FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2020 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

田舎暮らしを始めた理由

2019/01/08(Tue) 16:54
くるあんパパママが 長年住み慣れた東京を離れ

ここ南房総に移住した理由を、時々尋ねられます。

思えば夫婦ともども、若い頃から漠然とした

田舎暮らしに憧れを抱いていました。

パパは東京都の職員でしたので、

職場に困らないという理由で

東京の中の田舎に目を向けたこともありました。

檜原村のように自然があふれる田舎もありますし

小笠原諸島も八丈島も東京ですし、どこに移住しようか?

パパと真剣に話し合ったことが何度もあります。

でもその度、パパ、ママそれぞれの両親に止められ

近くにいて欲しい…と懇願されました。

そうこうしていくうち娘たちも成人したことですし、

ママの介護疲れもあり、自分達の残りの人生を大切にしよう、と

ようやく始めた田舎暮らし…それがここ南房総であり

ここに決めた理由は、パパの親友が暮らしていたからです。

KIMG0582.jpg




さて…ママの田舎暮らしのイメージは…

子供の頃の思い出にあります。

当時の家庭教師の先生が、時折

遊びに連れて行ってくれた場所。そこは今では大都会ですが

当時は木漏れ日の差し込む、樹木に覆われた都下にありました。


都下…それは東京23区外であり、23区に比べ

自然が豊かな地域がほとんどです。

ママの家は東京の下町にあり、家々が密集していましたが

家庭教師の先生の暮らしの中心、武蔵野は

東京都下の中でも、特に豊かな自然が残っていました。

半世紀以上も前の武蔵野は、緑が鬱蒼とした雑木林が広がり

今の八ヶ岳の別荘地のような所だったのです。

下町の家から電車を乗り換え、バスも乗り換え、その後歩くうち。。。

静寂に包まれた小道に、入り込みます。

先生と一緒にさくさくと落ち葉を踏み、樹の名前を教わり

綺麗な落ち葉やドングリを拾いながら、木立の中を進むと

所々に、小さな木造の平屋の家がひっそりと現れます。

その中の1軒の、小さな、素朴な洋風の家の木のドアをノックすると

清楚で気品のある、華奢な若い女性が現れ。。。

その瞬間、家庭教師の先生は、普段ママに見せている地味な先生ではなく

明るい若者に変貌するのです。

その人柄通り、真面目な話題ばかりの二人でしたが、きっと

心の中で想い合っていたのでしょう。



当時の若者は独身の女性の家を訪問するなど以ての外でしたので

きっと、彼女に会うため、先生は

小さな教え子の課外授業をしてくれたに違いありません。

子供だったママは、そんな二人の気持ちに気付いてあげることもなく、

「ねーねー!オルガン弾いてよー!」と二人の間に割り込み

賛美歌や小学唱歌を一緒に歌いました。

窓の外には自然が広がり、大きな樹木が家を囲み、

小鳥のさえずりが聞こえる…武蔵野の小さな家。

ママは今でも、あの時の先生達と過ごしたひと時が

白黒映画の一コマのように蘇ります。

それを思い出すたび、あの雑木林、あの小さな素朴な家が

ママの田舎暮らしへの憧れの原点だったのかな?と思います。

今、暮らしている強い陽の光と海の町は、

あの武蔵野の静寂とは真逆です。

でもあの時の雑木林は、今では大都会になり、

駅周辺はマンションが建ち並んでいます。

ここ、南房総の我が町は、きっと

半世紀経っても、大都会にはならないでしょうし

この海や山、大空が広がる姿は

当分続くのでは…と。。。

DSC01509.jpg

子供の頃のママが夢に描いた田舎暮らしとは違うものの、

変わらない魅力に希望を感じています。

KIMG0579.jpg




思い出 コメント:4 トラックバック:0
コメント:
----

海岸、海… もう何年も見ていない
砂浜を歩いてみたいな

景色も空気も人情も(それはお二人のお人柄によるところ大でしょう)素晴らしい環境のところにお住まいだと羨ましく拝見しています。 
そういう経緯があるのですね。
お出会いになった人も素敵♡♡♡
ママさんの周りには 心優しい方が集まっているのでしょうね♪
都内にいらした時にも ワンちゃんと暮らしてられましたか?
くるみちゃん あんずちゃんとの出会い、お迎えの思い出や
お名前を付けた時のことなど よろしかったら 聞かせてくださいね。

(しばらく 名前欄に入力するのを忘れていました、ごめんなさい)

by: k * 2019/01/08 21:11 * URL [ 編集] | page top↑
--☆Kさんへ--

コメント、ありがと。。前回もKさんに違いない、と思っていました(^O^)
ウサちゃん、いかがですか?お元気であってほしいと、日々願っています。

海や山、そして空が広く見渡せるのは、とても気持ちの良い環境です。
仕事や子育てから卒業し、介護は東京を離れても出来るかな?との思いもあり
そして何よりも、遊びに行った夫の友人の畑で
くるみとあんずが、はしゃいでいるのを見て、
家族皆が幸せになれるなら! と決心しました。
はい、東京にいる頃から、ワンズと暮らし、
あんずで8代目になります。
くるみの前までは、捨てられた子や、虐待された子を
引き取っていました。
今でもそうした知らせを受けると心が揺らぎますが、
もう年ですし、逝った時のショックから立ち直れないので
諦めようと思います。
少しずつ、思い出話を書いていきます、コメント、よろしくお願いします。
by: くるあんママ * 2019/01/09 06:50 * URL [ 編集] | page top↑
----

くるあんママさん、遅くなりましたが・・・今年もどうぞよろしくお願い致します<(_ _)>

田舎暮らしを始めた理由。。。
しっかりと読ませて頂きましたww

私は生まれも育ちも大阪市内。
東京の様な大都会ではありませんが、子供時代、夏休みや冬休みに「田舎のおばあちゃん家に行く」と言う友人達が本当に羨ましく思っていたのを思い出しました。

父方の祖母は同居。
母方の祖父母は、車で30分程の場所。

川遊びや海水浴、山での虫取り・・・
心からいいなぁ~と憧れていました(^_^;)

時々旦那と「たられば(~したら、~ならば)話」をしてます(笑)

田舎に住んだら・・・
とにかく庭の広い家がいいね。
二人と二匹なので、家は狭くても大丈夫。
でも田舎すぎるのも、慣れてないから困るよね・・・だから少し車で走ると何でも揃ってる街に出る事が出来る場所でwww

という感じで(笑)

それを実現された、くるあんママさんパパさん。。。
ブログの海の写真を拝見して、私もそちらに居る様に感じさせて貰っています!

今年も色んなお話、楽しみにしています(#^.^#)
by: ふーちゃんマン * 2019/01/10 11:09 * URL [ 編集] | page top↑
--☆ふーちゃんマンさんへ--

ご無沙汰していてすみませんm(_ _)m
今年もよろしくお願いします。

驚くほど、ふーちゃんマンさんの環境、ご夫婦の会話、我が家と共通しています。ヽ(*´∀`)ノ
田舎暮らしを始めるに当たり、工務店さんに出した条件。
「庭は広く。家は犬小屋大きくしたかんじで…」
我が家はくるあんのための家なのです。笑)))

越した直後は、コンビニまで車で行く、飲食店が夕方6時に店を閉めてる、などに(°д°)
不自由を感じましたし、
つまり田舎過ぎても…困るのですが
慣れてくるとポツンと一軒家に魅力を感じてしまいます。
慣れって、すごいです!

クルのことではご心配おかけしました。
これからも、心の中にいるくるみと一緒に
家族仲良く暮らしていきますので
よろしくお願いします。



by: くるあんママ * 2019/01/11 07:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1742-59ca6cf5
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR