FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2018 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

自宅介護

2018/01/10(Wed) 05:55
ここのところ、くるみは通院し診断を受けるたび

ほんの少しずつ上向きな小康状態を保っているようです。

血液のバランスを保つ注射も、徐々に回数が減り

しばらく休んで様子を見る…までになりました。

病院では、自宅介護の経過をチェックして頂き、リハビリを受け、

家では肝臓のお薬2種類、目薬2種類、手術跡の傷口を清潔にする…

そして食べて、栄養を摂取して、体重を増やすことに取り組んでいます。

食べる量は、増えてはいきませんが

家でのくるみの様子は、よく動くようになりました。

サークルに入れておいても、目が覚めるや寝た状態で動き周り

素早く1週し、時にはスフィンクスのようになっています。

前足はよく動くのですが、後ろ足はかなり動きにくく、でも

時々思い出したように動く時もあるので、

少しでも動かせるように、マッサージをしています。

抱っこしていても、暴れるように動くので、最近のクルはママに

暴れん坊将軍と呼ばれています。

ぐったりしていた時より、気分は明るいのですが、

暴れん坊のお世話も、疲れます。と言っても

もちろん、嬉しい悲鳴です。

まだ始まったばかりの終日自宅介護。

くるみの健康回復が第1ではありますが

パパママも疲れが蓄積しないよう工夫しなければなりません。

暴れん坊将軍を抱き続け、疲れを感じるのを軽減するため

人間の赤ちゃんで言う、歩行器のようなものを考えています。

ネットでいろいろ検索し、お友wanもふうママさんのアドバイス、

娘たちからの情報等も参考にしています。

2輪と4輪のタイプがあるようです。

まだ、外を歩かせるほど回復していないくるみなので、

取り敢えず、家庭内で、ちょっと乗せておける4輪歩行器を

パパが製作中です。といっても本格的ではなく

台所で使う軽量の、キャスター付きワゴンを分解、

くるみの足の高さに合わせて、布、または幅広バンドで

吊り下げる…のを、パパママ意見を出し合っています。

ママはあまり軽量なのは、くるみがバランスを崩したとき

ひっくり返るのでは?と心配がなくもありませんが、

一時も早く楽な介護を取り入れたいと、の思いで、

パパの発案、意思を尊重しています。



と、ここまで記していたら、くるみが突然、食べなくなり

小さな咳のようなものをするので、

朝一番で病院に行ってきます。

誤嚥でなければ良いのですが。。。

心配なかったと、報告できますように。。。





未分類 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1631-9beac1df
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR