FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2017 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

東京へ 歌舞伎鑑賞

2017/12/03(Sun) 22:54
くるあんパパがこの秋、

長引く風邪で、どうなることかと思うほど心配な状態だったことを

先日ブログに書きましたが、それが治りかけた時期・・・

どうしても車で館山まで出かけなければならない事情ができ、

恐る恐る運転してもらった日のことです。

家ではカスれた声でボソボソ喋り、ヨボヨボ歩いていたパパ。

くるあんでさえ、心配そうに見送ってくれた状態のパパでしたが…

車に乗った途端、顔つきがキリッ!

ハンドルを握り、アクセルを踏むその様子が・・・

家でのヨボヨボぶりと・・・・・・違うっ!

全身に気迫がみなぎっているのが感じられます!



前を走行する車は・・・どれも

田舎ならではのんびり感を漂わせています。

トンネルに入るやスピードを落とし、当然ライトなど点けず、カーブに差し掛かるや

止まるかと思えるほどスピードダウン。曲がる手前でまずブレーキを踏む。。。

何でここでブレーキ?!・・・突然のことに驚きこちらも急ブレーキ。

後部座席の荷物倒れる。と、ここで徐ろにウインカーを出して曲がって行く前の車

操作が逆だろー!ヽ(`Д´)ノとパパ。  こうした意外なところでの意外な判断が、

パパにとって安全運転とは言えないらしく・・・抑えていた感情が高まっていき・・・

そして!ついに!江戸っ子ドライバー気質、炸裂!!

「何!もたもたしてるだァ~!」苛立ちのつぶやきにも張りが!!

突然の大声!突然元気になったパパに (゚д゚lll)・・・ビックリ!

やっぱりパパは車の運転が好きなんだね?



そんなパパですから、

文化祭出場の手伝いに来てくれたゆ~みんからプレゼントされた

歌舞伎鑑賞のチケットを、有り難く受け止め、

東京まで車で往復してくれると言います。

ちょっと心配でもありましたが

車に乗るとパワーがみなぎるパパなので

案の定、喜々として運転してくれました。



新しくなった歌舞伎座は、パパママにとって初めてで
2017-11-10歌舞伎座
外から見ると、以前の面影通りなのですが、中は広々とし、

以前の芝居小屋という雰囲気とはかけ離れた印象でした。
KIMG0189.jpg
昔は、ファンが毎月のように通い、同じ演目を1階席2階席、3階席と

あらゆる席で鑑賞し、(観る場によって魅力が違うそうです)

幼い歌舞伎役者を微笑ましく応援。

その子らが見るたび成長していくのを見守りつつ、その後

円熟味を増していく様子に心躍らせ・・・

更に渋い芸に、感動する・・・こんな

家族愛に近い感情で応援している人が多かったような気がします。


掛け声で盛り上げ、それに応えるかのような反応を示す役者…

芝居小屋全体が一体になっているような。。。

そんな温かみは、今回薄れていたような気がしました。



時代の流れとともに、芝居鑑賞も変わっていくようで

まだ交通機関が発達する以前は、土の道を長時間歩いてくるので

足袋や着物が汚れた状態で芝居小屋に着くそうです。

楽しみにしてきた芝居見物に、そのまま入場する訳にもいかず、

持参した綺麗な足袋や着物に着替え、身支度を整え、ついでに

お腹も満たす…そのための料亭が芝居小屋近辺に存在した、

と超高級料亭の旦那さんからお聞きしたことがあります。



ママの祖父母(明治20年代生まれ)の時代は、行楽弁当のような

手の込んだお弁当持参で、マス席に陣取り、食べたり飲んだり

掛け声をかけたり、賑やかに鑑賞し、時には

役者の演技に感涙したりしたそうです。


時代とともに、役者とファンの関係や、芝居小屋周辺の町並みも

変貌していくのですね?


この日は11月でしたが、忠臣蔵のおかる勘平の、悲しい最期の物語。

テレビなどで見る、若々しい寛平と、可憐で初々しいおかるとは

だいぶイメージの違う、中年太りのおかると、やさぐれた寛平でした。

   眉を剃った大年増なおかるに、仰天するくるあんパパ。

四十七士として、主君の仇を討つための

資金の必要な寛平に役立とうと

おかるは遊女に身を落とします。

「はぁ~~~~?!?ヽ(`Д´)ノ?」

何でこんな野郎に惚れるんだよー!(`Δ´)! くるあんママ心の叫び第1弾!

おかるの父の死は、実はならず者の手にかかった上、金も奪われたのですが

そのならず者を猪(?)と間違え暗がりで矢を放ち、殺めてしまった寛平は、

迷いつつ、金を奪ってしまいます。

おかると養母の待つ家に戻ったそこに、

運ばれてきた養父の死体には、あるべき金が無いことを知り

自分が養父と知らず、死に至らしめた、と誤解する寛平。

苦しみぬいて切腹します。

その息絶える直前に事の真実を知らされた寛平。。。。



バッカじゃね~?!? ママの心の叫び第2弾。

おかるは売られちまうし、親父さんは死んじまったし、

おっかさんは全てを失ったし

その大事なお金は。。。。く・く・く。。。゚(゚´Д`゚)゚  寛平!

死ねばいいってもんじゃないだろーーー!


(*´°ω°)はっ! こんな俗っぽいこと考えちゃいけない。

芸の魅力を鑑賞しに来たんだった!

歌舞伎役者の実力はすごいなー! ぺらっぺらな現代劇と

全然違う! 見ごたえのある、お芝居でした!

褒めたり貶したりして(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン。。。

帰りも気迫のあるパパの安全運転(?)のお陰で、あっという間に帰宅しました。

ゆ~みん、見応えあったよ! ありがとう~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦




スポンサーサイト



思い出 コメント:0 トラックバック:0

文化祭色々

2017/12/03(Sun) 10:27
東京から南房総へ、人生の楽園を求めて5年あまり。。。

お友達の輪が広がったのを、しみじみ感じたこの秋でした。

田舎では町々で文化祭が開かれ、

日頃のサークル活動の成果を披露するのです。

鋸南町の文化祭に、親しくしている方が出場されると聞き応援に。
DSC00341.jpg
タンゴを7組で踊っていらっしゃいました。

館山の南総文化ホールでは
フラダンス
お友達グループがフラダンスを。



さらに外房と内房の真ん中近くに三芳という

整備された広い道、人気道の駅、里見八犬伝ゆかりの山城もある町で

活発な文化活動が行われています。

その文化祭で、パパママの知り合いのメンバーが、

午前中社交ダンスのルンバに出場されたのですが、

残念ながらママは所要で間に合いませんでした。午後には

全員参加での“きよしのズンドコ節”で、場を盛り上げているのに間に合いました。
ズンドコ全員


さて。。。

パパママは地元の町の文化祭で
文化祭5
ワルツとタンゴのフォーメーションを。。。
文化祭6
二人とも未熟なので、それぞれの先生に踊っていただきました。
8
ピンクのドレスをお召の女性コーチと踊っているのが 病み上がりのくるあんパパ。

パパはダンスを始めて1年半・・・あの歳で、その上、発表会直前

ひと月以上も病気で練習を休んだ上での、初舞台。大きな間違いもなく

淡々と踊っていました。普段、生徒を褒めることのない先生からも

上出来だった!とお褒めのお言葉をいただきましたこと、

舞い上がるほど嬉しく感じました。
文化祭7
ブルーのドレスがママで、先生の巧みなリードで、間違えずに踊ることができました。

東京にいたころ、何度かデモに出場する機会がありましたが

こんなに熱心に教えていただき

こんなに踊り終えて気持ちの良い体験は初めてでした。

先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも、先生の熱意についていくよう努力いたします。

この日、忙しい仕事の合間に駆けつけてくれた次女ゆーみん。

ママにメイクを施し、写真や動画を撮ってくれ、慌ただしく高速バスに乗り

東京へ戻って行きました。

サークルのお友達もたくさん応援に駆けつけて下さり、みなさんから

労いのお言葉をいただきました。

先生、お友達の皆さん、ゆーみん、ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

ダンス コメント:0 トラックバック:0

この秋・パパの体調

2017/12/03(Sun) 09:14
ここ数ヶ月、すっかりサボり癖が出て、ブログを休んでしまいました。

9月初めにちょっと触れたのですが、

その時期、パパママが通っているダンスサークルで風邪が蔓延・・・

パパに教えてくださっている女性の先生始め皆さんに広まり

ついにパパも・・・こんなに長く寝込んだことがないくらいでした。

高熱が長引くのであれば、入院してもらうのですが、高熱は一時的でその後、

微熱が出たり下がったり、咳が延々続き、風邪薬で胃を痛め食べられなくなり

お粥程度の食事を約1ヶ月近く続けたほどでした。

筋肉がめっきり落ち、痩せている体が更に痩せ、

それがめきめき治ることなく、長引いたので、パパ自身はもちろん

ママもかなり落ち込みました。

もちろん、入院や病院通いを進めるのですが、

大の医者嫌いのくるあんパパ。頑として受診しません。

去年も風邪をひき、病院でお薬を頂いたのが

体に合わなかったのか、胃を痛め、回復に日数がかかった経験が

頑なに病院に背を向けてしまうのです。

今回も、風邪そのものより、胃が辛い状態が続きました。

食べられないということは、栄養が取れないということであり、

治りが良いはずはありません。

病院で点滴を・・・と勧めても、血管が細いから注射針が痛い!点滴は嫌だ!とか

かすれた声で、あ~言えばこ~言います!(´ε`;)


栄養のある食事を用意すると戻してしまいますし、いろいろ手を尽くし

本当にママが入院したいくらい疲れました。


1ヶ月近く一進一退しながら食事も戻さなくなってきました。

高麗人参や黒にんにく、もろみ酢などのサプリも、

いきなり始めると受け付けない体質なので、徐々に取り入れ

ユンケルも毎日飲ませ、少~~しずつ回復しました。

家の中をヨチヨチ歩くことから始まり、

食べ物の範囲も広がり、ワン散歩もすこ~しずつ再開。

痩せやすい人は簡単に痩せられるんだ…って身近に実感しました。

さて。。。

1ヶ月以上ママとだけで散歩をしたくるあんは、

最初戸惑っていましたが、すぐ慣れました。
DSC00290.jpg
あんずは、普段元気いっぱいですが、こんな時、

とても情の厚い性格を見せ、パパを気遣っているようでした。



ママは自慢じゃありませんがペーパードライバーなので、

パパが寝込んでいる間

日常のお出かけが不自由でしょう?と皆さんに心配され、

多くの方のお世話になりました。

とても感謝していますが、ママは以外にもスローライフを楽しんでいたのです。


お米やトイレットペーパーなど、重いもの・かさ張る物は

週に一度の生協に届けてもらい、その日、必要なものは

リュックを背負って買い物に行きました。これが程よいハイキング~♪

とても気持ち良い!

歩いていかれない所は、徒歩8分の駅から1時間に1本の電車で・・・。

今まで車で30~40分だった館山豊津のレッスン場には

電車とバスを乗り換え、3時間くらいかけて通いました。

でもこれ!以外に楽しかったのです。

まず電車ですが、ホームの待合室では必ず知り合いの方に合い、

しばし世間話。その後、車窓から見る景色が新鮮!

山間に、静まり返った自然や素朴な小屋を発見した時の

ドキドキ感!!あの小屋に何があるの?あそこにどうやって行くの?

誰か住んでいるの? いつから住んでいるの?先祖はどんな人なの?

物語が次々浮かんできます。



そしてバスでは、いつもと同じ道を走っているのに、

我が家の車と高さが違うので、今まで見えなかった景色、

気付かなかった家々。塀の中の庭の光景。。。

意外なところにある細い路地。そこにある古い井戸。

新しい発見にワクワクしました。


今、パパが回復し、一緒に車で出かける日々が戻り、

時間短縮し、体力的にも楽ができ、有難いのですが

あののどかな景色を眺めながらの、のんびりした暮らしこそ

田舎ならではの魅力と感じています。


健康 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR