くるみとあんずの散歩道

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

森の美容室

2012/12/16(Sun) 00:40
チャムママさんに紹介して頂いた美容室・・・

それは里見八犬伝の伏せ姫伝説のある森の中にあります。

坂道を登って行くとチョコンと現れる

周りの樹木や湖に溶け込んでいる、おとぎ話に迷い込んだような可愛いお店。



121215_0848~01

一人の客だけを待っている、小さな小さな美容室。。。


経営者の先生は、東京の美容室で長年腕を磨かれ、今も二つの店の行き来をしています。

ここ森の美容室は先生の親御さんの生家の敷地内にあり、

先生ご自身も子供のころから夏休みなどに滞在していたという、少女時代の思い出の場所なのだそうです。

121215_0848~02

大人になって、別荘のような存在と思っていたこの家が

ある日を境に別の意味を持つようになって行った、と言います。


実は先生も親御さんの介護をするため、ここで暮らす生活になったのです。

数年は、仕事と家事と介護に明け暮れる日々。。。

サバサバとした口調で語る先生ですが、その後

老人施設にお母さんを預け、仕事の合間に様子を見に行く日々に至るまでには

悩みもあったと思われます。

そんな訳でくるあんママとは共通の話題も多く、そして食べることも大好きなようで…(^_^)v

この日は美味しいお蕎麦屋さん情報を教えてくれました。

その話は、「え~~っと、ダムの道をもうちょっと行って、なんとか街道に入って。。。

きのこのオブジェのあるお店」とのこと。う~~~む。。。行かれるかな~~?(^_^.)土地勘ないし。。。

家から美容室までは、歩いて45分くらいなので、程よいハイキングでもあるのですが、

今日は帰ろうとしたら雨が降っていたので、パパに迎えに来てもらい

思い切って、『きのこのオブジェのあるお蕎麦屋さん』を目指すことになりました。



その程度の情報では「絶対、たどり着けないぜ!」と断言するパパとは逆に、

食いしん坊の第6感を働かせ、あっちだ!こっちだ!と指図する くるあんママ。。。


美容室のある山の狭い裏道をくねくねと下り、隣の山のダムを越え…しばらく人寂しい山道を進むと。。。

あ!コレじゃない? きのこのオブジェのある…手打ち蕎麦屋さん!

121215_1243~02


ちょっとお汁の醤油が濃かったけど、お蕎麦は美味しかったし、レトロなお店の雰囲気にも満足!

121215_1232~01


パパも気に入ってくれたようでした。

大晦日も行こうかな?


お気に入り コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/806-2f6c150f
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR