くるみとあんずの散歩道

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

3人娘の訪問

2014/09/28(Sun) 09:01
くるあんパパは

新人教師の頃、1年で10キロも痩せたほど

がむしゃらに頑張っていたようです。

生真面目な熱血漢の教師として

体力気力ともに一番充実していた頃

テニス部の顧問も引き受けていました。

その頃テニス部の女子たちは

30代になっても嫁の来てのないパパを心配して

こう言ってくれていたそうです。

「大人になったら、私たちの誰かが嫁になってあげるね」

と。。。

まるで、犠牲になってあげる・・・みたいな口調で。。。( ´艸`)ムププ

彼女たちは高校生、大学生、社会人になっても

時折、テニス部の仲間を誘い合って我が家に遊びに来てくれ

想定外だった犠牲的精神(?)の嫁の存在を知り、こう言っていました。

「良かったァ~~ヽ(*´∀`)ノ 先生に嫁の来てがあって~」

中学時代の言葉などケロッと忘れ、みな

素敵な彼と結婚。下町を巣立って行きました。


その後それぞれ、社会人として家庭人として多忙を極め

再会の機会が途絶えたまま数年たったある日。。。

東京のホテルで同窓会が。

久しぶりにパパと教え子たちの再会。

中学を卒業して40数年・・・

教師も教え子もゆとりある時間を共有できるようになっていました。

そしてこの土曜日。

テニスの女子3人が海辺の我が家を訪ねてくれました。

まずは館山城へ。。。P9270036城山公園3人

昼食は我が家で~
3人DSC02612

この日一緒に来てくれる予定が

仕事が入ったため来られなくなったミネ君から届いたぶどうを
DSC02614.jpg
デザートに頂きながら

同窓会のDVDを見、

中学時代の思い出話や、子育て、仕事の話をぺちゃくちゃ。。。

DSC02615.jpg

下町のお嬢さんたちもすっかり大人になっていましたが

話し方や笑い方は昔のまま。。。

タイムスリップしたような気が・・・

名残惜しみつつ、東京へ帰る彼女たちを

クルが見送っていました。
DSC02621.jpg


思い出 コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

きっとパパさん素敵な先生だったんでしょうね
教え子さんが遊びに来てくれてさぞうれしかったでしょうね

うちのパパも時々来てくれたらメールが来たりしています
教師冥利に尽きますね
うれしいことです

kimiもテニス部だったんですよ
その頃わが中学は強くて泉南地域で3年間優勝していました
団体では大阪で3位になったこともありました・・・
なつかしいです
by: kimi * 2014/10/04 16:51 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ、--

わぁ~~kimiちゃんもテニス部だったの?
運動神経良さそうですよね?

そうね、パパさんもお優しくて
生徒さんたちに慕われていらっしゃるのが感じられます。

パパの教え子たちは、みんな美人さんなのですが、
口の悪いパパは
「やー!テニブス(テニス部のこと)来たかー!」
等といっています・

覚えてくれていて、訪ねてきてくれたり
お誘いを受けたり、ほんとに
教師冥利に尽きます。
みんなの笑顔とお喋りの花が咲くのを
となりで眺めているとき、
とても幸せに感じます。
by: くるあんママ * 2014/10/04 21:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1287-15be06b6
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR