くるみとあんずの散歩道

2018 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

回復するまでに…

2018/04/23(Mon) 21:43
くるみが2月の初旬から、食欲不振に陥り

多少食べられる日もありましたが、全体的に

寝てばかりいて、、体重がどんどん減っていったあの頃。。。

衰弱から、回復への直接的な手がかりは

点滴や 注射、薬など、主治医の判断により

医学のチカラであったことは、勿論です。

自宅介護とはいえ、毎日点滴、注射に通っていたので

そのお陰で、生きながらえた、と思えます。

但し それだけでなく、

何とかパパママの出来ることで、くるみを支えたい、

くるみの生きる力を目覚めさせたい、との思いで

日々の介護に、考えつく限りのことを取り入れました。

このブログのコメントやラインを通し、

ペットの介護経験からアドバイスを多数頂いたことも、

大いに役立ちました。そして

くるみは肝臓の数値が、恐ろしく悪かったので、

パパが主治医との会話を元に探し出したのが

アミノバイタル。BCAAに着眼。くるに良いに違いない、と。。。

ドラッグストアーを数店駆け回り、在庫を空にするほど買いあさり

46時中くるみに与え続け、もちろん、薬や、病院での

点滴・注射の効果もあり、くるみの食欲が戻ってきました。

でも・・・、一難去ってまた一難。

食べるからといって与え続けていましたら、ある晩、

それまで穏やかだった呼吸が激しくなり

不安でオロオロするほど、苦し気に見えました。

私が時折経験する、食道に食べ物と空気と水分が

重なって詰まり、その空気が上にも出ず、下にも下がらず、

苦しくて仕方がない・・・そんな状態と似ているようでした。

お腹をさすってあげるうち夜が明け、病院へ駆け込む。

くるみの主治医に報告、検査のうえ、

胃や腸に充満していた空気を、取っていただきました。

それ以来、アミノバイタルも食べ物も、少量ずつ与え

食間も間を開けすぎないよう、工夫しています。

食べる時は、頭の方を高くし、体を傾斜させ

少しでも食べ物が下へ流れるよう、工夫しています。

いつまた、どんな心配事に直面するか

不安は尽きませんが、目下のところ

2月~3月頃、植物状態だったくるみ・・・
DSC00832.jpg

ここまで元気な表情に、回復しています。

Effect_20180423_085514.jpg




くるみの治療・介護 コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

くるみちゃ~~んお目目がしっかりしてきたね
かわいいよ~~~kimiのこと見てくれてる感じがします
うれしいです!!!

ゴールデンウィークお姉ちゃんたちかえってくるんやね
楽しみやね!!
by: kimi * 2018/04/29 11:59 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ--

ママしゃん。いつも応援ありがと~~~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
くるは、熱が出ることもなく
順調です。

GWはCHAネエこたきななもちろん、
遠くからイッチくんナナちゃん家族も
ご近所からシュナちゃん、メープルちゃんも来てくれました。
うれしかったでーす!
by: くるみ * 2018/05/05 06:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1684-b2dc2e6f
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR