くるみとあんずの散歩道

2015 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

みんなでクッキング~♪ ピール

2015/04/29(Wed) 14:56
稼働率が悪くて取り壊し問題に直面していた

山の加工所。

仲良しママさんたちと頑張った甲斐があり

それがここに来てちょっと前進、取り壊しは延期に。

良かった良かった~。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

4月27日は 夏みかんピールとジャム作りに挑戦。

まず水に夏みかんを漬けておき、タワシで汚れを落とす。
DSC04617.jpg
そして湯を沸かす間に
DSC04620.jpg
汚れを落とした夏みかんの表面を
DSC04629.jpg
ピューラー(チーズおろしが適している)で軽くこすり苦味を抑える。

これを4等分して、ワタの付いた状態で皮を剥く。
DSC04635.jpg

その頃、湯が沸くので夏みかんの皮を10分茹で
DSC04636.jpg
加工所では次々つくるので冷水に取り、
DSC04645.jpg

家庭では量が少ないので、冷水に取らなくて良い。

これを2~3回繰り返しアク抜きをし水を切る。

少量食べ、まだ苦味が強すぎるようであればもう一度煮る。

ここまで加工所で行い、以下は家庭でするが

講師が家庭用鍋で実演指導。

鍋に水と砂糖(どちらも皮と同量)を入れ火にかけ
DSC04659.jpg
茹でた皮を入れ、沸騰したら火を消す。これを三日間朝晩繰り返し、
DSC04667.jpg
三日目の晩煮たあと、終了。ひと晩寝かせる。
DSC04670.jpg
翌朝、皮の汁気を切り、バットに広げラップをかけず冷蔵庫へ。

1週間を目安に冷蔵庫で乾燥させる。

冷凍する場合、この乾燥した状態で皮をラップに包んで冷凍庫に。
DSC04655.jpg
乾燥したら1~2センチ幅に切り、グラニュー糖をまぶしたり
DSC04638.jpg

湯煎したチョコレートでコーティングし、
DSC04685.jpg
DSC04687.jpg


冷蔵庫で冷やし固める。
DSC04692.jpg


このあと、残った夏みかんの中身でジャムを作りました。

つづく。。。



クッキング コメント:2 トラックバック:0

自然の恵み

2015/04/26(Sun) 13:20
山から掘って来てくださった 筍を

せっせと 茹でて 調理して・・・

筍ご飯、筍のフライ、筍の天ぷら、煮物等々筍づくしを

頂いておりましたが…もうレパートリーがなくなっちゃったヽ(;▽;)ノ

そこで、苦肉の策で 筍のステーキなんぞしてみたら

意外や意外、美味しくできました。

茹でた筍を1~2センチ厚みに切り、

筍の水気を切り、ペーパーでふき

油を敷いたフライパンへ・・・

両面狐色に焼いたらそこに、お醤油とみりん同量(少なめ)

色づくように絡めたら、バターで香り付け。

おかずにも、酒の肴にも…ぜひお試しください。

筍襲来に一区切りつき、ホッとするまもなく

蕗の襲来、これもてんこ盛り~~

せっせと調理しています。真ん中がフキの佃煮。
DSC04615.jpg
串カツは豚ロースと新たまねぎ。

魚介のサラダ・苺ソース。

ししゃもの唐揚げ カレー風味。

小松菜とあさりと油揚げの煮浸し。等など。



くるあんはシャンプーしました。
DSC04611.jpg

いい香りです。DSC04612.jpg


P4230173.jpg

P4230170.jpg
クッキング コメント:4 トラックバック:0

春の花

2015/04/23(Thu) 19:24
毎日御夫婦で手入れをしていらっしゃる

我が家の前のお宅のお庭は整然とした美しさです。
DSC04581.jpg
ママは密かに“Beautiful Garden”と呼んでいます。

それに比べて対照的な我が家の庭を
DSC04600.jpg
ご覧下さい。
DSC04599.jpg
自然な魅力ですね?とBeautiful Gardenの奥様の
DSC04595.jpg
優しい表現に救われています。
DSC04607.jpg
自然に生えてくる姫金魚草。。。( ´艸`)ムププ

庭でくつろぐあんちゃんを 見張るクル(窓辺で監視中)
DSC04604.jpg
姉御の視線に気付いて、慌てて駆け込む あんず
DSC04605.jpg
そんな くるみとあんずを見守るように
DSC04608.jpg
咲き始めた花々が、春の訪れを告げています。

自分の庭は草ぼうぼうなのに

パパママは駅前花壇のお手入れに参加。
P4230161.jpg
汗びっしょりになって
P4230163.jpg
ボランティアの皆さんと雑草を取りました。
P4230165.jpg
GWに訪れる観光客の皆さんを歓迎する
P4230166.jpg
駅前の 花々です。
P4230168.jpg
春の花 コメント:4 トラックバック:0

竹の子

2015/04/20(Mon) 06:21
すっかりブログさぼってしまいました。

弁解ですが、この時期次々と筍を頂戴し、

その下処理や、調理に追われていたの。
DSC04417.jpg
どこかにたけのこの天ぷらが↓ 混じっているんだ(●´ω`●)ゞてへぺろ
DSC04392.jpg


都会で暮らしていた頃は考えられない状況です。

本当に有難い…と感謝しつつ

は…早く茹でなきゃ、えぐみが出ちゃう…とオタオタしています。

で、毎日毎日竹の子のオンパレードを食してきたので

何とか保存できないか…と田舎暮らしの達人の指導のもと

竹の子の瓶詰めを教わることに。。。

これを加工所で町の皆さんとご一緒にする予定だったのですが

今年はイノシシ被害で筍が激減しており

全員に行き渡るほど竹の子が手に入りません。 で。。。

すみませんね、個人的に達人の指導を受けた、ってワケです。

まず、いつもどおり下準備。

①竹の子は外皮をむき、先端を斜めにちょこっと切り

 全体は身の手前で皮に切り目を入れておき

たっぷりの湯で茹でます。茹で時間は竹の子の大きさにより

30分から1時間半。 茹で汁に漬けたまま冷ます。

皮をむき、流水で洗い、水にひと晩つけてさらしておく。
(この水が暖かいと腐敗しやすい)

②筍を瓶の大きさに合わせ、やや短かめに切り

瓶はもう一度煮沸し殺菌する。(熱いうちにビンに詰める)
DSC04566.jpg
蓋は長時間煮沸すると変形してしまうので、10秒くらい。

では本番です。ご近所の広ーいキッチンをお借りして(笑)

熱い瓶に、熱い竹の子を入れてこそ日持ちするので

③もう一度グツグツ茹でる。
DSC04567.jpg

④茹でている間に 保存液0.2%のクエン酸水を用意しておく。

割合は熱湯1.5リットルにクエン酸3グラムを

作る量に合わせて用意する。ここではその3倍で作りました。
DSC04569.jpg

⑤茹でた筍を熱いうちに瓶に入れ(このグローブがすぐれ物!)
DSC04571.jpg
できるだけギューギューに隙間なく入れる。
DSC04574.jpg

⑥この後、クエン酸水を瓶に溢れるほど、なみなみ入れる.

ここで終わらないのが保存食。

⑦軽く蓋を閉め、大鍋に瓶が3分の1ほど浸るくらいの湯を沸かし 
DSC04576.jpg
クエン酸水入の竹の子の瓶を入れる…前に要注意!

この時のビンの蓋は一度閉め、半分戻す…つまり緩く閉める

ここでは鍋の蓋をして30分煮、脱気する。これが1回目。
(ビンの空気が抜け、真空状態になる)

⑧鍋の火を止め、一度瓶を取り出し、蓋をしっかり締め直す

完全に密封したら、もう一度鍋に入れ湯が足りなかったら

瓶の3分の1になるよう補って30分、蓋を開けて煮る

⑨30分後、瓶を取り出し逆さまにし、ひと晩冷却する。

製造年月日を記入したラベルを張り、涼しい所で保存する。
(半年~1年は保存できる)


瓶を開けるときは、瓶を逆さまにし、熱めの湯に

蓋を漬けてからギュッとすると開けやすいです。

保存食は便利ですが、やはり採れたてを茹でてを調理する美味しさに

叶う物はありません。でも、ちょっと困ったときに代用したい!

この後、夏みかんのジャムやピールにチャレンジして

詰め合わせセットにするのが、ママの夢です。

くるあんのお友WANちゃんたち、楽しみに待っててね~
DSC04590.jpg
クッキング コメント:4 トラックバック:0

お花見親睦会

2015/04/09(Thu) 00:34
4月1日、

くるあんママの体調を案じて下さるダンス仲間の皆さんが、

ご馳走持参で我が家に集合!

くるあん家の庭越しに見える、花桃やソメイヨシノの借景を
DSC04542.jpg

眺めながらの お花見親睦会となりました。
DSC04538乾杯

ダンス談義をわいわいおしゃべり~(*´∀`*)
DSC04532.jpg
このメンバーは、すごく芸達者で
DSC04531.jpg
才能ある人たち揃いで、今日お持ちいただいた
DSC04533.jpg
お料理も めっちゃめちゃ美味しくて感動ものなの!

お店でいただくお料理やケーキ、って感じ!(*^^)v

今年に入ってから、こうして時々集まっては、食べたり飲んだり
DSC04534.jpg

笑ったり踊ったりしています。

とっても楽しいメンバーに恵まれ、ママはとっても幸せです。
DSC04535.jpg
DSC04536.jpg
ママの作った肉じゃがが地味だけど、意外な程、評判良くて、
DSC04537.jpg
ホッとしました!
DSC04540ダンス仲間花見の集い
DSC04553.jpg

DSC04543.jpg
杏の花、まだ咲いているよ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
DSC04550.jpg
エクササイズ コメント:4 トラックバック:0

花見の会 バーベキュー

2015/04/08(Wed) 09:23
大房岬の戦争遺跡を見学した後

九条の会のお仲間のお宅でBBQをして頂くことになり

疲れも吹っ飛び、行ってまいりました。

我が家と同じく、他の地区から移住されたそうですが

我が家と違って、山全体をお持ち、というスケール!

す・・・すごーっ(°0°)!!DSC04518.jpg

景色もこの通り左手遠くに

伏姫伝説で有名な 我が町のシンボル 
DSC04496.jpg
富山DSC04509.jpg

右手に 今にも落ちそうな岩が頂上に 張り付いている伊予ヶ岳
DSC04521.jpg

と、我が町を代表する山が見渡せ
DSC04508.jpg
敷地内の山全体に広がる、畑や樹木が
DSC04510.jpg
春の日差しを浴びながら迎えてくれました。
DSC04514.jpg

メンバーの皆さんが、野菜やお肉を焼いて下さるのを
DSC04500水野庭BBQ
眺めながら
DSC04501水野BBQ2

何もしないで 食べる専門のママ。
DSC04504.jpg
DSC04505.jpg
もっともっとご馳走たくさんあったのですが、食べることに夢中で
DSC04502.jpg
写真撮り忘れ。。。ヽ(*´∀`)ノ
DSC04507.jpg
楽しく、お腹も満たされました。
DSC04508.jpg

南房総九条の会の皆様、お世話になりました。

これからもよろしくお願いします。
九条の会 コメント:2 トラックバック:0

大房岬 戦争遺跡②

2015/04/04(Sat) 18:59
DSC04445.jpg
大房岬の戦争遺跡の概要を

九条の会のH先生に教えていただきました。

要塞となったのは…

戦国時代に安房を平定した里見氏の狼煙台から始まり

幕末の砲台へ。。。

日露戦争直前の艦砲射撃的跡

第1次世界大戦後のリサイクル要塞跡(1928~30)
    砲塔・観測所・証明書・掩灯所・発電所

第2次世界大戦・アジア太平洋戦争時
    陸軍の兵舎跡
    海軍の魚雷射堡

これらを掘り下げて説明してくださいます。



昔の絵地図を示され話してくださったここは
DSC04451.jpg
岬の第二展望台に近づいたところで
DSC04455.jpg
地元に伝わる↓昔話が残っている増間島は
DSC04456.jpg
この右手に見える島です。
DSC04458.jpg
masumajima[1]

信仰の岬から、首都防衛の基地になり、黒船に備えた砲台から
DSC04465.jpg
コンクリート造りの、帝国陸軍の要塞になりました。
DSC04468.jpg
きっと国民の多くは食べるものにも苦労していたことでしょうが
DSC04469.jpg
盗掘にあった部分は傷んでいるものの、コンクリートそのものは
DSC04472.jpg
ビクともしない立派なものでした。
DSC04475.jpg
探照灯とはサーチライトのことで照射距離は
DSC04477.jpg
暗夜の良好な気象状態で7~9kmだったそうです。
DSC04478.jpg
発電所は探照灯用のもので50馬力、27キロワットのディーゼル発電機が
img131[1]
2基設置されました。


さて、戦争で死亡した軍人と民間人の割合を教えていただきました。

時代とともに、驚くような割合に変化して言っています。

第1次大戦    軍人95%   民間人5%

第2時大戦    軍人52%   民間人48%

朝鮮戦争     軍人16%   民間人84%

ベトナム戦争   軍人5%    民間人95%



平和な今、こんなのどかなキャンプ場になっていますが
DSC04480.jpg

海蝕崖の海岸には

DSC04490.jpg
魚雷射堡(魚雷発射基地)が・・・。
img134[1]
gyorai[1]
洞窟内の魚雷数発を1発ずつ台車に乗せ格納しておき

敵艦が現れると水中まで惹かれたレール上を」台車に乗せたまま押し出し

逐次発射するものだったそうです。

DSC04491.jpg
莫大な費用を投入して備えた要塞の数々ですが
DSC04492.jpg
実際は、航空機などの新兵器の出現により
DSC04493.jpg
使われることもなく、戦争遺跡となりました。




九条の会 コメント:0 トラックバック:0

大房岬 戦争遺跡①

2015/04/03(Fri) 18:11
3月30日  晴れ渡る空の元、

南房総 九条の会の 富浦・戦争遺跡の勉強会に
DSC04420九条の会富浦戦場跡地勉強会
参加しました。

直前まで、腰痛で1ヶ月近くグ~タラしていたくるあんママ。

痛みは軽減したとは言え、休み休み動いていたため筋肉もめっきり低下。

「まだ無理だよ」とパパに言われ、自分でも心配だったのですが

以前からこの戦争遺跡の勉強会を楽しみにしており

どうしてもダメなら一人で引き返そう…と覚悟の上の参加でした。


千葉県南端の館山から、内房に沿って北に上がったところに
DSC04554.jpg
東京湾をはさんで、三浦半島と向き合い
155041821399[1]
湾の入口に突き出た形で
142528[1]
首都防衛の基地・大房岬(たいぶさみさき)がありました。

この岬は2000万年前に出来たと推定されています。

岬の北側の地層と南側の地層が、お互いに押し合った圧力から

中央部が向斜構造になっています。

現在ではホテルや少年自然の家・キャンプ場などの合間に
map_taibusa2[1]
数々の戦争遺跡が、満開の桜に包まれるように点在しています。
DSC04429.jpg
ここ↓は第二砲塔の跡で、砲台は撤去されています。
DSC04432.jpg
この岬にあった砲塔はワシントン軍縮会議により廃棄された帝国海軍の

巡洋艦の副砲(鞍馬か伊吹のものでは?)が配備されていました。
DSC04434.jpg
砲塔のそばには弾薬庫があります。
DSC04433.jpg

もうひとつの砲台のそばにも弾薬庫。
DSC04437.jpg
弾薬庫の内部に4つの小部屋がありました。
DSC04440.jpg
そして次の戦争遺跡へ。。。
DSC04425.jpg

自分としては一生懸命歩いているけど、皆に追いつけない・・・
DSC04428.jpg
(*´д`*)ハァハァ
DSC04443.jpg

この大房岬は7世紀後半の役行者(えんのぎょうじゃ=山岳修行者)
DSC04446.jpg

に寄る修験道としての信仰の岬となり、その後

黒船来航をきっかけに

首都防衛の任務についた、と言われていますが…

実際には田沼意次の時代から、夥しい数の外国船が

行き来していたそうです。

今日はここまでにしておきます。

長い時間PCに向かっていると、腰の痛みが再発するので…。

大房岬はとても美しい岬で、海の向こうに富士山が見え、

桜が咲き誇り、そのところどころに戦争の遺跡が

光と影を感じさせました。
DSC04423.jpg
九条の会 コメント:4 トラックバック:0

お久しぶりです♪

2015/04/02(Thu) 11:25
全国の『くるみとあんずの散歩道』のファンの皆様((°0°)!!(。・m・)クス

ご心配おかけしましたが

ママの腰痛は一進一退しつつ

動ける範囲が広がってきました。

初めてDSC04408.jpg

先週、庭のあんずの樹に、花が咲き始めたので

久しぶりに庭に出て写真を撮っていたら

クルが「ママ~~~♪」と駆け寄ってきました。
DSC04528.jpg

あんずの花は毎日咲き続け、こんなに。。。
DSC04524.jpg
咲いています。
DSC04523.jpg

借景の桜や花桃も見事でしょ?
DSC04541.jpg

パパの部屋からの眺めは、こんな感じです。
DSC04416.jpg

浪速のカルメン(るるららママしゃん)から贈り物が!
DSC04410.jpg

ありがとね~~~♪DSC04412.jpg
毎日、頂いていま~す♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

美味しいで~す。。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

あんちゃんは最近、すぐ 庭から脱走して、パパの御用になっています。
DSC04414.jpg
健康 コメント:6 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR