FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2018 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

励まし方の違い

2017/12/29(Fri) 00:19
くるみ行方不明を期に体験し、忘れていたあれこれを

最近になってふと思い返すことがあります。

多くの方々にお力になっていただき、励まされましたが

その励まし方が、人によって違い、

時には動揺したのを思い出します。


昨日まで手元にいた愛犬、年老いたくるみが突然居なくなり

不安に押しつぶされそうな私を

「優しい人に救われて、暖かい部屋で大切にされているのでは?」

「きっと連絡が来ますよ」

と温かい言葉で、慰め励ましてくださる人もいれば、

「あ~・・・きっと死んでるな!」

「死にに行った犬のことなんか、探さないでやりなさいよ!

死にに行ったんだから!!!」

「寂しいなら新しい犬を飼えばいいじゃない」

等。。。極少数ですが、ありました。

これらを発言した人は皆、犬好きを自称していますし

日頃私と友好的な関係でしたので

意地悪で言っているとは思えません。

ご自分で言うには、誰もが思っていることを言ったまでであり

早く私が現実を受け止め、前を向かせるための苦言だそうです。


それは私にとって辛かった。。。

もがき苦しんでいる最中、絶望的な言葉を投げかけられ、

私の精神が壊れていくような気がしました。

たかが犬のことで。。。と言われているのも聞こえていました。

たかが犬であっても

その子の存在は、家族にとって大きいのです。

世間の人が、皆、私と同じ感覚でないのは

重々承知しています。

冷たい言葉であっても、恨んではいません。

呆れてはいますが。。。

そして、私は人が悲しんでいる時、個人的な感情や発想で決めつけ

更に悲しませるような持論を押し付けることなど、決して言うまい、と

しみじみ感じました。




さて

くるみの行方不明に伴い

多くの方の熱意ある協力のもと、奇跡の生還を果たしたこと

くるみを救っていただいたこと、私を支えて下さったことへの

感謝は、なかなか全員の方にお伝えできません。そこで

地元の新聞の紙面を通し、お礼を述べさせて頂きました。

その寄稿文が載るや、朝早くから電話が入り

「よかったね? 気になっていたんだよ」

と、何度も何度も「良かったぁ!」を繰り返す人

泣きながらくるみ救出の寄稿文を読んだ、

と知らせてくれた人・・・

道すがら呼び止め、共に喜んでくれた人・・・

今まで黙って通り過ぎていたのに

笑顔を向け会釈してくれるようになった学生さん・・・

多くの皆さんの優しさに触れ、改めて有り難く感じています。





くるみは、ここ2~3日、急に食欲が出てきました。

実際には、立つこともできないくるみですが

食べ終わると、歩きたがっているかのような動きをします。

数日前には考えられない姿に、感動しているパパママです。

今後、一歩一歩くるみの回復に向け、できる限りのことをし、

たかが犬と飼い主ではありますが、

その絆を、多くの方に感じて頂けたら。。。

と、密かに考えている私です。





クルミとアンズ コメント:4 トラックバック:0
コメント:
----

おはようございます
そうです 私もそうでした
呆れているけれど恨んでいない
傷口に塩
前を向かせるための苦言!? それはない
悪気があるなしにかかわらずに その言葉で傷つく時間がもったいない
一番 驚いたのは
初めて受診したドクターの信じられない言葉でした、忘れられない
でもでも ガンバって忘れよう
それはむずかしいから 他のことを考える時間を増やしましょうね
くるみちゃんが目の前にいて 徐々に回復している
これ以上の幸せはない  ですよね

年を重ねて なんだか人を責めることは疎ましくなりました、いろいろありますが(笑)
受けた厚情はいつまでもありがたく感じられるシニアでいたいですが
よけいなことばかりコメントしていますね
元気出してくださいね
by: k * 2017/12/29 07:08 * URL [ 編集] | page top↑
--☆Kさま--

いつも、心安らぐコメント、ありがとうございます。
私は元気になってきました。
くるみが頑張っているので、その姿を見、
私も前向きな気持ちになり、食欲も出てきました。

呆れるような言葉は、気にしてもプラスはないので
ひたすら呆れるだけです。
気の毒な人、と思っていますが、世の中、色々な考え方をする人がいるので、それは仕方がないこと、と割り切っています。

それにしてもKさんとは、同じような経験をしていることに驚いています。
コメントを頂くたび、私だけではないのだ、との思いで
勇気づけられます。
今日も頑張れます、ありがとうございました。
by: くるあんママ * 2017/12/29 09:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

SNSって、たっくさん良い出会いなどあって、嬉しい事もあるけれど、反面、とっても傷つく事や、悲しい事もありますよね。。。

私も経験があります。
先代のシュナが心臓病で亡くなった時・・・
何気なく言われた言葉も、私にはとうてい受け入れがたいものでした。

だからママさんと同じく、自分が言われて傷ついたり、不快に思った事は絶対人にはするまい!!
そう強く思いました。

でもでも嫌な事があっても、それ以上に温かい人が多いので、救われます(^^)

色んな人が居ます・・・よね。

時に、私のこのコメントはこの方にとって少なからず力になってるのだろうか・・・なんて思う事もあります(^_^;)
自分では精一杯の言葉を投げたつもりだけど、文字にするのって難しいなって思ったりもしますww
(なんせ文章力がないものでハハハ)

くるみちゃん、同じシュナで同じ名前・・・
年は違うけど、すごく親近感があります(^^)
少しずつ回復されてるブログを拝見する度に、自分の顔が緩んでいきます♪

良いお年を迎えられます様に。
来年ももっともっと良い年になります様に!

by: ふーちゃんマン * 2017/12/29 10:19 * URL [ 編集] | page top↑
--☆ふーちゃんマンさま--

ふーちゃんマンさんも、同じような経験されたのですね?
どうして悲しんでいる人に追い打ちをかけられるのか、その頭の構造がわからないのですが、わかろうとする価値も無いのかな?なんて…。

ふーちゃんマンさんのコメント、とても私に力を与えてくださっています。
文字にする難しさ…私も感じていますが、自分をストレートに出すようにしています。
同じシュナのくるみ、年は違いますが
これからもよろしくお願いします。
by: くるあんママ * 2017/12/29 12:58 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1618-44dbec96
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR