FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2018 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

2週間が経ち

2017/12/20(Wed) 16:07
くるみが居なくなり1週間、その後救出され1週間

合わせて半月が過ぎました。

最初の1週間は、とてつもなく長く感じ

後の1週間は、一瞬に思えます。

15歳のくるみは、歳の割に頑張ってくれていて、

驚く程の生命力を感じますが、やはり歳のせいか

衰弱していく不安を、感じることもあり、その度

言いようのない恐怖に、私は かられます。

発見され、この手に帰ってきただけでありがたいのですが

その痛々しい姿に、毎日落ち込んでしまい、もう一度

くるみを幸せにしなければ…と必死な思いでいます。

病院では、先生方が くるみを

一生懸命治療、看護してくださっています。

くるみの容態は、良くなっていくのを感じる日と、

このまま衰えていくのでは?と不安にかられる時と…

交互に感じられ、その度

精神状態が不安定になってしまう、私です。

夜間は自宅で介護するようになり4日。

高熱に浮かされているのか、バタバタ激しく動く時、

息をしているか解らないほど、寝入っている時、

どちらにしてもオロオロしてしまいます。

家でも、

口から栄養を取れるように、くるみの好きな食材で

流動食作りを始めました。

怖いのは、誤咽性肺炎。

作るのは何でもないのですが、食べさせるのが怖い。

起こして食べさせようとしても、寝ていることの多いくるみ。

なかなか、栄養を摂取できません。

でも、昨日は少し、ママの作った 

サツマイモを柔らかく煮て、すりつぶしたのを、食べてくれました。

初めは歯の間から無理に入れましたが

そのうち、自分からパクッと食べました。

今日は、熱が高ければ すりおろしたりんご、

熱がなければ鶏肉とジャガイモをキャベツのスープで煮て

すりつぶしたのを、上げたいと思っています。



夜、オシッコは沢山出るようになりました。

2種類の目薬もしています。



昼間病院で受けている、体中の傷の手当て、血液検査の結果も、

少しずつですが良くなってきています。

くる、がんばってね、

ママはクルの目に耳に、手足になるから

これからもパパママ・あんずと一緒に生きていこうね。





クルミとアンズ コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1610-58e6a14e
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR