くるみとあんずの散歩道

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

自分たちにできること

2014/10/31(Fri) 07:00
明日から2~3日、ブログお休みします。

で。。。今日はくるあんパパから

皆さんへのメッセージ・ブログをお送りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

南房総に居を構え田舎暮らしの楽しさを満喫。

今までの都会のギスギスした生活は二度と送りたくないと思っています。

しかし、隣町に汚染土壌が持ち込まれています。

賛成する人(意外にも若い人たちが多い)は、

「道路は作ってもらえる・サッカー場は作ってもらえる・

町にお金を落としてもらえる。汚染土と言うけれど、

ちゃんと浄化処理をするということじゃないか。

こんなにいい話なのになんで反対するんだ」

と声高に言っているそうです。もちろん、

その汚染土処理会社と関連会社、そのことによって

何らかのおこぼれを頂戴しょうとする人たちが中心だろうと推察できますが、

いくつもの悪質な違法行為を繰り返す汚染処理業者側に

町議会義員12名中5名も賛同者がいるという話を耳にし、愕然としました。

そんなにも多くの議員が利益誘導組なのか。目先の利益を追い

将来の子孫の安全と安心を守ることは二の次なのかと…。

イタイイタイ病、水俣病のように汚染によって

住民の健康被害がでてからでは取り返しがつかない。

恐らく元の健康体は絶対に戻らない。

微力ながら反対運動に加わらせていただきます。

 そして、安倍内閣の閣議決定。

憲法を勝手に解釈するなどという有り得ないことをやってしまう内閣です。

改めて太平洋戦争の敗戦と戦後処理についての真実を

国民一人ひとりが学び、明らかにしなければなりません。

正しい目で見、考え、判断し、正しい言葉で話す。

二宮尊徳の言葉です。

国の行く末が今大きく変わろうとしています。

戦争をしない平和で安心な国を子孫に残したいと思います。

よく、日米安保条約によってアメリカに守ってもらえてるから、

日本は平和なんだという人がいますが、

本質的には軍事力だけで国を守ることは出来ません。

大日本帝国の軍事力を持ってさえ

300万人の日本国民の命を失い負けたのですから…。

着々とアメリカのための戦争をする国造りを進める安倍首相。

戦前は明らかに日本のための戦争でしたが、

首相がやろうとしていることは明らかにアメリカためですよね。

「日本を取り戻す」というのは戦前を取り戻すということなのでしょうか?

それにしては目的が違いますよね。

さらに、一体誰から何を取り戻すのでしょうか?

何を奪われたのでしょうか?

是非明らかにして欲しいと思います。

皆さんお判りになりますか?

私には全く判りませんので

野党議員の皆様も、是非質問してください。

また・・・ 「戦後レジュウム」って何ですか?

この言葉も意味が判りません。

こちらについても解り易くお願いします。

パパ コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1305-b0ed9382
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR