FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2018 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

くるみの顔

2018/03/04(Sun) 07:34
ひとつ前の日記に、体重が少し増えた、とありますが

その翌日(昨日)増えた分、減っていました。(´・ω・`)

でも、数日前の、今にも虹の橋へ旅立って行きそうな不安は

一昨日辺りから多少軽減され…といって安心して見守れる程ではなく

緊迫した中にも、心持ち落ち着いた状態…といったところでしょうか。

1週間前。とても心配だった頃の顔つき…
Effect_20180224_142924.jpg
↑目が吊っているでしょう? 熱が出、

熱を下げる処置を受けたものの、ぐったりした状態が続きます。
KIMG0456.jpg
その後も、いつ急変するかと不安な日々。

心の準備を迫られているような気持ちを抱きつつ

毎日点滴を受けに病院へ。

元気だった頃、ぱっつんぱっつんだった服がブカブカに。↓
KIMG0458.jpg
外気に触れて良い状態の日は

大好きな庭のデッキで、日差しに当ててあげました。

暖かい春の空気を吸って欲しくて。。。

悩みの種は食事。考えつくことは手当たり次第にしています。

何か、突破口はないものか!? 日々模索しています。

自分から積極的に食べることはありません。

どうしてこうなったのか…

良くなっていたくるみがここまで衰弱してしまった理由が

解らないように、今にも消えそうだった命の灯火が

儚いながらも再び燃え始めた理由も解りません。 
Effect_20180303_163344.jpg
ママを悲しませまい、と頑張ってくれているのでしょうか。

ただ息をしているだけではありますが、顔の表情が
KIMG0466.jpg
心持ち良くなってきたような…

早朝5時、ここのところ食べようとしなかった栄養満点の缶詰を

60cc位食べました。でも、軽い痙攣が見られる時もあり、

良くなっていくのか、自信は持てません。

悲しそうな目でママを見るくるみ…
Effect_20180303_163602.jpg
「ママ、心配かけて ごめんね」

と言っているような。。。

いいんだよ、くる。。。。。 

パパもママも くるみと暮らせることが幸せなのだから。

生きていてくれるだけで、幸せだよ。

スポンサーサイト



くるみの治療・介護 コメント:4 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR