FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2019 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

東京へ① 車検 & うまうま編 

2019/02/19(Tue) 13:40
久しぶりに東京へ行ってきました。

パパは時々、東京へ行く用事があったのですが、

ママは くるみの看病の間、付きっきりでしたし、

亡くなった後は喪失感で鬱っぽくなってしまい、

旅行や、東京へ行くなど、考えられない状態でした。

今回も、くるのお骨を家にひとり置いていくなんて・・・

とても気がかりで、迷い続けましたが、色々用事が重なり

意を決して出かけることになりました。

東京へ帰る用事①は車を車検に出すため。

これはそろそろ地元で…と迷いつつ、

長年ツーカーで話が出来るいつもの東京下町店へ。。。

電車を利用することが多かった東京の時と違い、

田舎暮らしは、コンビニに行くにも車なので、

瞬く間に走行距離数が進み、タイヤもすぐにツルツルになり

メンテナンスの必要性を強く感じます。

朝早く、岩井の家を出発。渋滞に合わず木場の自宅へ。

CHA-ネエへのお土産等、家に運び込み、その他のお土産は

友人宅に届け、そして車屋さんへ。。。

店長さん、社員の皆さんに歓迎され、

くるみへのお悔みの言葉も頂戴しました。

くるちゃん、こんなところでも応援されていたんだね?

車を預け、あんちゃんと一緒にお散歩を兼ねて、自宅へ。
DSC01888.jpg

相変わらず、小太郎臭い家で、しばらく

あんちゃんに留守番してもらい、パパママは久しぶりに

旧友の営むとんかつ常陸さんへ。。。これが

今回の東京へ帰る目的第②。

久しぶりのご馳走!

くるあん家とは30年以上のお付き合い。

ウチの子供達を可愛がってくださったご主人ですが、

60代半ばで天に召され、

知り合った直後、高校生だった息子さんがその後、跡を継ぎ

しっかり先代のお父さんの味を受け継いでいます。

厨房で働く姿がお父さんソックリで、胸が熱くなります。

マヨネーズも手作り。ポテトサラダももちろん手作り。

ヒレの筋を丁寧に取っていたお父さんの几帳面な仕事ぶりは

瓜二つな息子さんに継承され、その味も

しっかり反映しています。

ミックス(ヒレカツとエビフライ)と季節限定カキフライを
DSC01862.jpg
パパママ分け合いながら。。。

「超!美味しい~~~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦」

昼間から 飲んじゃった。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。えへっ

久しぶりの再会で話が弾み、胃袋も満たされ

ほろ酔い機嫌で木場の自宅へ。



夜は、CHA-ネエの帰宅を待ち、一緒にお出かけ。

実はこの日、日曜日で会社は休み。。。でも

休日といえど、家でじっとしているような娘ではありません。

この日はボランティアで、高齢者施設に出かけ

(本業はjazzなのですが、この日は)誰でも知っている

ポピュラー・・・プレスリーやカーペンターズの大ヒット曲

そして坂本九ちゃんの 上を向いて歩こう、など歌ってきたそう。


そしてこの日も一緒に活動してくださった、ギタリストさんに

ようやくお会いできました。 とても優しい音色で

ジャズを演奏し、娘を支えてくださっています。

録音したCDを聞くと、

音楽的には彼のほうが実力は上と、ママは感じています。

初めまして!お世話になります。。。と、

これが今回の東京へ来た最大の目的!③!

今後もよろしく~~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
saotomeke.jpg
あんちゃん、小太郎、きなこも一緒にいるの。
(あんちゃんは、パパママの隣。コタは足元に)

お店は 木場の家から歩いて7~8分の

牡丹町にある

DSC01884.jpgSaotome-ke←クリックしてね。

お好み焼きのイメージが覆され

お料理って、食材を活かし、控えめに

エスプリを効かせるものなのだ、と、日頃のママの

料理へのいい加減な姿勢を、大いに反省させられました。
DSC01868.jpg
沖縄の海ぶどうをつまみに、ポルトガルの白ワイン。

↓和のテイストのサラダのドレッシングには、

微かに柑橘系の香り、微かにお醤油の風味、そこに

シラス干しの塩気がアクセントに。このほどほど感が絶妙
DSC01872.jpg
次のサラダには生ベーコンとくるみ(多分粉状)が濃厚で

まろやかな風味を醸しながら、生野菜を引き立てて…
DSC01873.jpg
そして ステーキ。沖縄のクウス味噌。お肉とぴったり!
DSC01874.jpg
そろそろ酔が回ってきて、教わったウンチクの記憶がないけど、

赤ワインは確かスペイン産で、産地はどの地域だったかな?
DSC01875.jpg
お~っと!そこに真打 登場!

お好み焼きは小麦粉を使わず

米粉と秘伝の出汁、ハーブ塩で味付け。

お餅を周囲に取り付けてもらい、
DSC01876.jpg
白いとろりはチーズ、人参、エンダイブ等々
DSC01878.jpg
食器もおふたりの手作り。

好きなお酒を飲みながら、お喋りしていると

DSC01877.jpg
二枚目のお好み焼きが。

トマトソースとプルーン。生地は1枚目同様米粉の

ふわふわにお餅付き。じゃがいもも。
DSC01879.jpg
〆は卵ご飯。これもお店のオリジナル。

新鮮な卵を使い、スフレのようなふわふわを

鉄板で焼いた、優しい食感。
DSC01880.jpg
お店にはたくさんのレコードやCDが並び、

選んだ曲を素晴らしい装置で聞かせてくれます。

音楽イベントもしていて、音楽と食を愛する人の

憩いの場になっています。
DSC01882.jpg

おとなしくしてたあんちゃん、こたきな。。。

みんな、年を取ってきたのかな?

大事にしてあげなきゃ。

さ、帰ろうね?


翌日も東京で過ごしましたが、この後、少し

ブログお休みします。東京からお友達が遊びに来てくれるの。

4~5日後にブログアップする予定です。

では、またね♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦



スポンサーサイト
ウマウマ編 コメント:0 トラックバック:0

ウチご飯編

2019/02/11(Mon) 08:11
何を食べたか…記録する意味で

作った料理の写真を撮るようにしているのですが…

つい、完成した途端、パカパカ摘み食いしてしまい、

出来上がった綺麗な写真、ないんです。

ま。。。綺麗でもないけどね(´∀`)

そんな。。。

この1週間位のウチご飯を載せてみます。

この天麩羅…下ごしらえはママ。揚げたのはパパ。

言っちゃ何だけどその、揚げ方が下手で
DSC01836.jpg
エビが超硬かった(´・ω・`)

手伝ってくれたのに、文句言っちゃ、いけないね?

こんな風だから鬼嫁って評判になるんだσ(´┰`=)

他の天麩羅は、野菜(さつまいも、レンコン)そして自慢の

かき揚げ。新玉ねぎとムキ海老、菜花、しめじ。

玉ねぎは血液サラサラ効果があるので、

毎食食べるようにしています。

ホイル包は 銀鱈を酒粕・味噌・醤油に漬けて

エノキ茸、キャベツ等と一緒にオーブンで焼いたの。

お刺身はたまたま本マグロが手に入った!

ご飯は健康のため、白米に玄米の餅麦の他、

黒米を中心にした雑穀米18種類を入れて

浸水時間を長くし、きのこと油揚を混ぜて炊いたの。

血糖値が上がりにくいし、美味しいの!

他に胃の消化力が低いパパのため

大根おろし、ほうれん草のお浸し等々

鬼嫁にしちゃ、気を使ってる。( ´艸`)ムププ


天麩羅を食べた翌日は、軽~~い食事にしている。
DSC01838.jpg
本マグロが少しだけ手に入ったので、アボカドを添えて

茹で野菜も一緒に、金柑の飴煮(これはパパの作)も。

そしてこの小さな鯛。 パパが買ってきたのに

「可哀想だよな?こんな小さいうちに捕られちゃって…」

と言いながら、食べていました( ´艸`)ムププ


この後、数日、カロリー控えめな食事をしました。

すると、美味しくて野菜たっぷりで、体に良い食事、

作りたいな?って気になり、思いついたのが

餃子と春巻き。
DSC01848.jpg
若い頃から、上手く出来る時もあれば失敗も繰り返し…

ようやく手応えを感じている餃子作り。

① キャベツはレンチンして甘みを出す。

② 刻んだ野菜の水気は、ほどよく絞る。
   (ニラの水気は切らない)

③ ひき肉は良いものを買う。安いとまずい。
   野菜を混ぜる前に、ひき肉に塩を入れこねておく。

④ 味付け(醤油、酒、塩、砂糖、オイスターソース、胡麻油等)
    その時の野菜・ひき肉とのバランスを考えること。

⑤ 皮で包む前に 冷蔵庫で2~3時間寝かす。


等々。。。

春巻きは、

① ひき肉を使わず、しゃぶしゃぶ用の豚肉を細く切る。
   (この方が美味しく感じる。下味も付ける)

② 中に入れる野菜は好みで良いが、タケノコは絶対条件。
   この歯ごたえが良い。春雨も固く戻して入れる。
   干し椎茸も細く切る。生姜も絶対入れる。

③ 味付けはやや濃い目が合う。そして炒めた最終段階の
   片栗粉を、ドロドロに固めないよう入れること。我家は
   干し椎茸の戻し汁、醤油等調味料でよーく解き、食材に
   絡ませ、決して、片栗粉だけ固めないようにしている。

④ 春巻きも、皮で包む前に、暫く冷たい所で寝かす。
   必ず冷めた状態で皮に包むこと。


専門家から見たら、笑われるかもしれないけど、

我家はこれで、美味しく感じています。

餃子を包むのはパパの役目。プロ並みに上手!

ママは春巻きを巻く係。

この日も玄米餅麦入りきのこご飯にしたけど、

餃子と春巻きには、白飯が合うと思います。

DSC01849.jpg

我が家の朝食は、殆どこれ↓です。
DSC01850.jpg
何度もアップしたので繰り返すことになりますが

パパの胃腸と筋力アップを考えてのチーズトースト。

キャベツ(その他ブロッコリーも)にカニカマ、生卵をレンチン。

カリッと焼いたトーストに乗せ、とろけるチーズ、海苔

オーブンで焼く。 

トマトジュースにオリーブオイルをレンチン。

玉ねぎの酢スープ(白だし、ごま油、昆布)等。

これは血糖値が上がりにくい。超お薦め!


DSC01851.jpg

昨夜は、旬の野菜で精進揚げ。

ふきのとう。 菜花+新玉ねぎ+小エビ。



一応、健康を考えて作るようにしていますが

基本、食べたいものを作っておりますヽ(´▽`)/


DSC01670.jpg


くるちゃん、パパもママもあんずも元気にしているから

安心してね。

みんなで毎日、くるの幸せを祈っているよ。



クッキング コメント:0 トラックバック:0

春の訪れ

2019/02/08(Fri) 09:50
ここのところ、寒い日、暖かい日が交互に来ます。

自然の花も戸惑っているでしょうね?

くるみの平穏を祈り続けた神社の前で
DSC01841.jpg
今朝のあんちゃん。
DSC01839.jpg
神社には白梅が咲いています。
DSC01840.jpg
我が家の近くには
DSC01846.jpg
紅梅が。。。

そして海では。。。。、

毎年、真冬にクッキリ見えていた富士山が
DSC01842.jpg
年々、微かに霞んで見えるようになりました。

PM2.5が原因の一つでしょうか?

DSC01844.jpg
対岸の富士山から

手前の波打ち際に目をやると

こんな寒い日の冷たい海にもかかわらず
DSC01832.jpg
サーファーさんが、来ていました。

びっくり!です。
春の花 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。