くるみとあんずの散歩道

2017 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

高齢者の魅力

2014/06/23(Mon) 21:51
DSC01546.jpg


我が家はパパママもくるあんも 

高齢者のグループに入って来ましたが、まだまだ上が!

そうです、ウチの叔母です!

叔母が今のママの年齢の頃、ハチャメチャに働き者で

手八丁口八丁で、しっかりしている反面おっちょこちょいで

ママの実家を牛耳っていた頃を、つい昨日の様に思い出します。

光陰矢のごとし。。。

30年でこんなに人は変わってしまうんだな・・・と複雑な思いにかられながら

ママは時間が許す限り、叔母の入所先にお見舞いと言うか

食事の介助に行っています。

叔母はその日によって、不思議の国の入口を

出たり入ったりしながら、夢と現実を暮らしています。 他の・・・

ホームでの入所さんの殆どは、80代~90代で

寝台代わりになるような優れものの車椅子に乗って、

どろどろの流動食を口に入れてもらい、時にむせて咳き込んだり

食べながら眠ってしまったり、寝たかと思うとまた口を開け金魚の様に

パクパク口を動かしたり…をしています。

もう少しおつむのしっかりした方は、車椅子にちゃんと座り、

目の表情もご自分の意思を感じさせます。

またはお顔や声や姿は60代くらいに見えるのに

完全に違う世界に迷い込んでいるような人もいます。

こういう人の頭の中は、どうなっていて、

心はどう感じているのでしょうね?



そんな施設に、ここ2週間ばかり、新顔さんがいらしていました。

叔母より年上なのに、とてもしっかりしたその方は

何かの事情で短期間、ホームにいらした模様です。

お話がとてもしっかりしていて、周囲への気遣いや感謝の言葉かけがあり

私もこんな風に年を取りたいもの、と会うたび感じていました。

食事の時、このMさんと、そのお隣のいつも明るいM子さんと

半身不随でいらっしゃるのに器用にご自分で召し上がるHさんと

ウチの叔母&くるあんままが、食事の合間にお喋りしたり

歌を歌ったりして過ごします。

今日は、茶摘みの歌に始まり、デンデンムシ、富士山、等々歌い

最後に「星影のワルツ」を歌いました。

今日はMさんが退所される日だったの。。。

胸がいっぱいで、お別れがつらかった。

日頃ニコニコしながら励ましてくださり、また

お母さん、お兄さん、そして息子さんを早くに亡くされた話には

胸に迫るものがありました。

たった2週間なのに、たくさん人生を勉強させて頂いた気がします。

明日からMさんのいない施設の食事は、寂しいものになるでしょう。

お元気で!Mさん。 ご健康とご多幸を祈っています。

DSC01547.jpg




オバちゃん コメント:4 トラックバック:0
コメント:
----

叔母様落ち着いていらしゃる様子で良かったですね ♡
年令を重ねても魅力的でいるというのは
難しいけれど そんな素敵な方にお会いすると 勇気が出るような気がします
自分自身は、どうなるかわからないけれど 今の目標は歳相応の動きができるようになりたいです^^
by: トトロママ * 2014/06/23 22:28 * URL [ 編集] | page top↑
--☆トトロママさんへ--

トトロママさんは、いつも栄養管理をきちんとされるばかりか、他も
几帳面に暮らしていらっしゃるから
これからも、素敵にお年を重ねて行かれるに違いありません。

お年を召してもしっかりと暮らせる方は
ご自分を厳しく律していらっしゃるのでしょう。
別れ際、同じテーブルの皆さんに
「また、会いましょう!でも、病院はだめ。
病院に入っちゃだめよ」
とおっしゃっていました。
車椅子を使わず、小さな椅子につかまりながら
一歩一歩進んでいき、
それもご自分のアイディアなのだそうです。
お話も行動も、彼女ならではの工夫があり
つまり頭と体を使って暮らしているのが解りました。
激しい無理はしないけど、至る所に意識の高さが感じられる生き方でした。
いつか、どこかで会えるといいな。。。
by: くるあんママ * 2014/06/24 05:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

おばさまの施設での様子目に浮かびます
両親の住宅でもそんな感じです

いつも「ようお越し」って声をかけてくださる方がいらっしゃいます

先日は「いつもスカートやな~~ええな~~」ってこめてくださいました

その方の人生が・・見えます


最近自分の20年後のことなどよく考えます
どうなるやら・・・と考えずにこうしよう!!
と考えたいと思います
by: kimi * 2014/06/26 12:48 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ、--

まず、るるちゃんのこと、おめでとう!
嬉しくて酔っぱらっています!

まぁ!グループホームでもそんな感じ?

あ!私もドアを開けて施設のリビングに入ると
「いらっしゃ~~~いっ」(^◇^)(^◇^)(^◇^)
と声を揃えて、笑顔で皆さんが迎えてくれます。
その瞬間がとっても嬉しい。
今、叔母と一緒に食事のテーブルに着いている人たちは
皆さん、お優しくて、私自身とても癒されます。
他の用事と重なり休む日もあるのですが
叔母は勿論、他の皆さんと会えないことが寂しいと感じるくらい。

今のうちに、せっせと人生楽しんで
動けなくなったら、可愛がられるお婆ちゃんを演じたい!(~_~;)
by: くるあんママ * 2014/06/26 22:34 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1225-cef20fc9
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR