FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2018 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

くるみとの日々

2018/02/27(Tue) 06:36
一時、良い方向に向かっていたくるみの健康。

歩く練習をしたり、 血液検査の結果も問題なく

これから先、明るい老後をのんびり楽しもう、と

夢を描いていたのですが…僅かな間に

急激に弱り、本当になぜ?こんなに急に! と

信じられないのですが。。。
KIMG0452.jpg
食べ物を飲み込むこともできず

ぐったりと横たわっているだけです。

なぜ?  何が原因なの? 何が悪かったの?

昨日、病院で採血し検査。

良くなっていた肝臓の数値が、悪い方に激変していて!

なぜ? 体に良いことばかり選んできたのに!

昨年暮れ、行方不明から1週間後に救出された直後の

レントゲン検査で、肝臓に影があると知らされていました。

その時点では、衰弱しきっていた諸々の事態、無数の傷口

そこから来るであろう高熱から守るための処置が優先され

肝臓の影は後々調べよう、とのことでした。

当時のくるみは、先生方の熱意に応えるかのように頑張り

時折行われる血液検査の結果も、グングン良くなり、

肝臓への不安も感じさせない数値になっていったのでした。

それがなぜ?  

パパママが栄養のあるものばかり選んで与えてきたから、

その栄養が悪い方に取られいったためでしょうか?

KIMG0450.jpg

今現在、これ以上、頑張れ!と言えないほど衰弱しています。

ただ、残された日々を穏やかに、幸せに過ごさせてあげたい、

と思うばかりです。

パパママは、これからもあらゆることを頑張ります。

主治医・病院のスタッフの皆さんも、全身全霊で

くるみを思ってくださっているのを感じています。

奇跡を信じたい! 

生きていてくれれば良い。
KIMG0449.jpg


でも苦しませたくはない…今はそんな心境です。

皆様、いつもブログを通して応援くださりありがとうございます。

これからも、くるみのためにパワーをお送りください、

お願いいたします。



くるみの治療・介護 コメント:2 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR