FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2018 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

ハラハラ介護日誌 暖かい日

2018/03/16(Fri) 00:22
昨日(木曜日)いつものように動物病院で

点滴や注射を受けたくるみ。

そして家に向かい。。。

この日はとても暖かく、一気に春が来たような日。

本来ならくるみの健康にも良いはずの天候なのに…


神経が細やかなくるあんパパは、この日も

くるみの手足が冷たいことが気になり

小さな毛布で足元をくるんでいました。

そして足先が暖かくなると同時に

ほかの部分も暖かくなったようで

クルの体温が上がり、小さな痙攣をぴくっぴくっと。。。

この時ママが抱き上げ、アミノバイタルをシリンジで飲ませると

ぺちゃぺちゃと音を立てて飲み、痙攣も治まりましたが

心配なので、もう一度病院へUターン。

すでに休憩時間に入っていたのに

再び主治医が診察してくださいました。

熱が少しありました。

なにせ骨と皮状態のくるみなので、熱を下げるコツ

痙攣が起きた時の座薬の使い方、等等教えていただき

帰宅。

帰りの車の中でもシリンジでアミノ酸補給。

家に帰ってクルの首周りを…キンキンに冷やすのではなく

ウエットティッシュやソフトに冷やしたタオルなど当て

コマメに観察。冷たすぎないか、暑すぎないか?

体のあちこちにソフトな風をあて、そばで見守る。

くる、しばらく熟睡。 

徐々に熱も下がり、いつものお薬をしっかり飲み、

またも熟睡。

そして夜10時頃、沢山アミノバイタルを飲みました。




くる、ごめんね。

くるが熱を出さないように、 気をつけるよ。

くる、ありがとね、沢山飲んでくれて。

くるちゃん、元気になってね、くるちゃん!

こんなママですけど、今日もそばで生きていてくれて

ありがとうね♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

KIMG0500.jpg

スポンサーサイト



くるみの治療・介護 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR