FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2018 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

命と平和

2018/01/27(Sat) 10:34
夜中も、マイペースで振り回すが、だいたい

毎朝、4時頃には目覚めてバタバタ動き出すくるみ。

まず肝臓の薬と整腸剤を、栄養満点の食べ物に混ぜて飲ませると、

くるはその後、バタバタ暴れながら排泄する。

お尻を清潔にし、一段落。

つぎは、あんずのご飯。  ドライフードを湯でふやかし

おからを混ぜ(これ肥満解消の苦肉の策)、

キャベツと鶏胸肉を細かくし、目とビタミン剤のサプリなど

トッピング。そしてお散歩。

以前はくるみも一緒で、クルのペースに合わせていたけど

今は あんちゃんのGoing My Way
KIMG0368.jpg
この日は海岸に行ったけど、

くる、行方不明以来、ママは滅多に海岸に行かない。

海とか、山とか、広大なものを見ると、くるみ行方不明の時の

不安が蘇る。
DSC00727.jpg
この広いどこに消えたのか、どこを探せば良いのか。。。との

気の狂いそうな恐怖が脳裏を横切る。

でも、そこから少しずつ立ち直ってきた。

この日は、海を見ても、怖くなかった。

くるみが戻ってきた現実が、受け入れられたのだ。

救出直後は、くるみを探し回っていた感覚が染み付いてしまい、

あんずとの散歩時に、「くる~~!」と声を出して探してしまう。

そうだ、くるは、もう見つかったのだ。

探しまわらなくて良いのだ…

それが最近になってようやく、受け入れられるようになった。

こんな私を見る世間の人は、頭がおかしくなった、と感じるだろう。

自分でもそう思う。 自分がおかしくなったから

気の触れた人を、色眼鏡で見なくなった。人は皆、

いつ、恐怖の経験により、普通の状態でなくなるか、

自分をセーブできなくなるか、身に染みて体験した。


この体験を無駄にしたくない。

最も大事なものは、命であり、平和だから。


世の中のどこかに、今も、飼い主の元へ帰れない子、

連れ去られた子、苦難の道を生きている子がいる。

人の子の安全はもちろんのこと、動物たちの身の安全と

幸福を、守ってあげたいと、日々、願っている。

スポンサーサイト



クルミとアンズ コメント:2 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR