くるみとあんずの散歩道

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

ちょっと過去の出来事② 関空から家まで

2013/07/27(Sat) 18:28
楽しくて感動的な大阪一人旅。。。

その帰り道は???


行きの羽田でのハラハラ大慌てな搭乗で、大いに勉強したので、

関西空港では十二分に時間の余裕を持って、待機しました。

お土産も買ったし、手続きも終えたし、暇だからマッサージチェアも。。。

こうして余裕綽々搭乗したのです。

これに乗って羽田に着けば、海辺の我が町までの最終バスへ1時間以上もある。

今度こそ、羽田空港の中を練り歩こ!

買い物しよ~! こんなに時間に余裕がある!


絶対大丈夫!

安心しきってパパにもメール。

「家で待っててね」



そして。。。肝心な飛行機は。。。ありゃ?なんで離陸しないんでしょ?

もう時間過ぎてますよ。。。

ママの横の窓の外が、急に暗くなり雨粒がガラスにポツポツ

そこに機内アナウンス。130714_1711~01


「ただ今、この上空に異常気象が近付いています」

そして、ピカッ ザァー 

30分ほど様子を見て、離陸するかどうか判断する、とのこと。

機内では泣き出す赤ちゃん。

申し訳なさそうに飴を配る客室乗務員。

無言でじっと耐える乗客。。。


ま、いっか!

帰りは家に帰るだけだし。。。最終バスまで時間もあるし。。。

そう呑気に構えていたら、そろそろ離陸する、とのアナウンス。

良かったぁ。。。

ホッとしたのもつかの間、今度は羽田上空に異常気象が移動した、とのことで

またも待機。

またも赤ちゃん、泣く、泣く、泣きわめく…

今後の予想はつかない、そうだ。 どうしようか?

もう1泊、大阪で泊まるか? いや、羽田まで行かれるかな?

羽田では? 最終バスは無くなっているかな? そこからどうしようか?

東京の家に泊まろうか? いや、羽田で泊まって翌朝高速バスで帰ろう!

心は意外とワクワク感がある。

叔母のこと、あんずのことも、この時点では何事も心配なかったから。


突然予期せぬ出来事で家に帰れなくなるなんて、いままで体験したこともない。

自分がどんな判断をするのか。。。?

こりゃ、楽しみだぞー!

何気なく周囲を見廻すと、みな離陸前からぐったりとした表情で

疲れ切ったように目を閉じていました。

すぐ近くで赤ちゃんが泣きわめく中で。。。


機内は、離陸の目途が付くまでの間、携帯電話使用許可が。。。

早速パパへメールで現状を知らせる。今後の予想がつかないが

必ず一人で乗り越えるから心配しないで、と。。。パパからは

「羽田に着いたら連絡して」との返信が。。。

そうこうしているうち、突然、離陸する、とのアナウンス。

なんか、中途半端な展開に面白味が無くなってきたが、ま、いいかっ!

翌朝は町内の仲良しさん達との餅つき(この真夏にだよ!)があることだし

帰れないより、帰れる方が良い。

関空の飛行場では整備員と見える人たちが、なお降り続ける雨の中、

手を振って見送ってくれている。。。ありがとう、また来ますよ。

滑走路では。。。

突然の離陸許可に、多くの待機していた飛行機が順に動き出す。

のろのろと。。。あっちへこっちへ向きを変えながら…そして

満を持したかのように加速し、暮れなずんだ浪速の空へ飛び立ちました。

ママはその小さな丸い窓へ顔を近づけ、さっき、kimiさん家族に送って頂いた

関空への長い海上の道などを見下ろしながら、濃縮ジュースのような浪速の旅を

振り返っていました。


飛行機は上空高く飛んでいた後、少しずつ雲の下へ下降していきます。

眼下に広がる海、その先に、

煙ったような薄墨色の空と一面の濃い緑。。。

その中に点在する街の灯りは、まるで宝石が散らばっているかのような美しさ。。。

ここはどの辺りなのかしら? もうこんなに低空飛行なのだから

大阪と東京って、近いんだな。。。空から見ると、そう思えます。

車が走っているのも見えるくらい低空を飛ぶ中、はっ!

眼下には見慣れた景色が! それはアクアラインの海上の道路。

海ボタル(SA)も見えます。という事は。。。さっき、

深緑の絨毯にダイヤのネックレスを散りばめたかのように見えた景色は

くるあんの暮らす、海辺の町の周辺だったのでしょうか?

帰ってきたんだな~

こんなに自然の豊かな地域に暮らしているんだな~


まもなく羽田に到着。滑走路には、やはり待機していた多くの飛行機が

着陸を待ち構えていたことを感じさせます。

滑走路を走って走って、あっちへこっちへ。。。そしてようやく停まった所は

いつものようにターミナルの建物に沿った位置ではなく。。。したがって

移動式渡り廊下が、飛行機の入口にすっぽり収まって、難なくターミナル内へ

入れる訳ではなく、遠く離れた所に停車したのでした。

ターミナルまではバスが送ってくれます。という事は。。。

タラップを降りなきゃならなかったんです。

この日に限ってスカートはいて、この日に限ってヒールの高いサンダル履いて

両手に大荷物を持って、タラップ降りなきゃならなかったんです。。。

吹き上げる風に捲れ上がるスカート。でも、気にしちゃいられない。

ここで転げ落ちて骨折して、救急車で運ばれたらそれこそ大変だ。

安全第一!

何とか地上に降り立ち、迎えのバスの2~3段の階段にも、

自分の大荷物に振り回されよろけながら、なんとか乗り込みターミナルへ。。。

海辺の家への最終バスは、出た後でした。

親切な空港スタッフのアドバイスで、木更津行きのバスに乗ることになり

そこから電車(1時間に1本)に乗って帰ることを

パパにメールで知らせました。

すると親切なパパは、木更津まで迎えに来てくれる、と言います。

羽田発・木更津行きのバスは30分後に出発ですし、時間的に充分間に合うはず。

パパの好意に甘えることに。。。

ところが。。。

3連休の最終日のこの日、上(高速)も下(一般道)も激混みで

パパはその大渋滞に巻き込まれてしまったのでした。

そうとは知らず、降り立った木更津駅で待ち続けるママ。

今、乗ってきたバスが羽田に返り

そこからまた木更津駅に戻ってきてもなお、そこで待っていたので

「奥さ~ん、どしちゃったんですかぁ?」と運転手さん。

で、ママは言ったんです。

「ここが気に入ったのよ。。。」




なにもかもいい思い出話、満載の旅になりました。

お出かけ コメント:6 トラックバック:0
コメント:
--NoTitle--

今回は大阪弁で・・・・・・・・・・・・・・・

おかあちゃ~~んほんまにわろてしまうわ!!
ポジティブやな~
なんかいもふきだしたで~~
ええこっちゃ!!
ピンチはチャンスやな

そんでもほんまにたいへんやったんやな~~
おつかれさんやわ

おとうちゃんにもよろしくゆうといてな
by: kimi * 2013/07/28 10:08 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ、--

浪速のカルメンのパワーをガツンと受け止めてきましたので
当分は、ポジティブなおっかさんでいられますよ。

大変だったというより
次々予期せぬ出来事が起きて
面白かったです。
当分、関空・羽田ネタで笑いが取れそうですv-221
by: くるあんママ * 2013/07/28 10:53 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

色々ありすぎた 飛行機旅でしたね^^
でも。。。ちゃんと無事おうちについてよかったね!!

飛行機での一人旅。。。アクシデントも楽しくて
また、お出かけになりそうですね ♪

前向きママさんに  やったね!!
by: トトロママ * 2013/07/28 14:26 * URL [ 編集] | page top↑
--☆トトロママさんへ--

飛行機って乗って空を飛んでいる時間は
あっという間なんですね?
だから順調にいけば、この上なく時間短縮できるけど
自然の猛威には勝てない。。。
それを今回も思い知りました。
でも誰の責任でもなく、皆、じっと我慢の子でしたよ。
羽田辺りで1泊するかな?と思ったけど
幸か不幸か帰って来ました。
次々色々あって、飽きない旅行でしたが
もうちょっとドラマティックな体験したかったな!
by: くるあんママ * 2013/07/28 16:14 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

ほんとに旅は色々起こりますよね〜!
特に飛行機は天候とか航空会社の都合とかで左右されちゃいますよね。
私も何度空港で猛ダッシュしたことか(笑)
でも振り返るとそんな珍道中も笑える思い出になっちゃうんですよね☆
by: のんこ * 2013/07/31 01:29 * URL [ 編集] | page top↑
--☆のんちゃんへ--

のんちゃんには支えて頂きました。ありがと。。。
空港でのあれこれ、すんなり事が運ばなくて面白かったですe-264
アクシデントもあったけど、
ひとつひとつが楽しい思い出。
滅多に飛行機に乗らないので、
お上りさん気分も強くって。。。e-446
また、チャレンジしてみよーe-281
by: くるあんママ * 2013/07/31 11:32 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/968-bd947f8e
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR