くるみとあんずの散歩道

2018 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

今朝のくるみ

2018/03/07(Wed) 08:43
良いことを書くと、不思議とその後心配な状態になるので

くるみが多少良い状態になっても、ブログに書くのが怖い。

でも、ブログには正直な記録を残しておきたい。

昨日、一昨日は、とても心配な状態のくるみでした。

生きているのかな?と怖々体に触れると、

体温を感じ、ホッとする…そんなここ数日でした。

食べる方も、徐々に少なくなり、全体的に衰えを感じ

かろうじて息をしているだけのような気がしました。

耳も裏返しになってしまうくらい、筋力が弱っています。

昨夜は薬を飲ませるのにも一苦労。

いつもクルの体をさすってあげているのですが、

昨夜はネットで犬のマッサージ、肝機能を高める指圧

などを再び勉強し直し、もう、指圧できる状態ではないので

骨ばった体にそっと手を当てて、温めてあげました。

今朝、くるは、昨日より目がはっきりしていました。
KIMG0480.jpg
考えつく様々なことを駆使して用意した

栄養満点な飲み物を嫌がらずに飲みました。
KIMG0482.jpg
薬も飲みました。

「くるは偉いな~!」パパはくるみに語りかけながら

与えています。

スーパーの駐車場でばったり会った知り合いの奥さんが

車内でママに抱かれるクルを見て

「もう、よろしんじゃないですか?」と言われました。

もしも、くるみが苦しんでて、

先が全くないのであれば、苦渋の決断をしなければなりません。

でも、今! くるみは頑張っているのです。

パパママはそんなくるみに、感謝の気持ちで接しているのです。

その奥さんは、ご自分のワンちゃんが老犬になった時、

自然を受け入れた、と、私に意見するように話しました。

人もペットもそれぞれであり、迎える老後も、最期も

それぞれ違います。

くるみは、突然、過酷な体験を強いられました。

そこから頑張って生きてくれているのです。

こんな健気な子に、全力で尽くす私たちに対し

個人の考えを、生死に関わる問題としで意見されたくありません。

私たちの感情は、他人が気楽に断定するほど

軽いものではないのです。


東京の娘が街路樹に咲く 
1520330624612.jpg
あんずの花の写メ、送ってくれました。

「くるちゃ~ん♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

お花見に行こうね~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦」と。。。

くるみの治療・介護 コメント:6 トラックバック:0
コメント:
----

そのお知り合いの奥様、、、
よくそんな言葉が出て来ましたよね(>_<)

ママさんがおっしゃる通り、人それぞれ。
頭の中で、こうされた方が良いのに・・・
と思うのも勝手。

その方はそうされたんでしょうが、それを
そうすべきだと言わんばかりに簡単に言葉として発するのは、
人としてどうかと思います。
他人を思いやる気持ち、その人の立場に立って考える気持ち等が
ない方なんですね。
(少し言い過ぎました・・・が)
テスの時の事を思い出したら、沸々と。。。

私は、パパさんママさんが思う通り・してあげたい気持ち通りに、されたら良いと思っています。
その気持ちをずっと応援したいと思っていますよ(^^)



by: ふーちゃんマン * 2018/03/07 09:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

赦せません! うまく表現できませんが 怒りで沸騰して 悲しくってたまりませんッ
思うのはそれぞれで勝手ですが それを誰に対して発言しているの いい大人が 
人格を疑います、赦せません!

くるみちゃん 天使のようなまなざし
パパやママに抱っこされて幸せですよ
blogで会える私も幸せです。

うちの子もがんばっています。
by: K * 2018/03/07 14:48 * URL [ 編集] | page top↑
--☆ふーちゃんマンさんへ--

くるみは決して、苦しみつつ無理やり生かされているのではないのです。
心臓も、呼吸も苦しんではいないのです。
少しずつ衰えていくのかもしれませんが
今は、わずかでも希望を持ち、
私たちができることをしてあげています。

個人的な考えを持っているのは自由です。
でも、一生懸命生き、それを支えているものに対して
引導を渡すような言葉は、とても冷たく響きます。

くるみは、言葉を聞いているのです。
その子に向かって、何を言うか!と怒りで泣きながら怒鳴りたくなります。

でも、世の中はいろんな人がいるのですよね?
腹が立っても、聞き流すしかありません。
私が怒ると、くるみが悲しむに違いありませんから。

今は、気持ちよく、くるみを暮らさせてあげたいのです。
ふーちゃんマンさん、いつも応援ありがとう。
私の気持ちを分かって下さり、嬉しいです。
by: くるあんまま * 2018/03/07 17:47 * URL [ 編集] | page top↑
--☆Kさんへ--

ですよね? 赦せない言葉ですよね?!
怒りで動悸がしてしまいました。
でも、この人ばかりでなく、自分の個人的な考えを
平気で押し付けてくる人が、少なくありません。
中には周囲にその考えを広め、私が孤立してしまうように仕向ける人もいます。
でも、その逆に、くるみを愛し、私たち家族を応援し、
暖かく見守ってくださる人もいてくださいます。
私は、苦しむ人に優しく、暖かく接する人間でありたいです。

ウサちゃん、頑張ってくれていて良かった!
くるあん家からも、ウサちゃんKさんに元気をお届けしたいと、いつも願っています。
お互い頑張りましょう!
by: くるあんまま * 2018/03/07 17:54 * URL [ 編集] | page top↑
----

いろんな考えの人がいるのかもしれないけどそんな言葉は悲しいです。毎日、ママさんがくるみちゃんがごはんを食べたと読んだときはくるみちゃんえらいなと写真を見ながら声をかけたり、食欲がないときは元気玉おくるからねと声をかけたり、くるみちゃんにあったことがなくてもくるみちゃん、ママさん、パパさん頑張ってください。
by: クッキーちゃん * 2018/03/08 11:21 * URL [ 編集] | page top↑
--☆クッキーちゃんへ--

そうですよね?いろんな考えがあって良いのだけど
人の気持ち、人の考えを否定するかのように
訳知り顔で持論を教え込もうとする振る舞いは
思いやりに欠け、不遜と思えます。
悔しくてたまらないけど、言っても無駄なのでいつも我慢我慢です。

大事なことはくるみを大切にすることですから。
元気玉、ありがとうございます。
どうぞ、これからも毎日お送りくださいね。
お願いします。
by: くるあんまま * 2018/03/09 05:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1674-0e6778ad
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR