FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2018 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

少しずつ。。。

2018/01/05(Fri) 00:05
4日の朝、長女が東京へ帰る前、一緒に朝散歩。
DSC00749.jpg

この後、5月のGWまで来られないよ・・・と言われしんみりする。

くるみの世話は、大変な部分もあるが、

祈りが神に通じたかのように、絶望の淵から蘇り

生きて会えたのだから、どんなに辛くても構わない…

そう言いつつ、少しずつ良くなってくれれば良いのだが…

と付け加えると、娘がこう言った。

大晦日に来た時より、今の方が、くるみが元気に見える、と。

えっ?そうなの? たった4日しか経っていないけど?

確かに、薄氷を踏むような介護生活から、ハラハラドキドキ感が

少し軽くなってきた感じはする。

泣き続けた毎日から、少し落ち着いて暮らせるようになった。

でも、くるみの残酷な姿を見るたび

動揺してしまう私は相変わらず。

生きて会えたのだから、良かったじゃない?

過去に戻れないのだから!

とよく言われる。 本当にその通り。

欲の深い夢を持つ、私が間違っている。

もっと、良くなって! もっと!

という今の願いは、ワガママに違いない。

現実を受け止めなければ…と自分に言い聞かせる。



それでも時々、現実の境界線を超え、気持ちが彷徨ってしまう。

強く、そして冷静にならなければ、と自分に言い聞かせる。

可能な範囲で、くるみにとって良い現実を

夢見よう。

そのために、努力しよう。

有難いことに、忙しさが私を救ってくれる

明るくしなければ。くるみに負担をかけないように。。。
DSC00751.jpg

クルミとアンズ コメント:3 トラックバック:0
コメント:
----

ままさんの願いは 我がままなんかではないですよ、祈りです。現実を受け止めてしっかりとされています。
私もいまだにしょっちゅうなみだを堪えられないことがありますもの。
最初のころは 混乱する中で 自分に これはいけない!と叱咤と恐怖で震える日々でしたが 少し落ち着いてから 意識してその思いを緩めることにしました。 このままではまいってしまう ともう一人の私の声がありました。
希望を持って 深呼吸!深呼吸!!
涙を落としていいです、嗚咽してもいいです。
ひとしきり泣いたら スッキリと気分がはれて
一緒にいる現実の幸せがしみだしてくるのを感じられるようになりました。

素敵なところに住まわれていますね
抱っこして散歩されている画像を楽しみにしていますね、 
まだまだ寒いから 春になったら(^'^)ね

by: K * 2018/01/06 09:50 * URL [ 編集] | page top↑
--☆Kさま--

希望を持って深呼吸! 
素晴らしい言葉ですね!!
私を照らしてくれる言葉です。

皆さんの熱意をたくさん受けて
今のくるみと私がいるので
もっと、物分りの良い、応援しがいのある大人でありたいのですが、
時々精神的に不安定になってしまいます。
いい年をして情けないのですが、お陰さまで
その度合いが、くるみの状態とともに少しずつ
良くなってきているようです。
今日のKさんのコメント、私そのものが記されていて、大いに励みになりました。本当にありがとうございます。

私は東京の下町で生まれ育ち、主人も田舎と言える物がなく、
何よりも、くるみとあんずに、庭のある暮らしを…との思いで、この地に越してきました。
くるみがいなかった間、自分の人生の選択を後悔し続けていましたが、
今また、ここで地元の皆さん、くるみのお医者さんスタッフの皆さん、
多くの方に恵まれ、また少し心に日差しが差してきました。
by: くるあんママ * 2018/01/06 17:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

少しずつ少しずつですね

人は今よりちょっと前に前にと思うものですよ
それがパワーになっていくのだと思います❤️
by: kimi * 2018/01/08 10:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1626-63d58f5f
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR