くるみとあんずの散歩道

2017 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

初体験!太巻き寿司

2014/01/19(Sun) 20:20
今朝!

DSC09452.jpg

嬉しくてわくわくして早起きしました。 

ずっと作ってみたかった太巻き寿司を

教えて頂くことになったのです。

いつもの公民館の調理室で、地元の太巻き寿司のカリスマ先生が

前以て140119_0955~01

用意して下さり140119_1019~01

ご指導に沿って組み立て140119_1042~01巻き簾で巻いたら

ジャ~~~ン!140119_1041~01

ありゃりゃ?

何、これ?140119_1051~03 - コピー
何を表わしているのか、って???

くすっ(*^。^*) 。。。

両側の卵焼きは雲を表していて、その下は菜花を混ぜた緑色の酢飯で山の斜面

ヤマゴボウ(小さな赤いの)は太陽、中央の白い酢飯は雪を被った山の頂

ピンクの酢飯は夕焼けを表しています。つまり

DSC09454.jpg


DSC09461.jpg

DSC09464.jpg


DSC09474.jpg


こんな景色を表そうとした…のですが。。。

みんなに大爆笑されちゃいました。でも

めげないぞー!何度も練習して、今年の恵方巻きは、

くるあんママ作・太巻き寿司だー!


午後は『安房地方・富山地区における富士山信仰』の講義があり

富士山信仰の歴史や信仰の広まりを勉強。

富士信仰って…現代の私たちはピンときませんが

富士の神様は浅間様。。。

中世以降は仏教と習合して浅間大菩薩と呼ばれたそうです。

浅間とは火山に対する呼び名として広く使われた言葉で、そういえば

あちこちに浅間神社ってありますよね?

度重なる噴火現象が神の存在を思わせた、と考えられます。


海の向こうの富士山ですが、古くから富士山信仰があり

安房から富士参りをした記録がたくさん残っています。

当時は、先達という富士講中を率いるリーダーが活躍しました。

山伏の様な修行をし、宗教者となり、

病気を治したり雨乞いをしたり延命など呪術や

富士講とお焚き上げ、孝行や忠義等の実践を行ったとのこと。

宗教的な意味合いと、道徳観を教えた、模様です。

その後、富士山まで行かれない人々にも信仰と道徳観が広まり

各地に〇〇富士とか、浅間神社、石碑・富士講碑など増えていきましたが

第二次世界大戦頃から高度成長期に、急速に作られなくなったそうです。


現代は、簡単に富士山の足元までは行かれますが

登るのは大変だし、それ以上に気になるのは

マナーの問題です。

ゴミが散乱している、と言われる富士山。

過去には

道徳観を教わり、信仰の地でもあった富士山の美観を

DSC09462.jpg


大切に守りたいと思いませんか?

クッキング コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

ママさ~~ん太巻きすご~~い!!

kimiは巻きずしなんてすうかいしかしたことないですよ~~

ママさんの太巻き・・・ごめんなさい
女の子の顔かな?っておもいました
可愛い女の子~~~失礼しました

がんばってくださいね!!!

kimiも太巻き巻いてみようかな???
できるかな~~~
by: kimi * 2014/01/19 21:17 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ、--

すごーい!太巻き寿司、何回かお作りになったんですね!
くるあんママ、のり巻きは1~2度作った…というか手伝った程度はあるのですが。。。
この地域は海苔巻ではなく
卵焼き巻なんです。
本格的なのはもっと分厚い卵焼きで巻くんです。
中身はお花や動物の顔になっていて。。。

そう!今回のは富士山ではなく
顔みたいだって、みんなに爆笑されました。
先生は「現代アートだと思って…」と。。。(^_^)v

味は美味しかったです。
これからも時々作って、上手になりたいです。
by: くるあんママ * 2014/01/19 22:17 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1076-f65012b0
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR