くるみとあんずの散歩道

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

歴史ウォーキング①勝山藩ゆかりの地

2015/11/11(Wed) 10:12
地元の生涯学習の講座で

ウォーキングを兼ねて歴史の勉強をさせて頂きました。

まず岩井駅近くの福聚院へ。

勝山藩酒井家ゆかりの菩提寺。
DSC06766.jpg
この勉強会から帰宅後、改めて酒井家の流れを調べてみましたが

一族の歴史上の人物が多すぎて、とても書き切れません。

出自は三河の国の坂井郷の在地領主だったと見え、そこから脈々と

系譜が広く、長く続いています。

今回は、紆余曲折ありながらも徳川幕府の最古参として

大老四家に数えられ、一族から大老や老中を輩出した酒井家の

九家ある譜代大名のひとつ・小浜藩主・酒井忠勝の

孫・忠国が初代勝山藩主になったお話から。

孫の代でなぜ勝山藩に?

その謎を生涯学習の先生から説明していただきました。

老中忠勝の息子であり、初代勝山藩主忠国の父である酒井忠朝は

父の後継者として幕府からも認められ、若手官僚として育成され

老中や大老など重要な職につくと考えられていましたが

なぜか父から親子の縁を切られています。

確かな理由は解りませんが、他の閣僚との深刻な対立や、

父の勘気を被ったとも、またこの廃嫡は本意ではなかった、とも

隠れキリシタン説等々あるそうです。

親子の縁を切られた忠朝は、長男でありながら小浜藩の藩主にはなれず、

領地であるこの(南房総・岩井の)市部村で、ひっそりと暮らし・・・

1年後の44歳で亡くなりました。

そのお葬式がこの福聚院で行われ

近くの観音山で火葬されました。その後小浜の酒井家の菩提寺で

歴代藩主と同格の墓に埋葬されたそうです。

小浜藩(福井県)を継いだ藩主忠直は、兄忠朝の子である忠国を不憫に思い

小浜藩の飛び地である勝山・岩井周辺の領地を小浜藩から切り離し

勝山藩とし、甥である酒井忠国を初代藩主にしました。

代々の勝山藩主は、江戸屋敷から勝山へ帰ると、

祖先である忠朝の位牌に参拝するため、ここ福聚院に参拝に来ました。
DSC06765.jpg
藩主の御駕籠を置いたという、置き場が今も残っています。

忠朝はこのすぐ近くに、亡くなるまで住んでいて

その屋敷の門が後に
DSC06770.jpg
酒井家から福聚院へ寄進されました。

この福聚院の欄間はDSC06772.jpg
有名な 波の伊八の作品でDSC06773.jpg
伊八はあの富嶽三十六景の神奈川沖浪裏を描いた
DSC06775.jpg
葛飾北斎に大きな影響を与えた、と言われています。

この岩井駅からひとつ隣に安房勝山という駅があり

そこには勝山港が、そして港を中心に商店街があります。
DSC06784.jpg
酒井家の・・・というか勝山藩の陣屋があったところは今
DSC06790.jpg
こんな感じです。当時の陣屋は4500坪だったと言われています。

万が一に備え、屋敷から逃げる時に備えトンネルも掘られたそうです。


DSC06789.jpg

ここから近くの山を見上げると
DSC06795.jpg
頂上に中はガランドウの展望台があり、

昔は江戸湾を見下ろせる山城があったと思えます。

当時の陣屋が使っていた井戸DSC06797.jpg
山の麓にはいくつもの洞穴があり、これらの多くは
DSC06791.jpg
戦争中掘られた防空壕のようです。

それは人が逃げ込むばかりでなく、物資の保管庫でもありました。

戦後、それらをさらに堀り、トンネルにしたそうです。
DSC06788.jpg
洞穴のある山を登ると、
DSC06792.jpg
小さな祠が有り、中にDSC06793.jpg
この掛け軸の絵と同じ観音様があるそうです。
DSC06794.jpg

商店街には、勝山藩の時代の
DSC06803.jpg
家老・平井家の石垣が一部残っています。

勝山藩の初代藩主として酒井忠国の名が残っていますが、

遡れば、あの南総里見八犬伝のモデルになった里見家が

1590年の小田原征伐で安房一国を安堵されたものの

第10代里見忠義が、妻の祖父大久保忠隣の失脚に連座し改易。

その後徳川家譜代の家臣内藤家が勝山藩主になったものの

嫡男の早世により廃藩に。。。酒井家のものに。

しかしその後内藤家は旗本として復活、後に大名へ。

勝山藩酒井家も9代まで存続し、明治に入り子爵に列せられた、とのこと。

戦国乱世をくぐり抜け、苦難の末に全盛期を築き上げながらも

妻の祖父の失脚のあおりで領地を取り上げられた里見家とは

大した違いです。

せめて里見八犬伝でも読み、広め、無念を晴らそうじゃありませんか!

この地での歴史ウォークは、もう少し続きます。

この後、戊辰戦争での関わり。

そしてクジラ漁で栄えた一族の話を次回アップします。
勉強 コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

ご無沙汰しています。
集合以来 パパが仕事や趣味の集いで忙しくって 荒れ果てた小さな庭を一人で
少しだけかたづけましたーー(笑)
そんな私なのにママさんの活躍に凄すぎて びっくり。。。少しでも見習いたい思ってます。

ダンスのお洋服今年も綺麗に出来ていますね!
ダンスの一年の進歩も皆さんの表情でわかりますよー
そして、パパさんお弁当づくりお疲れ様です。
皆さんの協力でうまく回っているんですね (^_^)v
by: トトロママ * 2015/11/11 11:50 * URL [ 編集] | page top↑
--☆トトロママさんへ--

ご無沙汰していますm(_ _)m
我が家も集合以来、忙しく出歩いています。
特に発表会、秋祭り、ウォーキングと3連続で楽しいことが続き、年甲斐もなくはしゃいでいますヽ(´▽`)/

トトロ家のお庭はいつもすっきりしていて綺麗ですね?
我が家は小さなジャングル状態ですよ(´・ω・`)

パパ手作りのお弁当・・・
見た目はイマイチですが、味はバッチリでした。
みんなの協力...本当に有り難く感謝しています。
by: くるあんママ * 2015/11/12 05:30 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1456-3e8da789
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR