラックバック:0

シンボリツリー & あんずジャム 

2017/06/25(Sun) 00:40
我が家のシンボリツリー くるみとあんず。
DSC09744.jpg
この地に来た記念樹として植えたのだけど、

あんずの木の方が成長が早い。でもこの後、

くるみの木は巨大化するらしい。

そのあんずの木のあんずの実。。。
DSC09728.jpg
これでジャムを作りました。

種は取るけど、皮は剥かなくても良いそうですが

皮の表面が少しくすんでいる部分は剥き

水は一滴も入れず、お砂糖たっぷり、弱火でコトコト煮て。。。

焦がさないよう十分注意して…普通は15分くらい煮込むらしいけど

くるあん家のあんずは固めだったので1時間くらい煮ました。。

自然なトロミがあるので、ペクチンは入れず、煮沸消毒した瓶に詰め

そのビンのフタを一旦ギュッと閉めた後、少~し戻し、再び鍋に…。

瓶の底から2~3cm位のお湯で再び煮沸。空気抜き。

それを逆さにして・・・冷ます。
DSC09743.jpg
この後、シールを貼ります。

後ろに見えるのは同時進行で作った天ぷら。

料理バトルの仲間に
DSC09730.jpg
こんなふうにして、お届け。

「パセリのかき揚げ、おいしいね?」とメールが来たけど

実は、人参の葉。





川辺にカンナの花が
DSC09731.jpg
我が家のプランターからは、いつの間にか
DSC09740.jpg
突然綺麗な花が咲いていました。


クッキング コメント:2 トラックバック:0

一人で作るジャム& おかずのやり取り

2017/06/23(Fri) 06:33
これまで加工所を使い、グループでジャム作りをしていましたが

今年は自宅で単独でチマチマ作っています。

その方が、好きな時、好きなだけ、好きなように作れて楽です。

今まで・・・毎年人助けのつもりでグループの活動を仕切り、

そのメンバーが作る材料を集めるため、複数の枇杷農園さんに

クズ枇杷と呼ばれる、やや難有りの枇杷を大量にご寄付頂けるよう、交渉。

それをご近所の、元民宿をしていたお宅の大型冷蔵庫に保管して頂き

お砂糖その他、ペクチンやビタミンCの粉など、遠くまで足を運び大量に購入。

前もってジャムを作り、写真入りのレシピ作り、栄養効果の情報も添えて…

瓶も、瓶に貼るラベルも参加者各自の名前入りで作っておき…

加工所の予約や、支払い。鍵を借りたり、返したり。当日の皆の昼食の用意。

別にイヤイヤやっていた訳じゃありません。

親睦の意味も含め、地元に貢献したい気持ちで毎年行ってきましたが、ふと

ママがいつまでも元気とは限らない。ママがいなくなってもできるように

レシピを手渡すだけではいけない、出過ぎてもいけない。つまり

皆が個々に自立するように、道を開けなくては・・・・と考えるようになりました。

皆それぞれの付き合いがあり、枇杷の仕入れのルートがあるようですし、

今年は、これまでお世話になった枇杷農園さんに

例年のクズ枇杷のご寄付を辞退したのです。すると・・・

「では、くるあん家のジャムの分だけね?」と、少し届けて下さいました。

枇杷農園さんのみならず、ご近所の方、九条のお仲間もちょこちょこ下さったので

生のまま頂いたり、娘に送ったり、それでも残った一部でジャムを作ったところ。。。


じゃ~~ん。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

DSC09715.jpg
こんなに出来ちゃったよ~~~

今までと比べ、10倍以上のジャムが!

この結果が意外すぎて、とても驚いています。

昨年まで、仕入れや買い出しに奮闘したのに少量しか自分の物にならず

今年は少ない枇杷で、気楽に作ってこの結果!!!

個人で作る人が増える訳よね?

この勢いに乗り、梅ジャムと あんずジャム、家で作るぞ==!




ダンス友達とのおかずのやり取り。

「上等なマグロが入ったよ!」 

コラーゲンたっぷりのマグロの酢味噌和え付きで。。。(奥の2皿)
DSC09712.jpg
我が家からは彼女の好きなエビチリと麻婆豆腐。

両者激突のウマウマ対決!~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

彼女の旦那さんからも、「麻婆豆腐うまかった!」とお褒めの言葉ヽ(´▽`)/

むふふ。。。(o^^o)♪これからも対決しようね!
DSC09633.jpg


先日のブログ、「この木、何の木?」は
DSC09701.jpg

トトロママさんが、カイコウズという名の木だと

教えてくださいました。ありがとうございますm(_ _)m

クッキング コメント:0 トラックバック:0

お弁当 & この木何の木?

2017/06/19(Mon) 17:55
DSC09694.jpg
今日のお弁当は、ハンバーグとトマトシチューで和えたパスタ、

ポテトコロッケ、カボチャの煮物、キンピラ、玉子焼き、青獅子唐の甘煮。

超うまうま。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。(・ω・ノノ゛☆パチパチ


さてさて・・・紫陽花や
DSC09697.jpg
初夏の花が咲き誇る時期ですが
DSC09699.jpg
我が家の前のお寺の、いつも見ている樹が、突然・・・

今まで見たことのない赤い花だか実だか、葉っぱだか・・・ 

こんな樹だった? うぅん

毎日歩いていたけど気付かなかった。。。
DSC09701.jpg
この木何の木なのでしょう?

何年に一度、赤くなるのでしょうか?
DSC09702.jpg
クッキング コメント:2 トラックバック:0

枇杷ジャム

2017/06/13(Tue) 22:18
くるあん家の人生の楽園・南房総の内房周辺は

夏は海水浴場として賑わい、

その直前の初夏は、枇杷の季節。。。

枇杷が出回ると観光客がどっと増え、街が賑わいます。

1年を通し丹精込めて育てた枇杷農園はこの時期、

忙しさのピークを迎えています。

大きさで選別し、商品として少々難有りの物は取り除かれ

それがクズ枇杷と呼ばれ、ジャムなどに使われます。


そのジャム作り。。。

枇杷は皮をむき、種そして種と実の間の薄皮を剥くうち

どんどん実は茶色くなってきます。それを避けるため

剥いたらすぐ薄い塩水に漬けておきます。それを一度ザルにあけ

再び綺麗な塩水に漬けて、色止めします。

それを刻んで鍋に投入。水少々と砂糖。。。これが問題。

枇杷の甘味によって砂糖の分量を決めなくてはなりません。

甘い枇杷は果肉の重さの3分の1くらいの砂糖。。。ここからスタートし

砂糖の量をプラスしていき、レモン汁少々、最後にペクチンでとろみ。

で・・・頂いたクズ枇杷の中には、甘いのも酸味の強いのも。。。

つまり、枇杷にもいろいろ有り、やや酸味のあるブランド品もあるのです。

各種混ざった状態でジャムを作り、味見の際、選んだひと切れが

たまたま酸味の強いタイプで砂糖を足すと、仕上がりが甘すぎたり。。。

試行錯誤しながら作った枇杷ジャムがこれ!
DSC09650.jpg
味は保証しませんが、枇杷農園さんの1年間の労力と

くるあんママの愛情いっぱいの枇杷ジャムで~す!

これとマーマレード、寒仕込みしたお味噌が熟成中。


DSC09635.jpg
みんな、待っててねー!

クッキング コメント:0 トラックバック:0
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR