くるみとあんずの散歩道

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

叔母の新たな暮らし

2013/11/14(Thu) 16:10
これからも安心して叔母が暮らして行かれるように

新しい老人施設へ移りました。

今迄のところも環境、職員さんの対応…等々満足していましたし、

くるあん家から歩いて行かれる便利さも、捨てがたい魅力でしたが…。


新しい施設は夜間に急病になった場合でも、すぐ対応して頂ける安心感が

決め手となりました。


お世話になった海辺の施設に、叔母を迎えに行きますと、この1年半、

毎日のようにお会いしてきた入所者さん達が優しく声をかけてくれました。

今日でお別れであることは、皆さんに伝えていなかったのですが

なぜかいつもより強く手を握って、

「また会いに来てね・・・」と泣いてくださる方も。。。


皆さん、ほんとうにありがとうございました。

DSC08534.jpg

富士山も対岸から、叔母を見送ってくれました。


これからの叔母の暮らしは

PB110615.jpg


こんな景色に包まれています。

中庭をお散歩できますし
PB110616.jpg

館内もホテルのようです。PB120622坊や 伏せ姫にて最初の食事

叔母は恐れていた、慣れない環境への不安も言わず

おっとりとした暮らしがスタート。。。

ママを安心させてくれました。ま、それだけ

周囲が気にならない状態になってしまった、ということでしょうか?

気難しかった若い頃と違い、好き嫌いも言わなくなりました。

嬉しいような、寂しいような。。。



相変わらず食は細いですが、新しい施設の食事は喜んで頂いています。

お部屋からの景色。。。PB130626.jpg

くるあんパパママはこの山の反対側で暮らしています。

通うのが遠くなりましたが、行きだけパパに送ってもらい、

帰りは一日数本しか出ていないバスに乗って帰ります。

病院併設で安心な反面、離れてしまった寂しさが脳裏を離れません。

でも今の叔母は、どこにいても自分の家だと思っているようです。

DSC08535.jpg
毎日、遠い昔に飼っていたワンコの話をしている叔母。

くるあんのことは、とんと記憶にないようですが。。。

それでもママはいつも、「叔母さんの帰りを、くるあんも待っているよ」

と話しますと、嬉しそうに鼻に皺を寄せて笑う叔母です。

オバちゃん コメント:4 トラックバック:0
コメント:
--NoTitle--

オバさんの新しいおうちは素敵なところですね

でも近く?にいいところがあってよかったですね
安心が一番大事ですよね

ママさんおつかれさまでした
これからも無理なさらずにぼちぼちお互いに頑張りましょうね
by: kimi * 2013/11/15 21:03 * URL [ 編集] | page top↑
--☆kimiちゃんへ、--

ご心配おかけしました。e-466
今のところ、病気は無いのですが、
急に具合が悪くなった場合に備え、
この施設に移りました。慣れない環境を不安に思うのでは?とか、
もっと、不平不満を並べ立てるか・・・と心配でしたが
今のところのほほんとしていて
男性の職員さんをパパと呼び、
女性の職員さんをKちゃん(ママのこと)と呼んで
自分の家にいるつもりのようです。
院長先生が、頻繁に診察しに来て下さるので
これだけのことをしていただいて
それでもダメなら諦めがつくかな?と。。。

でもしばらくは安定した状態で長生きしてほしいと思っています。
昨日も明るく、食欲もあり、お喋りも絶好調な叔母でした。
by: くるあんママ * 2013/11/16 07:56 * URL [ 編集] | page top↑
--NoTitle--

パソコンの調子が悪くて ご無沙汰しています
叔母様 お医者様つきの施設に移られて良かったですね ♡
ママさんも安心されたことでしょう

気持ちも体調も安定され気持ちよく過ごされると思います 
by: トトロママ * 2013/11/16 09:54 * URL [ 編集] | page top↑
--☆トトロママさんへ--

こちらこそ、いつもご心配おかけして、スミマセンe-466
新天地での叔母は意外なほど穏やかに馴染んでくれていて
ホッとしています。
以前は「ここはどこなの?」
「私はどうしてここにいるの?」
「家に帰れないの?」
「誰が住んでいるの?」と毎日矢継ぎ早に聞かれ
真面目に答えても解ってもらえない上
返って不安な気持ちにさせてしまうのでした。

今回はそうしたことも言わず、心穏やかに
今の暮らしを受け入れてくれているので
安堵しています。
本来の神経質な性格が影を潜めてきた…ということなのかもしれませんが。。。
昨日も機嫌よく、食事もまずまず頂き
よく笑っていました。
こんな状態がいつまでも続いてほしいです。
by: くるあんママ * 2013/11/17 05:41 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://kuruan.blog.fc2.com/tb.php/1037-a75bc3ce
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR