くるみとあんずの散歩道

2017 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

初体験! 山歩き

2014/04/19(Sat) 19:26
いつかチャレンジしてみたい、でも

一生涯、無理だ! と諦めていた山歩きを

ちょこっと初体験してきました。

と言っても、ほとんど歩きやすい歩道を歩く、だけなんですが。


町のボランティア仲間の皆さんと、一緒に!
DSC00786.jpg

まず、珍しい植物を見に、松尾神社へ。

その珍しい植物とは・・・これ

DSC00791.jpg

二輪草。DSC00792.jpg

釣鐘草もDSC00788.jpg




今日のウォーキングは『岩井から平久里へ 観音霊場を歩く』

安房国札観音霊場巡り。

最初の目的地『富山福満寺』に向かい歩き出すと

高速道路沿いに小さな山が。
DSC00793.jpg
要害山と言います。

その名の通り砦があったのです。何のための砦でしょうか?

里見の最後のお殿様が、妻の父の失脚事件に連座させられ、

安房一国分を減封。山陰へ移動させられる際、

この山の砦に陣取った徳川方が、果たしてほんとに

里見の殿様が安房を発って出ていくか、

それとも反旗を翻すか、その時は倒そうと、

この山から狙っていたのです。



さて・・・なぜ、そんなひどい目に合ったのでしょうか?

里見の最後のお殿様は、2代将軍徳川秀忠から名前を一文字頂き

元服した、というほど可愛がられていたのです。

それなのになぜ? 

 その理由はこの地がとっても魅力ある土地だから、

盗り上げたかったのでは?とママは推測しています。

その推測がもっともらしく聞こえる話は、明日致します。

DSC00796.jpg
DSC00797.jpg

この日は安房国札34観音霊場の内、第12番目の福満寺から。。。

南北二つの頂を持つ美しい双耳峰である富山は

里見八犬伝の舞台として有名であり、

福満寺はその富山の麓にあります。

DSC00798.jpg


元々本堂は、富山への登山道の1合目と2合目の間、

諏訪の台にあったが、七堂伽藍の焼失を機に

現在の地に本堂が再建されました(1864年)
DSC00801.jpg



福満寺の仁王門DSC00804.jpg

DSC00802.jpg
夜中に1人でこれを見ても、きっと怖くないと思う。

DSC00803.jpg
どことなく愛嬌を感じさせる不思議ちゃんな仁王。

本尊には十一面観世音が設置されています。


まだまだ話は続きますが、今日のところはここまで。

なにせ、生涯でこんなに歩いたことない程、

歩いちゃったので、疲れたよ、ねむいよ~。

おやすみなさ~い。。。
勉強 コメント:4 トラックバック:0
コメント:
----

山歩きに最高の気候ですね

しんどくてもみんなと一緒なら大丈夫ですね!!
ママさんがんばりましたね~~

病み付きになったりして~~~

お疲れ様でした

kimiは今日はお昼からパパ達の企画の
いつものコンサートのお手伝いに出かけます
今回はリコーダー仲間にもお付き合いいただくようです
いってきま~~す!!!
by: kimi * 2014/04/20 11:52 * URL [ 編集] | page top↑
--お疲れ様でした~~--

 昨夜はゆっくり眠れましたか?
ハイキングは楽しそうでしたね。
あの仁王様は私も初めて見たとき、
ん、ん??!と思いました。
「うふっ・・」ですよね。どうもどっか
バランスが不思議です。細身だし。

 続きを楽しみにしています。
筋肉痛になりませんように。
by: 平久里の黒うさぎ * 2014/04/20 17:54 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ、--

行きはお天気も良く、汗ばむほどの陽気だったのですが
午後、急激に冷え込んで、汗が冷たくなりました。
勉強になることが盛りだくさんで、
この地で暮らすことに誇りさえ感じました。

パパさん企画のコンサートのお手伝い、
お疲れ様でした。
パパジュリーのカッコイイ演奏、
お聞きしたかったです。

by: くるあんママ * 2014/04/20 18:11 * URL [ 編集] | page top↑
--☆連mama さんへ、--

皆さん、とってもお達者でビックリしました。
富楽里~福満寺~犬掛~平群~神照寺~龍泉寺~高照寺と
疲れも見せず、皆さん歩かれました。
私は龍泉寺でお話をお聞きしている時
急激に気温が下がり、汗が冷えたのか
ちょっと体調が悪くなり、ここから
御殿山の麓まで車に乗せて頂きました。

でも今日はいつも通り元気にくるあんと散歩できましたよ。

あの、仁王様、面白いですよね?
もっと恐いお顔の仁王像しか見ていないので
クスッ(*^。^*)っと笑いが込み上げました。

身体はきつかったけど、勉強になることいっぱいで
本当に参加して良かった、と思いました。
お遍路さんって、なぜするのか、意味わからなかったけど
すごく歴史的背景があるのを知りました。
by: くるあんママ * 2014/04/20 18:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1163-98af74c5
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。