くるみとあんずの散歩道

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

移り変わる日々

2012/02/04(Sat) 22:33
そういえば、2月に入り、節分が!そして、豆まきやら恵方巻きやらのイベントがやってきました!

そういえば、ついこの間、お正月をバタバタしたばかりなのに!

そういえば、今年も余す所、11か月となってしまったのですね。。。

月日が経つのって、早いものです。



くるあん家に目を向けると、やはり光陰矢の如く。。。日常の楽しいことも苦しいことも

どちらも目まぐるしく過ぎ去っていきます。

何度もブログに書いているのでお耳触りかもしれませんが、叔母の介護の中でも昨年夏以降の夜間譫妄には

とことん苦渋を噛みしめました。

昼夜逆転に始まり、夜中の暴言、喚き散らす、ショートステイ先での圧迫骨折、胃腸障害による10分おきの排泄、

睡眠導入剤の蓄積からか朦朧とする日々。。。約半年間、次々と起こりました。

少し明るい光を感じると、別の影が生じる、その繰り返しに

介護に疲れる、というより、素人の手には負えない…という心境になりました。


そんな私を支えてくれたのが、ケア・マネージャーさん、ディ・サービスやショートステイでお世話になった皆さん

そして入院先でお世話になったリハビリの先生方。

実は、ディサービスやショートステイを頼ることに、介護をする者としての恥ずかしさを感じていた私でした。

自宅ですべきことを、他人の手を借りている、恥ずかしさ。。。

それが、昨夏から半年間の怒涛のような日々を乗り越えるに当たり、恥も外聞もなく人の手を頼るうち

叔母が生き生きとしてきたのです。

それまで家にいること、私の手で介護されることを望んでいた叔母、わがままで、言いたい放題で

私を苛立たせていた叔母が、おっちょこちょいで忘れん坊で面白いオバになっていました。

今は、快食・快眠(といっても3時ごろから朝まで呟きが続きます)。

なによりも精神的に穏やかな様子です。

もしかしたら叔母の気持ちが少しでも私から離れられるように、と

神様が与えて下さった試練が、あの怒涛の半年間だったのかもしれません。

これから先、穏やかなまま余生を過ごす叔母を見ながら、私も穏やかに暮らしていきたいものです。

どうか今後も現状が目まぐるしく移り変わり、また大きな変化がやって来ませんように。。。


そういえば、もうすぐ3月ですね。

ひな祭りと共に、昨年多くの犠牲者を出した、あの3・11から1年を迎えます。

あの震災を思うと、こうして生きているだけで幸せなのですから

家庭内のことで一喜一憂しないで、いつも広く世の中を見渡し、

災難に苦しむ人々と心を寄せ合って生きていきたいと思います。




オバちゃん コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/661-9e8a51d2
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。