くるみとあんずの散歩道

2017 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

あれから3年

2014/03/11(Tue) 08:01
今日は3月11日。

忘れられない日になりましたね。

叔母の入院先で繰り返し大きな揺れを感じ、

お台場で火事が発生したと聞き、その不安を抱えたまま

追い立てられるように病院を出され、家まで歩いて帰ったあの日。

交通機関がマヒした為、地下鉄から人があふれ出る。

いつもは少ない人通りが…まるで巡礼者の列に紛れ込んだような

道路幅いっぱいに溢れる人人人。。。

高速道路がきしむ音、

余震で揺れる橋を恐々渡りながら

恐怖で興奮状態の人に押されよろめき

命からがら家にたどり着いた、あの日から

今日で3年経ちました。



コンビニの棚はカラっぽ。。。

飲み水始め、食料は何も手に入らない。。。でも

命があるだけで良かった。家族みな無事で良かった。

極限状態の中、不満が頭をもたげるどころではない。


あれから3年。

家族や家や職を失ったまま、生きるすべが戻らないままの人々。。。

いまだ、被災地での暮らしには見通しが利かず

いまだ帰らぬ人を待ち続け、探し続ける人がいます。


そんな彼らを気遣う私達は。。。

寄付をしても、正しく役立ててくれているのか解らない・・・

多くの課題を残している原発への心配も消えない・・・

政治の頼りなさ、不信感は増すばかり・・・




こうして

幸せに暮らしていることが、申し訳ない気持ち。。。

諦めずせめて、出来ることをしようと思う。

3年前を忘れずに、心を寄せていきたいと思います。


悲しい時期ですが、今年も

春がやって来ました。

DSC00014.jpg
未分類 コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

3年前の11日はママさんたちは本当に大変でした
kimiたちはテレビで驚くばかりで・・・
子供たちのことも気になって・・

もう3年なんですねまだ3年かもしれませんね

ワタシモママさんと同じ気持ちです
忘れたらいけない!!!
心を寄せていきたいと思っています
自分のできることをやっていきたいと思っています
by: kimi * 2014/03/12 19:32 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ、--

もっと被災者の暮らしそのものを建て直すことにお金をかけてほしいのだけど
なぜか、堤防作りとか、に沢山お金を使っちゃうでしょ?
それが通用しなくて多くの命が奪われたのに
何やってんだ!っと怒りを感じてしまいます。

東京も3年前の地震の直後、とっても大変でしたが
立ち直りは早い方でした。
被災地の状態は、なぜこうも改善に時間がかかるのでしょう!
腹立たしくて、カッカしてしまいます。
私も、被災地のママさん達の手作り品を購入したり、紹介したりして
少しでも暮らしに役立つよう、協力しています。
by: くるあんママ * 2014/03/12 21:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1122-6f944229
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。