FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2018 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

くるみの供養に。。。

2018/09/19(Wed) 15:57
9月の3連休に時間差でふたりの娘が

くるみの供養に、我が家を訪れました。

まず、長女と小太郎きなこ。
DSC01194.jpg

長女は家に入るなり、

この8ヶ月 くるみが横たわっていた場所をジッと見つめ、

もうそこに くるみが居ない現実を思い知るや

見開いた目を赤く滲ませ、しばし呆然。

そしてやっと、骨壷に入ったくるみに目をやり近寄るや

小さな声を震わせ、8ヶ月の闘病生活の労を労っていました。

DSC01186.jpg
くるみのお骨の両側にある素晴らしい絵ロウソクは、

くるあんふぁみりーを長年励まし続けてくださっている

『るるとららと時々フラメンコ』 のママ・kimiさんが

ご友人のWAMIさんに頼んで作ってくださいました。

感謝感謝。。。

kimiさんは地元のお祭りに誘ってくださったり

お神輿を型どった銘菓、お手紙で励ましてくださったり・・・

皆様からの数々の思いやり溢れたお気持ちに支えられ

欝になりそうな私は、踏みとどまって暮らしています。

本当にありがとうございます。




この日、家では長女と一緒にママは、敬老の日に備え、お弁当作り。

キノコの炊き込みご飯、天ぷら、鰻巻卵焼き、かぼちゃの煮物等
DSC01193.jpg
くるみのことを、心配してくださったご近所の高齢の方へ

お届けしました。

翌日、長女はママと一緒に餃子作り。

パパママの健康を案じて、体に良いものを作ってくれたり、

食事以外にも、この8ヶ月間、気の回らなかった色々な事に気づき、

アドバイスしてくれました。

そして仕事の関係で1泊しかできない長女は、

くるみにしばしの別れを告げ、慌ただしく

パパの運転で帰路へ。東京への道のりは

大変な大渋滞だったそうで、夕方着く予定が夜7時になり、

ようやく着くなり、土砂降りの中、待ち合わせた次女を乗せ

再び海辺の家へUターン。


夜遅く到着した次女は。。。

小さな骨壷に入ったくるみに 額を寄せ泣いていました。

「ここに くるが座っている。。。」

と言う次女の言葉は、私が毎日感じていることでもあります。

骨壷に、くるみを感じるのです。

姿というか、魂というか、存在というか。。。

くるみはそこにいるのです。



くるみのことばかり話し、悲しんでいると

あんずが上目遣いで見ています。

あんちゃんも、寂しいに違いない、と声をかけ遊んでやる次女。

すると久しぶりにあんずがはしゃぎまわり

大きな声で甘え、バタバタ手足を動かし大興奮~♪

我慢していたんだね? 寂しかったんだね?

と可愛がられ、ハイテンションで家中を走り回り

ようやくあんずらしさが戻ってきました。

晩御飯は、前日の残り物、炊き込みご飯と天ぷらを温め

野菜たっぷり胡麻豆乳汁、餃子、お刺身。。。
DSC01200.jpg

外食はせず、くるみのそばでくるを偲んで過ごしました。

翌朝  次女も大活躍。

この8ヶ月、くるみのこと以外考えられない状態だったため

草ぼうぼうになった我が家の庭の草刈、

くるが顔をだして庭を眺めていた、裂けたカーテンを

新しくしようと、ネット検索。

パパママは、見るもの全てにクルの思い出が重なり

破けたカーテンまで、捨てられない思い入れがあったのです。

でも、これからは少しずつ、前に進まなければなりません。
DSC01205.jpg
朝、次女とあんずといつものようにお散歩。

くるは、 いつか
DSC01201.jpg
この空へ駈けて行っちゃうのかな?

くる~~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

自由に羽ばたいていいんだよ。

好きなようにしていいんだよ。

お空のワンちゃんたちと楽しく遊んだり、

パパママ、お姉ちゃん達の心にも遊びにきたり

自由に楽しんでね。

いつでも心の扉を開けて待っているよ。

くる~~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

大好きだよ~~~。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

くる~~~ありがとう(*´∀`*)ノ。+゜*。☆彡





くると一緒に歩いた道に
DSC01198.jpg


曼珠沙華の花が咲いていました。




くるみの思い出 コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

娘さんたちもさみしくなりましたね。

ママさんが少しずつげんきになられているようでうれしいです。
でもね・・・・まだまだ無理だと思います。

私も今ブログにるるの木の記事を書きました・・・そしてるるの画像を入れたら
涙が止まりません・・
だからママさんも無理しなくていいですよ

でもあんずちゃんをしっかり見てあげてくださいね。
私もららだけは寂しい思いをさせないように努力しました。

いつか・・いつか・・・きっと
楽しい思い出が心を癒してくれる時が来る・・きっと!!!

私は少しそうなってきていたのですが・・・
やっぱり駄目でした・・
きっとずっとそうなんやろうな…・・

by: kimi * 2018/09/24 22:01 * URL [ 編集] | page top↑
--☆Kimiちゃんへ--

お返事遅れてごめんなさい。
ずっとパソコンが開けなくなってしまい。。。
機械の問題と、私の精神的な部分と。

kimiさんのお言葉、ひとつひとつ身に沁みます。
この1ヶ月くるみを可愛がってくださった方々へ、写真入りの手紙をお届けしているのですが
涙が止まりません。
でも、それも昨日で一段落。

これからは、くるみとの明るい思い出を
家族で思い出したい…
そうなれる日がいつ来るのか?

暮らしは少しずつ、普段の状態になりつつあります。
あんずのこと、ご心配くださいましてありがとうございます。
とても甘えん坊になってしまい、
24時間べったりくっついてきます。
寂しさを感じさせないようにしていますが、
クルの存在が大きかったので、
今のあんずが、どう思っているか、心の内を想像して、
少し不安な思いがしてしまいます。

お祭りの動画、写真に勇気づけられました。

by: くるあんパパ・ママ * 2018/10/04 05:45 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1712-08e263ef
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR