くるみとあんずの散歩道

2017 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

WAN友 & 藤の思い出

2017/04/26(Wed) 20:18
くるあんのご近所に住む
DSC09202.jpg
コアちゃんは、立ち歩きが得意なプードルちゃん。
DSC09204.jpg
みなさん、よろぴくね♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

DSC09183.jpg
よく見ると、我が家の竹の柵…壊れかけてるね?

そういえば猫ちゃんが、堂々と入ってくるんです。

窓がしまっていると、デッキの上でマッタリしながら

室内の くるあんを眺めたりしています。



散歩中、背後から訴えかけるように、(U´Д`)ワンワン!と声が聞こえるので

振り向くと、仲良しのミッキーが!!
DSC09205.jpg
えーっ? この新しいお家、

ミッキーの家だったの?

以来ミキハウスって呼んでます。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

ミッキーは虐待され、施設で保護されていた苦労犬。

今の飼い主さんに引き取られた直後、まだビクビクしていましたが

ご家族皆に愛され、明るいミッキーに!

くるあん家族にも懐いてくれています。

おーおぉっと!   (北斗くん↓)
DSC09206.jpg
こ!こいつーーー!オバちゃんだからって、なめんなよー!
DSC09207.jpg
若者北斗くんですが、なぜかオバちゃんコンビのくるあんに

逆らいません。おやつタイムも、控えめな北斗くんです。
DSC09209.jpg
というか、食いしん坊のくるあんに圧倒されているみたいヽ(*´∀`)ノ




話は変わりますが。。。


DSC09214.jpg
藤が満開です。
DSC09175.jpg
藤を見ると、亡き父を思い出します。

晩年、病院通いと縁が切れない父でしたが、

家では、それまでしたことない草花の手入れを、

黙々とするようになりました。

菊とか、バラとか 大輪の花を見事に咲かせる父でしたが

なぜか藤だけはなかなか花が咲かず、

丹精込めて手入れをしていたにも関わらず、何年もそのままでした。

それが父の最晩年、もう花の手入れができなくなった頃、突然

藤がちょこっと咲いたのです。

それを見て、何も手入れをしたことのない私が

「藤が咲いた!」 「急に気が向いたみたい!」と騒ぐ横で

父は、特別な感情を表すこともなく

淡々とした様子で眺めていました。




今、こうして自分が田舎暮らしをしてみると、

花の手入れができた頃の父と一緒に、

ここで暮らしたかったな。。。と思います。

庭で花々の手入れをさせてあげたかった。。。と。


藤を見るたび、

寡黙な父を思い出します。

父の最晩年に、突然咲いたあの藤は、

父を見送ってくれたのでしょうか?




春の花 コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

きれいな藤ですね。

そんなお父様との思い出があるんですね・・
ずっと前のお父様お母さんの記事を思い出しました・・・

くるあんちゃんおげんきそうでよかったです!!
by: kimi * 2017/04/30 13:32 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ--

いつもありがとうございます。

クルは元気というほどではありませんが
淡々としています。
以前のように怒りっぽくないのが
良いような、寂しいような気がします。

今、藤が綺麗です。
藤を見ると父を思い出します。

藤を見ると切なくなります。

by: くるあんママ * 2017/05/03 04:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1527-5169efe0
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR