くるみとあんずの散歩道

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

浪速 一人旅 ② フラメンコ魂

2013/07/15(Mon) 22:17
これまで私の…フラメンコ鑑賞は。。。


1回目、有名な第一人者のフラメンコダンサー。

  重いテーマに取り組んだやや泥臭い表現のフラメンコ。

2回目、やはり日本のフラメンコ界の重鎮的存在の先生。

  クラッシックバレーから転身されただけあって、

  上品でソフトなフラメンコの表現。

  この時は2部に分かれた構成で、1部は大勢の生徒さんの発表会。

  衣装と曲が違うだけで、同じステップを繰り返し繰り返し踊り続けるので

  ちょっと飽きてしまいました。

  2部は、大御所の先生が主役ブランチを務めた  『欲望と言う名の電車』

  美しさと情念と悲哀を滲ませたフラメンコでした。



タイプの違うフラメンコの記憶。。。

今回はどんなものかしら?

期待に胸を膨らませながら、会場へと向かいました。

斬新な設計の劇場に足を踏み入れ、花々で彩られたフロントを抜けると

すでに観客席の多くは人々で埋まっています。

熱気とざわめきで溢れる中、ステージの幕が開き。。。


オープニングでは中世の町をイメージしたかのような舞台装置を背景に

さり気ないしぐさで当時の暮らしぶりが表わされる中、

全出演者が個々のグループに分かれ次々登場。

スペイン3大祭りの曲が流れる中、

テーマに沿った舞が披露され

ミュージカル風に物語が展開していきました。


華やかな衣装に身を包んだ女性たちは、時には明るい曲で

時には哀愁を帯びた楽曲…

時にはジプシーを連想させるタンゴの曲に合わせて

フラメンコの世界に観衆を誘います。


2部では、照明の効いたシンプルな舞台に

引き続き生演奏・歌のゲスト・アーティスト達が


出演者の足元を見ながらスパニッシュの名曲の数々を

その動きに合わせて演奏。。。一段とフラメンコを盛り上げます。


こうして、kimiさんが長年積み重ねて練習したソロ。

『喜び』を意味する アレグリアスが幕を開けました!

彼女自身の振り付けにより、先生、お母さん始めパパさんのんちゃん、

友人達へ向けて、溢れる喜びのアレグリアスがこれです

(この写真はリハーサルの時に撮影された物をkimiさんのブログから拝借しました。

 本番では撮影禁止のため)2013_07130024kimiさんライブ


この1年、高齢のご両親の入退院・新しい住居探し、

親孝行をしたいkimiさんの気もちとお母さんの遠慮…施設入所への決意、見舞い、

そうした中、練習に励み、パパさんへの感謝等々、そのフラメンコに表われていました。

音楽に合わせ、苦悩の表現の後、明るい掛け声と共に両手を揚げ

観客席に笑顔を向けるkimiさん!

喜びを全身全霊で表す姿に、こみ上げるものが!

本当に魂の感じられるフラメンコでした。

衣装もお顔も、とても美しく何もかも最高!

何より、何度も言いたくなるのですが、魂の伝わる表現なのでした!


フィナーレでは全出演者が、勢揃い。

ここでは写真を撮らせていただきました。

DSC06191finare1.jpg

DSC06197フィナーレ3

本当に感動のフラメンコを拝見でき、くるあんママは幸せです。

ココだけの話ですが、過去2度のフラメンコ鑑賞の時よりも

断然、感動の嵐に打ちのめされました。

講演が終了したあとも、興奮冷めやらぬ観衆が出口で出演者を待ち続けます。

ごった返す中で

kimiさん、お母さん、のんちゃんをパチリ

DSC06230kimi・のん・おかあさん

翌日はkimiちゃん宅へお邪魔に上がり


るるららちゃんと歓談(?)したり、素敵なお住まい探訪したり、

超美味しいフランス料理店でご馳走になったり

岸和田の町の歴史探訪をご案内して頂き、至福のひと時を堪能しました。


仲良し コメント:6 トラックバック:0
コメント:
--NoTitle--

ママさん~~こんなに素敵に紹介してくださってありがとうございます~~
うれしいです
私たちの思いをこんなにわかってくださって…感激です
先生にもお伝えしますね

フラメンコはバレエとはちがって歌詞や何かになりきってというものではないので・・・
自分を表現・・・・ですかね
いつも私は「フラメンコは生もの」と
同じ踊りの時でもカンテさんが違う歌を歌う時もありますし・・・
今回はママさんが書いてくれているようにいろんな方への感謝と応援を込めて踊りました

ありがとうございました
by: kimi * 2013/07/16 10:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちわ。
少しだけお会いできました浪花の通りすがりkumiです(^.^)
イメージ通りと言って頂けて、喜んで良いのやら、気になるところですが…(^_^;)
くるあんママ様のお話は、Kimiさんから、よく話題となり伺っています。
同じライヴを見ていましたが、この様な感想が言えるくるあんママ様にも、あたし感動しました。
kimiさんのライヴ、何度見ても、毎回、涙が流れるんです。
kimiさんに「なんでやのっ」って言われるんですが、(・・?ナゼ涙が流れるのか、今、はっきり確信しました。。。
自然に溢れてくる涙は、ライヴを観て「感動しているから」なんですね。kimiさんの魂を感じているからだったんですね。
他の方の出番を観ても、涙はでませんから。
kimiさんのフラメンコ、本当に素晴らしかったですね。。。
そして、くるあんママ様もkimiさんから伺っていた通り、素敵な方やな〜って、ひと目でわかりましたょ。
笑顔が素敵なマダ〜ム♪でした。

長々と失礼しました。
by: kumi * 2013/07/16 11:02 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ、--

文字にすると、感動が上手く表現できず
悔しいです。
本当に、kimiちゃんのお人柄、気持ちの優しさが
溢れんばかりの表現力で見る者を惹きつけてくれました。
最高に素晴らしいフラメンコでした。
その陰に、どれほどの努力が積み重ねられてきたのでしょう・・・
頭が下がります。
私も明るく生きていきます。
勇気をありがとう。
by: くるあんママ * 2013/07/16 11:26 * URL [ 編集] | page top↑
--☆浪速のkumiさんへ--

わぁ!浪速のkumiさん!
先日はありがとうございました。
いつもるるららちゃんブログの中で
こんな可愛いシュナグッズ、欲し~~いe-266
と思っていたんです。
念願かなって、頂き…ありがとうございます。
そう! あんなに可愛いシュナモン作れる人は
きっとすごーく可愛い人に違いない!って
思っていたんです。そういう意味で
イメージ通りのkumiさんで改めてファンになりました。

私もkimiさんのフラメンコには
感動の涙が込み上げました。
上手、というだけではなく
彼女の心…魂が伝わってきたのだと感じています。
優しさや、温かさが・・・
私もいい人にならなくちゃ・・・(遅いかな?)v-397

作って頂いたシュナっ子グッズ、大切にします。
来週、飾ります。その前に部屋を片付けなくちゃ。。。

浪速のkumiさんへ、

        房総(暴走じゃないよ)のkumiより
by: くるあんママ * 2013/07/16 11:59 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

ママさんの心のこもった文章、娘の私も嬉しくなります。
周りの人たちを笑顔に、元気にするのが母のいちばんの喜びなので、ママさんにこんな風に言ってもらえて大感激だと思います♪

私もはやく自分のブログかかなきゃ!
感想まだ〜??って言われそうです(笑)
by: のんこ * 2013/07/16 22:30 * URL [ 編集] | page top↑
--☆のんちゃんへ--

ありがとうございます。
周りの人を明るく元気にさせてくれるkimiさんは
とても立派です。
これからもずーっと活躍されて
周りに光を注いでほしい。

のんちゃん、お疲れ様でした。
のんちゃんの存在もとても大きなものですよ。
さりげなく支えてくれて、でもユーモアもあって
お母さんばかりでなく、周囲の人に
頼られていると思います。
これからも宜しくね。
by: くるあんママ * 2013/07/16 23:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/958-76243a19
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR