くるみとあんずの散歩道

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

ボランティア  介護者を励ます

2013/01/20(Sun) 01:08
この二日間、ボランティアをしてきました。

自宅介護をしている、介護者のために。。。

DSC03467ボランティア


ボランティアのメンバーは、体操のサークルで仲良くして頂いている皆さん。

体操の見本と、御話相手を務めました。

介護は続けるうちに自分の疲れを感じ、辛くなります。心身ともにぐったりしてくるとともに

先が見えない不安もあります。子育ては一時期大変であっても、どんどん子供が成長していき、

楽が出来るようになりますが…介護はその反対です。

子が親を看ている場合であっても、親が80代後半になって来ると、子もまた60前後になり、

老老介護に近付きます。

ご夫婦で支え合っている場合はもっと深刻です。完全な老老介護であり、時には

認認介護(認知症同士で面倒を見る)の場合もあります。

DSC03490ボランティア和田


この二日間、介護者の心と体をリラックスさせる方法を、いろんな角度からアドバイス。

動ける人は一緒にストレッチをしていただき、音楽に合わせて体操やダンスも。。。

最後は茶話会。私たち体操メンバーも、皆、介護の経験があり、参加者の皆さんと瞬時に打ち解け

話が弾み、励まされ勇気付けられることも度々でした。



ボランティアの後は、体操メンバーとランチへ…

一日目は南房総富浦ロイヤルホテル

景色は素晴らしかったけど。。。
DSC03470.jpg



お味はイマイチ…  でも…どこに行っても明るいママたちです!

DSC034793B体操スマイリー富浦でランチ


二日目のランチは、館山の隠れ家フレンチ レストランやまぐち

美味しゅうございました。。。  

DSC03499カリフラワーのポタージュ

DSC03501.jpg DSC03503.jpg
DSC03505.jpg

隠れ家フレンチは、こんな感じ・・・
DSC03513.jpg

DSC03510.jpg


素敵でしょ?

DSC03512.jpg




金曜日の夜はチャム家にお呼ばれ。

DSC03487.jpg


前日釣り上げた魚で。。。

DSC03486.jpg

鯛飯はこんな感じで炊くんですよDSC03482.jpg



DSC03485チャム君台詞

DSC03484チャム家パパさんママさん

楽しくて美味しい隠れ家食事処『チャムちゃんち』でした。へっへっへ
DSC03483.jpg


ボランティア コメント:4 トラックバック:0
コメント:
--NoTitle--

ママさんボランティアお疲れ様です
ご自身の体験があるからこその納得できる
お世話ができられたと思います^^

いつもながら、ご馳走の毎日 (^-^)
おいしそうですねーー
チャムパパさん。。。お料理上手ーー ♡
by: トトロママ * 2013/01/20 08:03 * URL [ 編集] | page top↑
--☆トトロママさんへ--

ありがとうございます。
とても貴重な体験をさせて頂いたボランティアでした。
介護の苦労は私だけではない、という…
解っていたことを改めて実感し共感しました。
介護者の皆さんが、とても明るく、逆に私たちが
勇気付けられる話題も多々ありました。

チャム家はパパさんが料理担当です(*^。^*)
完璧主義者のチャムパパさんは、一生懸命
作ってくださり、とても美味しいんですよ。
by: くるあんママ * 2013/01/21 05:16 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

ママさん素敵なボランティアですね

経験のある方のお話は心にすと~~んてはいすとおもいます
私も最近介護の先輩方に助けていただいてます

ママサンすごいです
私もぐちぐちいってないで
前に進みますよ~~!!!

いつも元気をくださってありがとうございます!!


およばれは・・・・クルアンちゃんたちお留守番でしたか?
by: kimi * 2013/01/21 15:24 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ、--

ボランティア・グループのリーダーは、日頃より
社会福祉活動として幅広く活躍され
この日も前以て、介護者の心と身体のリラックス法を
勉強されてきています。
私達は彼女に付いて行きながら、それぞれ、自分が体験した介護の話をしたり
ここでこうしたら巧く行った、失敗した等々実体験を正直に話しました。
今でこそ、介護施設が次々出来ていますが
元々、田舎ならではの、親の面倒は、子または嫁が看る、のが当然という考えが根付いています。
だから介護者は頑張り続けなければ、世間体が悪い、という考えになりがちです。
まず、そうしたところから意識を変えて頂かなければなりません。
頑張りすぎないこと、仲間を作って愚痴を言えるように…
自分の喜びを持つこと、等々お話ししました。
こういう集まりがあり、お友達が出来、初めて
愚痴を言える相手が出来るのです。

私達はこれからも、『みんなでする介護』を薦めていきます。

くるあんは・・・連れてきていいよ、って言われていたのですが
ギャウギャウうるさいので、ウチで留守番してもらいました。(^_^.)
by: くるあんママ * 2013/01/21 16:49 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/829-e3176911
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。