FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2020 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

天使になった くるみ

2018/12/16(Sun) 11:16
くるみが消え、1週間後に発見された日から

1年が経ちました。

今年もその同じ1週間の間に、

去年と同様、北風が吹きすさび

冷雨が降ったため、当時のくるみの過酷な体験が伝わり

痛みに打ちひしがれる日々を、私は過ごしました。
DSC01510.jpg

くるみのそばに行きたい。

この世でやってあげられなかったことを、してあげたい。

と願いつつ1年前、くるが発見されたと同じ日の朝を迎えた時、

不思議な体験をしました。

私が空に向かってグングン登っていったのです。

それは夢のようで夢ではなく、

夢と現実との狭間のような空間でした。

天に差し掛かったであろう、その時、頭上の霧の中に

神様と思しきお姿が白く、そびえるように存在しているのに気づき

心静かに、圧倒されました。そしてその足元には・・・

くるみが。。。ちょこんと座っていたのです。

その姿は、自慢気に胸を張り、輝くようでした。

慈愛に満ちた目で私を見下ろし、

「ママ、大丈夫だよ・・・」との、くるの思いが伝わってき、

「心配しないでいいよ・・・」とその目は語っていました。

会いたかったくるみが、そこにいたのです。

このまま、ここに・・・と思いつつ

まだまだ修行をするよう促されたかのように

私は下界に舞い戻って、我に返りました。

その幻のような現実のような光景が

静かな説得力となって、私を包んでいます。

神様の足元にいたくるみの姿、くるみの表情は

あまりにも 生きていた時のくるみそのもので

心が温かくなりました。

その一部始終をパパに話しますと、

「くるはお利口で、優しいいい子だから

神様のお側に置いていただいているのだ」

と言います。

その日から、パパもママも、

気持ちが明るくなりました。

神様のもとにいる くるみに恥ずかしくないように

生きていかなければ、と思っています。
P1070136.jpg
くるちゃん、 ありがとね。。。

ずっと、幸せでいてね。




くるみの思い出 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1734-21b9752f
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR