くるみとあんずの散歩道

2017 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

憲法9条を、守ろう

2014/06/08(Sun) 04:42
土曜日(7日)パパの囲碁先輩Aご夫妻のお誘いで

勉強会に出席しました。

『憲法9条と集団的自衛権ー私たちの暮らしへの影響は?-』

千葉県の弁護士さんが、解りやすく説明してくださいました。


締めくくりに司会の方が触れられた、1946年の吉田首相の答弁。

それが現在も 憲法学界の通説と言われています。



吉田茂の答弁

戦争放棄に関する本案の規定は、直接には自衛権を否定してはおりませぬが、第九条第二項に於て、一切の軍備と国の交戦権を認めない結果、自衛権の発動としての戦争も、又交戦権も放棄したものであります。
従来、近年の戦争は、多く自衛権の名において戦われたのであります。満州事変然り、大東亜戦争亦然りであります。今日我が国に対する疑惑は、日本は好戦国である、何時再軍備をなして、復讐戦をして世界の平和を脅かさないとも分からないということが日本に対する大なる疑惑であり、又誤解であります。
先ず、此の誤解を正すことが、今日我々としてなすべき第一のことであると思うのであります。又この疑惑は誤解であるとは申しながら、全然根柢のない疑惑とも言われない節が、既往の歴史を考えて見ますると、多々あるのであります。故に我国に於ては如何なる名義を以てしても、交戦権はまず第一自ら進んで放棄する。放棄することによって全世界の平和の確立の基礎をなす、全世界の平和愛好国の先頭に立って、世界の平和確立に貢献する決意を、先ず此の憲法において表明したいと思うのであります(拍手)。これに依って我が国に対する正当なる諒解を進むべきものであると考えるのであります。
平和国際団体が確立せられたる場合に、若し侵略戦争を始むる者、侵略の意思を以て日本を侵す者があれば、これは平和に対する冒犯者であります。全世界の敵であると言うべきであります。世界の平和愛好国は相倚り、相携えて、此の冒犯者、此の敵を克服すべきものであるのであります(拍手)。茲に平和に対する国際的義務が、平和愛好国若しくは国際団体の間に自然(「に」をとる)生ずるものと考えます(拍手)。



戦争無き世界、という人類の理想を明確にした9条は

世界の憲法の歴史に画期的な意義を持ちます。

憲法の基本的定着と 9条の恒久的平和を活かし守るため

主権者国民は、正しい知識と意思を持ち続けなくてはなりません。

Aさんご夫妻を中心に、南房総在住の皆さんへ呼びかけたいと思います。

憲法9条を世界遺産に! と。。。


集団的自衛権は  自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を

自国が直接攻撃されなくても武力で阻止する権利を有することです。

確かに…困った時に助け合う精神は大切ではありますが

国の規模で考えると、様々な不安要素が懸念されます。

テロの攻撃、など、守るより責められる不安の方が増えて来るのです。

多くの人々が、平和でありたい、でも武力が無くて守れるのか?と

不安に思うことでしょうが、不安をあおられて集団的自衛権行使を容認すると

我が国の誇り 憲法9条改正を事実上許してしまうことになります。


自衛権発動の3要件

①我が国に対する急迫不正の侵害があること。

②これを排除するため他の適当な手段がない事。

③必要最小限度の実力行使に留まること。

海外派兵(武力行使の目的で武装した舞台を他国の領土

領海、領空に派遣するとの定義であるが、実際は

自衛のための必要最小限を越えるものであり、憲法上許されません)

多国籍軍参加(任務・目的に武力行使を伴う者であれば、参加は許されない。

協力は武力行使と切り離してこそ許される)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ママはこれからも勉強しなければ、と心に誓いました。


九条の会 コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

kimiも賛成です!!!


憲法9条は日本が世界に誇れる最高の憲法だと思います!!
by: kimi * 2014/06/09 19:24 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ、--

守らなくちゃ…憲法9条!
そのためにも理解を深めなくちゃ!

ひとりひとり積極的に勉強しよう、って気持ちになって
身近に学べる場が欲しいですね!
by: くるあんママ * 2014/06/09 21:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1213-905bbb84
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR