くるみとあんずの散歩道

2014 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

体験!かまぼこ作り

2014/01/31(Fri) 03:50
海辺の町のボランティアの先輩方とご一緒に

かまぼこ作りを体験してきました。


マイクロバスに乗って小田原へ~。。。

小田原は、南房総よりやや気温が低く感じましたが

DSC09530.jpg
梅が咲いていました。

DSC09531.jpg


衛生管理の指導を受けた後

DSC09545かまぼこ

すでにすり身になっているお魚(ぐち)を

更に叩いて

DSC09547.jpg

伸ばして。。。を何度も繰り返し(空気を抜きます)

DSC09552.jpg

いよいよ板登場。

DSC09554.jpg

三角になるよう
DSC09556.jpg

よっとこしょ!
DSC09562.jpg

ありゃりゃ? ママのは出来が悪いね?(^_^.)
DSC09564.jpg

焼きちくわも作りました。
DSC09580.jpg

相変わらず不器用なママです(~_~;)

だれですか? 作者の体型が反映してる!って言ってる人!?


今日はこれからかまぼこオードブルを作り、新年会に参加してきまーす(^^)/


スポンサーサイト
ボランティア コメント:2 トラックバック:0

意外な誕生日② お好み焼き

2014/01/29(Wed) 11:43
東京の家の片付け・お掃除は

1泊の予定でいたものの、思いがけず手こずりまして…

ひと組だけ持参した着替えを、毎日洗っては乾かして着て…

を繰り返し、結局5日ばかり滞在しました。


思えば思春期の頃のCha-ネエは

パパママの存在を、「ウザったい」と決めつけ、

時には心を閉ざしていたり

一人暮らしに憧れを抱いていた筈なのに。。。今では


「ただいまー!」と言うと「お帰り」と言ってくれる人がいるのって

いいね。。。(*^。^*) 

帰って来ると暖房が入っている家っていいね?

話す相手がいる家っていいね?


と、思春期の彼女とは別人のよう。。。


断捨離に費やしたい時間も、お喋りの花を咲かせてしまい

なかなか思うように はかどりません。


でも、気持ちが前向きになってくれるのが一番かもしれない、と思い

キレそうになる苛立ちを抑えて、仕事や趣味の話に耳を傾けるママでした。


Cha-ネエは仕事での疲労が蓄積しているようでもありました。

だから家では食べて、ワン散歩して、お風呂に入って寝る…毎日のよう。

DSC03354.jpg


女性が仕事を持つのは当然な時代ではありますが、

みんながしていることとはいえ、大変なのですね~。。。


さてさて、肝心な片付けですが・・・


今回は叔母のウォークインクローゼット、ママの二つのタンス、押入れ一間を

カラにし、中身を仕分け、Cha-ネエの衣類を移動。

もちろんCha-ネエの部屋にも大きなウォークインクローゼットがあるのですが

入りきらないの・・・(>_<)買い物依存症なのかな~?

呆れる程、あるの。安っちぃ服が、信じられないほど大量に。。。

あまり一度に出すのも恥ずかしいから、明け方暗いうち

誰も見ていない時に、大きなゴミ袋10個以上も出したのだけど

まだまだまだまだある。。。(>_<)

靴もあるあるある。。。

Cha-ちゃん、前世はムカデだったんじゃないの?ってママは呟く。(~_~;)



張り切って出かけ、5日もかけた割にはキレイとは程遠く。。。

イメージ的には、山々を切り崩した段階に終わったような気がします。

これから更に仕分けをし、捨てる物、保管する物をきっちりし、

家中をキレイな整地にするには、しばらくかかりそうです。

そして今更ですが、例の東日本大震災の時と、その後の地震により

(東京の家は重量鉄骨なのでペシャンコになる恐れは少ないのですが)

家の中に見えない歪みや亀裂が生じているかもしれないので

専門家に調べてもらったうえ、必要とあれば

それらの修復もしなくてはなりません。

道は険しいですが、全てきちんとしたらすごく、気持ち良くなると思います。

そして、その後は好きなように暮らしてほしい。。。


こうして5日経ち、ママが帰る前夜、

落ち着いてお喋りしよう、と外で食事。

Cha-ネエの希望で、自宅近くのお好み屋さんへ。。。




P1270025.jpgP1270026.jpg
P1270028.jpgP1270030.jpg
P1270031.jpg←これ!チーズとお餅がカリッと焼いてあって美味しいー!
三日前、誕生日だった、と言ったらお店からのサービスで。。。
P1270034.jpg

キャ~~嬉しいー!ありがとー!


翌朝、Cha-ネエを送り出し、ママは大学の公開講座へ。

パパも強風の中、車で駆けつけ、この日は考古学の教授による

5世紀に数々作られた百済の前方後円墳を一緒に勉強。


そしてその後、5日ぶりに海辺の我が家に帰宅しました。

こんなに長く くるあんと離れたことは今迄にありません。

この5日間、

ママは毎日パパに電話をして くるあんの様子を聞いていました。 

携帯電話からママの声が聞こえると、家中探し回っていたという くるあん。

P1280037.jpg

ママも会いたかったよー。

この日、まるで10年ぶりに会ったかのようにキャンキャン♪

P1280038.jpg


寂しい思いさせてごめんね。

P1280039.jpg


しばし興奮が治まりません。

P1280040.jpg

パパも5日間お疲れ様でした。

さ、海と空が広がる町をお散歩しようね。
誕生日 コメント:4 トラックバック:0

意外な誕生日

2014/01/28(Tue) 22:03
1月24日金曜日・早朝。

ママは足早に自宅を出発、最寄りの駅へ。。。

特急電車に飛び乗り、一路東京へ。


いつもは我が家の車(パパの運転)で行く東京。

ごくまれに高速バスで行く東京。



それがこの日はママひとり、電車で。。。


車窓から見る景色は素敵~~~♪


P1240005.jpg

え? なぜママ一人で…って?

別に家出じゃないのよ。(~_~;)


東京の家をお掃除しに・・・



日頃、施設の叔母に寂しい思いをさせないよう、

出来る限り面会しているママですが、

ここに来てインフルエンザ感染予防のため外部の接触(面会)禁止となり

それなら、今だ!と東京の家、泊まり込でのお掃除を決意。

パパはくるあんと海辺の家でお留守番してもらい、

ママだけで頑張ります!ということに。


東京の家に着き、迷うことなく(Cha-ネエの衣類を)

断捨離するぞー!と意気込んではいたものの、

何を捨てて、何を残しておくべきか、ママが勝手に判断できないので

まずは水回りから。。。

二つのキッチン(叔母のと、ママの)と二つのトイレ、お風呂場。。。

今では家中Cha-ネエに私物化されているのです。。。(>_<)

ハイターやクレンザーなど使いながら、わき目も振らずゴシゴシ!

指先が裂けて痛い!

一通り水回りが終わると…ここでかなり疲れが。。。



座り込んで出来る事しよう!そうだ、ママの昔のノートを捨てよう!

学生時代の日記も出てきた。

詩もどき・短歌もどきが何冊も。

超ダサい内容に腹がたつやら落ち込むやら・・・

人に見られないよう細かく破ってゴミ袋に・・・


あ~生きているうちに処分出来て良かった。こんなの

死んだあと子供に読まれたら、お墓参りのたびに馬鹿にされて

笑いものになってるよ。


その後、叔母の鎌倉彫の小引出の中も断捨離。

40年も前に84歳で亡くなった祖母の健康保険証まで仕舞ってあった。

次々に出て来る家族のささやかな記念。

叔母がどんなに家族愛が深い人か、改めて感じ入る。。。


実は、叔母の荷物の整理整頓は、いままでにも何度もやって来た。

我が家で引き取った時、半年も入院した時、そして海辺の町に越してくる時。

それでもまだ、色んなものが残っていた。

衣類もまだまだ残っていた。

高価なものより、普段叔母が着ていたもの程

思い出がいっぱいで捨てにくい。

でも、意を決して断捨離。これらを残したままでは

いつかママが逝ったあと、Cha-ネエに負担がかかるから。


甦る思い出に

泣いたり笑ったりしながらお掃除していたら 

Cha-ネエ帰宅。

さぁ!これから頑張ろう!

Cha-ネエの捨てる衣類、残しておく衣類、選別しようよ!

張り切るママと違って、呑気なCha-ネエは言う。近所にオープンした

「バーに行こうよ」と。

この手の誘いに弱いママだってこと、知ってるのね。

P1240007.jpg落ち着いた店内で


ママはシャンパン。

そしてマンゴー・ビールを飲むCha-ネエから。。。
P1240009cha-ネエ

「お誕生日、おめでとう!」と・・・


え? 

 覚えてくれていたの?

P1240011.jpg P1240013.jpg
P1240014.jpg P1240015.jpg
P1240017.jpg P1240019.jpg

飲んで食べてお喋りして。。。

二人だけですが楽しい誕生日会でした。

そして家に帰ったらCha-ネエから…P1250020.jpg

プレゼントが。。。

寝ても首や肩が痛いママのための枕P1250024.jpg
ありがとね。


こうやって寝るんだって…P1250022.jpg


あ! この人、キレイだけど↑ くるあんママじゃありませんよ。

間違えないでね。(^_^)v




翌日も、その翌日も断捨離、頑張りました。


誕生日 コメント:4 トラックバック:0

お年寄り疑似体験

2014/01/28(Tue) 20:18
1月23日、地元の小学校でボランティア活動してきました。

まず、小5の皆さんに自己紹介。

「1年半前東京から越してきました、くるあんママです。

この土地ではみなさんの方が先輩ですから、色々教えて下さいね!」

ニコッとしてくれる子供達。

よーっし! 怖がらないでよ!

では、始めましょうー!



今日は お年寄りってどんな状態で暮らしているのか、といった疑似体験を

小学5年生にしてもらいます。


まず、今現在も、これから先も、増々高齢化社会になって行くことを

統計を見ながら子供たちに説明します。

そして。。。

DSC09486小学校2

お年寄りがどういう状態で日々暮らしているのか、


手足が曲がった状態、腕が上がらない、目が見えにくい、耳が遠い、

背中が丸い。。。これらを体験できる装置を身に着け

廊下を歩き、階段の昇り降り、絵本を読み、色を判断、名前を書き

豆を箸で隣の器に移し、ペットボトルのキャップを外して水をコップに…


1DSC09488小学校


子供たちはこうした装置を装着し、

お年寄りの不自由な暮らしを、身を持って感じ取っているようでした。


こんなに見えにくい、聞こえにくい、動きにくい暮らしをしている

お年寄りに優しい気持ちを抱いてもらえるよう。。。



優しさは、押し付けて教えるものではないけど、

いかに自然に気付き、またその時どう行動するか

注意深く見守らなくてはなりません。


子供は意外な反応もするからです。

普段見慣れない装置を身に着け、はしゃぐ子、

こんなの着けたって、オレは走れるぞー! と強がり危険な程、動き回る子。



だから、黙って見ているだけではなく、その場に適した声掛けをします。

それがボランティアの重要な任務です。


ママのチームは、お年寄りになり切る子が多く、極端に動きがスロー。。。

そのため時間が人一番かかってしまいました。でも

仲良く声をかけ合い、お年寄りへの気配りも自然に出ていましたので

きっとお家でお爺ちゃんお婆ちゃんと同居しているのでしょうね。


この日の出会い、体験は

ママたちボランティアにとっても、とってもいい勉強に。。。


優しい子供たちから、ほのぼのとした気持ちを味わいことができました。

みんな、ありがとう。

どこかで会ったら、声かけてね。


ボランティア コメント:0 トラックバック:0

くるあんパパの目

2014/01/22(Wed) 12:45
DSC09496.jpg


昨年の春、くるあんパパが目の不調を訴えました。

いつもどこかしら体の不調をぶつぶつ言っている人なので

ママの耳は、そんなパパの話題に慢性になっていたのか

聞き流していましたら・・・

「あのなー!今度のオレの目は重症だよー!」

振り向くとスゴイ怖い顔で睨んでいました。

あまり心配しないママへの怒りのようでした。


パパが言うには

どちらかの目に黒い幕がかかり、それが広がってきた。。。

もう車の運転も無理だ、だから遠くの病院には行かれない、

人は加齢による目の衰え云々言うかもしれないが、

「オレのは間違いなく大きな眼の病気だ!」

と朝から晩まで失明するのなんのって騒ぎ続けていました。


車の運転が出来ないほど、目が見えない、というので

ママは取りあえずご近所の眼科に行く手はずを整え、送り出しました。

そこの眼科医は優秀だけど少々怒りっぽいとの評判があり、

どうなることかと心配しつつ。。。




くるあんパパは根はやさしい人です。

お年寄りや困っている人に無償の愛を注ぐ人です。

見返りなどもちろん考えもせず、親切に接する人です。

でも…相手があまりにも強引でえげつなく非常識な振る舞いをすると

烈火のごとく怒りを爆発させます。



DSC09503.jpg



そう言えば…以前上野駅から日光行きの電車に乗る時、

普通席だったので、席を確保するため、ママは早くからホームに立っていました。

すると電車が到着する直前、70代くらいのオバちゃん軍団が割り込んできて

先頭に立っていたママの前に自分たちの荷物をずらりと並べ、

「この人、押さえておくから、あんた達、先に入って席取りなさいよ」などと相談。

その人数が多いんです。このままおばちゃん軍団が乗り込んで席に着く間に

他の入口から入った人たちも席に着いてしまっていたら

折角1時間近く前から並んでいるママたちは…座れないに違いありません。

ママは言いました。

「順番、守ってくださいね」するとおばちゃん軍団は無視。

再度言うと、「うるさいわねー」と口々に。。。


それを聞いたパパの怒りといったら!

「後から来て割り込むんじゃねー!」

プラットホームに響き渡るような大声!

オバちゃん軍団も負けちゃいません。

「なによー!年取ってんだからいいでしょー!」

相手は大勢です。口々に食って掛かります。

パパの怒りも治まりません。

「年寄りなら社会の規範を示せ!」


言っときますが、くるあんパパはすごーく思いやり深い人なんです。

このオバちゃん達が順番通りに並んで、もし席に着けなかったら

パパ自身は勿論、ママも立たせて席を譲るような人です。

周囲の若者にも声をかけて、お年寄りに席を譲って頂けないでしょうか?と

頼むような人です。

でも、このように、後から来て割り込んで年寄りを売り物にする、ような

非常識で傲慢でルール違反を平気でするような人達に対して、容赦しません。


周囲を見廻すと、他のプラットホームの人たちまでこちらを見ています。

茫然とした様子で。。。


パパの気迫の怒り、とてつもない大声に圧倒されたのか

非常識で我が儘なおばちゃん軍団は、他の車両に移動しました。

「他でも割り込みするなよー」というパパの言葉を背中に浴びながら。


こんなパパなので、怒りっぽいと評判の眼科医と

激しいバトルを繰り広げるのでは?とママはハラハラ。。。


眼科に出掛けてからパパが帰宅するまでの3時間半ほど。。。

まんじりともせず帰りを待ち続けました。



そして帰って来たパパ。

「目はどうだった? 」と聞く前に、

「パパ! 喧嘩しちゃった? 何て言われた?何て言いかえしたのー?」

矢継ぎ早に聞くママに、ケロッとした表情のパパ。

自慢気な笑いを浮かべ、こう言います。


眼科のお医者さんは、なかなか頭の切れる女性のようで

テキパキと検査をし、その場でわかることはハキハキと説明。

頭脳明晰で、実に気持ちの良い女性だった。。。



と、大絶賛!

目のこと以外にも話が多方面に弾んだ様子で、

珍しく気の合う人に巡り合えたかのような、楽しげな話しぶりでした。


キレやすい者同士気が合ったのでしょうか? !(^^)!


で、肝心なパパの目は、周囲の予想通り加齢によるものらしく

心配するほどのことは無かろう…とのこと。

しばらく様子を見て、更にひどくなるようであれば、再検査しましょう、と。


周囲の人たちが、ご自分の体験から同じように話して励まして下さった時、

「オレの目は、そんなんじゃない!」と言い切っていた、

あの意味不明の自信はどこへやら。。。

簡単な検査の診断を即、受け入れ

加齢による目の衰えでシャンシャン(^^♪と手打ちになりました。



DSC09500.jpg



パパはその後も夜間、車を運転すると、目が疲れるようですし

長時間の運転も辛そうで、無理をさせないようにしています。


ところが。。。

先月、70歳の誕生日を前に、運転免許の書き換えがあり

試験場でまたも視力の検査が!

その結果。。。

パパはずば抜けて動体視力が優れていて

視力・視野の反射神経が

「すっばらしいーんだって!」

とハイテンション!

「若い人並みの運動神経なんだぞー!」

来る日も来る日も、この検査結果の用紙をしつこく見せます。

ま、見ちゃいませんけど~~(~_~;)


思いっきり心配させたり

思いっきり自惚れたり、

訳の分かんない パパです 。(・.・;)


DSC09504.jpg
健康 コメント:6 トラックバック:0

勉強再開

2014/01/21(Tue) 18:00
以前、東京で暮らしていた頃、通っていた大学の公開講座。

① シルクロードを通して伝わった文物(主にガラス)の歴史、

②古代朝鮮の歴史 の2講座。。。それぞれ

教授のご都合により、しばらく休講していたのですが 

古代朝鮮の歴史のみ、この1月から再スタートすることになり、

くるあんパパママも勉強を再開することに。。。


朝早く家を出発。東京の中心地へ。。。

トラックが多いな~…人いきれにもまれながら教室へ。

お久しぶりにお目に掛かる教授、顔馴染みの受講生の皆さん、

新しくお見かけするお顔を見廻しながら、席に着きます。


講義の内容は?

今回は少し趣向が変わった切り口で

古代朝鮮の歴史が紐解かれます。


第1回 文献史料にみる韓と倭 -馬韓を中心に-

☆朝鮮史料の特質

  『三国史記』 高麗時代(12世紀)に成立。
   朝鮮語ではなく、漢文で書かれている。
   主要な記事を中国の史書に依拠している。
   自前の伝承記録もあるが、中国の史書と一致した時
   中国史書の文を採用。

☆日本史料の特質

  『日本書紀』 8世紀初めに成立。
   百済系の3史料を材料にした。(百済記、百済新撰、百済本記)
   漢文で書かれている。文章は中国の古典から借用した所が多い。
   史実を中国の史書により構成したところはない。

☆中国側史料の特質

  中華の周縁部に関する記録。成立の事情が個々に異なる。


中国の正史(公式の歴史)は

紀元前91年頃(前漢時代)司馬遷の『史記』武帝の時代から始まり

24史あります。

今日はこの司馬遷の史記から400年近く経った晋の時代の歴史書

『三国志』に書かれた 古代朝鮮…主に前漢時代のお話。

歴史的に古くから文化が開けていた中国にとって

当時の朝鮮は、少々野蛮で理解不能な印象を受けていたようです。

村々がきちんと統治されていない為、乱れている、等の記述や、

まだ十分な通訳が存在しなかったとみえ、両国の間で

意思の疎通を欠いたと思える記録も。。。

こうした

中国の漢文で書かれ、中国側から見た古代朝鮮の印象を

先生が読み解いてくださいます。


先生は時々、私たちが誰でも知っていることにも触れ、

興味を持たせた後、一歩踏み込んだ面白い話を聞かせて下さいます。

日本書紀が漢文で書かれていることは広く知られていますが

その内容を読み解くと、かなり多くの人が携わったことが解るそうです。

漢文の上手・下手な箇所があり、中国の漢文に精通した人もあれば、

かなり苦手な倭人も関わっていたであろうことが

日本書紀の書き方に現れているそうです。


また、私がちょっと惹かれた面白い話は

中国の史記に書かれている中国という文字は、国を表しているのではなく

文明圏を指しているのだそうです。

(・.・;)


この講座の魅力は、広く深く時代の考証を踏まえた上での講義であり、また

もう一人の教授・考古学の先生により、発掘された実際の品々を通して

歴史を学んでいく点です。

現存している歴史書の殆どは

その時代を治めた権力者によって書き残されていますので

一方的に都合の良い内容であることが多いのですが、

考古学を通して、また他国に渡って調べ上げた内容は深みがあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


講義の後、築地で買い物、昼食を済ませ、

東京の家をちょこっと片付け…慌ただしくUターン。

アクアラインから東京湾を見渡し、房総半島の山脈を眺めながら

あ・・・我が町に帰って来たな・・・とホッとしました。


東京は落ち着かない町ですが

ボケ防止も兼ねしばらく勉強に通います。(^_^.)
勉強 コメント:2 トラックバック:0

頂き物で・・・

2014/01/21(Tue) 08:46
くるあん家の食卓は、頂き物の食材を役立てる…というところから

その支度が始まります。

ジャガイモ、人参、玉葱、菜花を頂いた時は

DSC09350.jpg

野菜たっぷりカレーと菜花のお浸し。

大根と白菜、葱を頂いた日は

キムチ鍋とブリ(のアラ)大根DSC09450.jpg

タコも頂いたのでアボカドとDSC09444.jpg

DSC09446.jpg

ここのところバタバタしていて、料理の品数も少なく

手の込んだことはできませんが、丹精込めて育て上げられた野菜や

寒い中、釣って来て下さった魚を

無駄にしないよう、作っています。

思いついたら迷わず作り出すので

鍋物がふたつ並んだり、見た目ハチャメチャです(>_<)。。。



今週、地元の小学生を対象に

高齢者がどのような体の状態でくらしているのか

体験講座が開かれます。

ゴーグルで目が見難い状態に、ヘッドフォンで耳が聞こえ難く…

手足にはそれぞれ老人の体制になるものを取り付け

背骨も丸くなるような装置が付き

お年寄りの不自由な暮らしを体験してもらいます。

こんなに、見難く聞こえ難く、歩き難く、動きにくい痛みや重みを

感じることで、お年を召した方へ優しい気持ちになってもらえれば…

という講座です。

昨日はその準備段階で、ボランティアのママたちがその体験をし

器具の取り外しを習い、装着した状態で子供たちにどのように動き、

感じてもらえるか、指導を受けリハーサルしてきました。

ママは、この装置を取り付け椅子から立ち上がった時、

叔母も日々、こんな状態で生きているのか…と涙が出ました。

そしてお年寄りにより優しい気持ちが持てました。



当日は、小学生たちに付き添い、アドバイスしたり

危険なことをしないよう気を配ります。


言葉で教えるだけではなく、体験することで

優しい気持ち、役立とうと行動する子供たちになってほしいものです。




クッキング コメント:2 トラックバック:0

初体験!太巻き寿司

2014/01/19(Sun) 20:20
今朝!

DSC09452.jpg

嬉しくてわくわくして早起きしました。 

ずっと作ってみたかった太巻き寿司を

教えて頂くことになったのです。

いつもの公民館の調理室で、地元の太巻き寿司のカリスマ先生が

前以て140119_0955~01

用意して下さり140119_1019~01

ご指導に沿って組み立て140119_1042~01巻き簾で巻いたら

ジャ~~~ン!140119_1041~01

ありゃりゃ?

何、これ?140119_1051~03 - コピー
何を表わしているのか、って???

くすっ(*^。^*) 。。。

両側の卵焼きは雲を表していて、その下は菜花を混ぜた緑色の酢飯で山の斜面

ヤマゴボウ(小さな赤いの)は太陽、中央の白い酢飯は雪を被った山の頂

ピンクの酢飯は夕焼けを表しています。つまり

DSC09454.jpg


DSC09461.jpg

DSC09464.jpg


DSC09474.jpg


こんな景色を表そうとした…のですが。。。

みんなに大爆笑されちゃいました。でも

めげないぞー!何度も練習して、今年の恵方巻きは、

くるあんママ作・太巻き寿司だー!


午後は『安房地方・富山地区における富士山信仰』の講義があり

富士山信仰の歴史や信仰の広まりを勉強。

富士信仰って…現代の私たちはピンときませんが

富士の神様は浅間様。。。

中世以降は仏教と習合して浅間大菩薩と呼ばれたそうです。

浅間とは火山に対する呼び名として広く使われた言葉で、そういえば

あちこちに浅間神社ってありますよね?

度重なる噴火現象が神の存在を思わせた、と考えられます。


海の向こうの富士山ですが、古くから富士山信仰があり

安房から富士参りをした記録がたくさん残っています。

当時は、先達という富士講中を率いるリーダーが活躍しました。

山伏の様な修行をし、宗教者となり、

病気を治したり雨乞いをしたり延命など呪術や

富士講とお焚き上げ、孝行や忠義等の実践を行ったとのこと。

宗教的な意味合いと、道徳観を教えた、模様です。

その後、富士山まで行かれない人々にも信仰と道徳観が広まり

各地に〇〇富士とか、浅間神社、石碑・富士講碑など増えていきましたが

第二次世界大戦頃から高度成長期に、急速に作られなくなったそうです。


現代は、簡単に富士山の足元までは行かれますが

登るのは大変だし、それ以上に気になるのは

マナーの問題です。

ゴミが散乱している、と言われる富士山。

過去には

道徳観を教わり、信仰の地でもあった富士山の美観を

DSC09462.jpg


大切に守りたいと思いませんか?

クッキング コメント:2 トラックバック:0

夕陽

2014/01/17(Fri) 23:39
DSC09431.jpg
くるあんガーデンの片隅に、水仙が咲き始めました。

水仙って、日当たりが良くない所や、土に栄養を撒いていないような所でも

健気に咲くのですよ。


これはケンちゃんちから頂いたお花。↓ こんな寒い時期なのに咲いています。
DSC09433.jpg


「あ! 海の向こうに・・・!」
DSC09430.jpg

夕陽が。。。
DSC09434.jpg

き・・・きれい・・・
DSC09435.jpg

なんとなくプヨプヨしているみたい
DSC09436.jpg

まるで、生卵の黄身のよう。。。
DSC09438.jpg

表現がロマンティックじゃなかったかな?(^_^.)
DSC09440.jpg

くるあんもうっとりしていました。

DSC09442.jpg

卵、好きなので。。。(^_^)v
海岸 コメント:2 トラックバック:0

お弁当作り

2014/01/15(Wed) 16:06
昨日(14日火曜日)

くるあんパパが囲碁大会で優勝したのを祝って

お赤飯を炊きました。

DSC09414.jpg
鯛の塩焼きをするつもりで探し回ったのですが、見当たらず

金目鯛の煮つけに変更(^_^.)

DSC09411.jpg

あるもので天麩羅も。。。
DSC09409.jpg


昨日はとっても良い天気でしたが。。。

DSC09405.jpg





今日(15日水曜日)は朝から雪が。。。

DSC09417.jpg


そんな中、平久里の山にあるコミュニティセンターでボランティア活動。

独居老人のためのお弁当作り。

DSC09415.jpg

お弁当作りの後、叔母の入所先へ。。。



叔母は元気で、にこやかで、お喋りも絶口調でした。

給食センターで作ったお弁当のおかずを

スプーンでこまかくして、施設の昼食に混ぜてあげますと

ほっぺをトントンとたたいて「美味しい~~~」(*^。^*)

蓮根の入った胡麻和えを、シャキシャキ音を立てて、「美味しい~~」

施設の食事は、良く出来ているのだけど

「柔らかすぎて、歯にくっついて食べにくいんだよ」と…

これくらい歯応えがないと

「食べてる気がしないんだよね」と言いたい放題。

全部自分の歯であることを自慢していました。

気に入ってくれてよかった~♪



家に帰るころは雪もやみ、いつもの市営バスに揺られて帰宅。

夕方は鮭とキノコたっぷりの豆乳鍋。

DSC09421.jpg

これは↓ おとといのおかずです(^_^.)
DSC09391.jpg

ボランティア コメント:6 トラックバック:0

やったね!パパ!

2014/01/13(Mon) 20:45
13日、海辺の我が町の公民館で、囲碁大会が開かれました。

今回はAクラスで出場する くるあんパパですが、

朝から体調がイマイチの様子。。。

「行ってきます」という声も元気がなく

大丈夫かな~~~(-_-;)

囲碁の成績より、会場で具合が悪くなるのでは…と心配だったママは

パパにプレッシャーかけないよう、何も言わずに見送りました。

DSC09396.jpg


そして半日経ち・・・

どんよりとした空の下、

きっとパパもどんよりした表情で帰って来るに違いない、

なぐさめるのも傷つけるかな?

何て言おうかな・・・(・.・;)

と、そんなこと考えていたら、くるあんがキャンキャン~~

パパご帰還。

表情は???

あれ? どんよりしてない!

にんまりしてる~~~(^_^.)


「ママにあげるよ~」

その手には?

DSC09398.jpg

優勝したんだって!

心配していた通り、初戦は胃がむかむかしてトイレに駆け込んだりで

かなり苦戦したようですが、2戦目からは気分が良くなり

「実力発揮したのよ」だってさ。。。(^・^)

DSC09399.jpg


近いうち、お赤飯,炊いてあげなきゃ。

そうだ!鯛も、買いにいこ!

DSC09400.jpg




未分類 コメント:2 トラックバック:0

思い出の品

2014/01/12(Sun) 21:12
東京の家を片付けていたら、こんなの出てきました。

DSC09393.jpg

幼稚園児だったCHA-ネエに作ってあげたお弁当箱入れ。

リボンをほどいて開くと・・・

DSC09394.jpg

中にはポケットが両側に。。。

お弁当箱、箸、スプーン、ランチョンマットを入れます。

手に取ってみると

毎朝、お弁当を作っていた頃の思い出が。。。

今から28年も前のことです。

思い出 コメント:2 トラックバック:0

2つのピンポ~ン 

2014/01/10(Fri) 14:30
ピンポ~ン  

御届け物が来ました。

東京のWAN友・まこもちゃんのお家から。。。

DSC09378.jpg

美味しそう~・・・京のお漬物。

四国・関西を旅行したんだって!いいな、いいな。。。


楽しみに頂きまーす。


ピンポ~ン その②

浪速のカルメンKimiさんからwan子服が!

DSC09386.jpg


ありがとーございまーす!

DSC09387.jpg


似合う?

DSC09388.jpg


まだまだ寒い日が続きます。

みなさん、お風邪など召されませんように。。。
仲良し コメント:4 トラックバック:0

クルってこんな子です

2014/01/08(Wed) 22:15
おはよー! あんちゃんです!
DSC09360.jpg

今日は、ウチのくるみお姉ちゃんの面白いとこ、見てちょ。
DSC09362.jpg


ケンちゃんに会って、ハイテンションに!
DSC09375.jpg

キャンキャン♪

DSC09374.jpg

しつこいくるみお姉ちゃん。
DSC09376.jpg


この思い詰めた目…ぷっ(*^。^*)
DSC09377.jpg

ぶるぶるっすると、耳がバタバタ音するよ。(^_^.)
DSC09368.jpg

ケンちゃんって、こんなに大きんだよ。
DSC09372ケンちゃん


この後、ウチに帰って…お掃除タイム。

お掃除ロボット・ルンバ君が突然動き出した(・.・;)
DSC09381.jpg


ちょっと不気味な奴なんだけど、

滅多に、このラグを乗り越えては来られないんだ。

だから最近は安心して、ラグの上から監視しているくるみお姉ちゃん。
DSC09382.jpg

ね? 避けて行ったでしょ?
DSC09380.jpg

でも、あんちゃんが加勢してあげると。。。
DSC09383.jpg

突然強気になって、キャンキャン文句言うくるみお姉ちゃんでした。

DSC09384.jpg

クルミとアンズ コメント:4 トラックバック:0

大人しくなったくるあん

2014/01/06(Mon) 09:55
小寒を迎え、一段と寒さを感じる朝。。。

DSC09354.jpg
けなげに咲く水仙もあれば
DSC09352.jpg

対岸にはうっすらと雪を被った富士山。。。

DSC09358.jpg

冬の風物詩に包まれています。

DSC09349.jpg

日中、暖かな日差しが降りそそぐデッキで

DSC09359.jpg

まったりしているあんず。

そういえば、小太郎きなこ帰宅以来、くるあんのギャウギャウが

めっきり少なくなりました。

ピンポ~ン♪が鳴った時と、どなたかいらした時は吠えますが、

お掃除ロボットにも、家の前を通り過ぎる人やワンちゃんにも

うるさく吠えまくることが、殆どありません。



急に年取っちゃったのかしら?

鈍くなっちゃったのかしら?

でもくるあん一緒に? それはないよね。。。


コタキナが東京へ帰って、寂しいのかな?

5日間一緒だったCHA-ネエのいる暮らしが

忘れられないのかな?



やや静かになったくるあんに、ホッとしつつ

ちょっぴり心配しているくるあんママです。

クルミとアンズ コメント:4 トラックバック:0

新年早々。。。(・.・;)

2014/01/04(Sat) 08:29
待ち望んでいた年末年始の家族団らん。。。

あっという間に過ぎ

三日の夜、Cha-ネエ・小太郎・きなこが、東京の家へ帰りました(;_:)

年末の帰宅同様、親切なお友達が迎えに来て

東京まで送り届けて下さいました。

その日、外房へサーフィンに行くついでに…とのことでしたが、

外房から内房の我が家まで車で40分、そして

東京の我が家と友人宅まで1時間余り。。。ご足労おかけしました。

せめて夕飯は我が家で…と、お餅ピザ、手巻き寿司、ビーフシチュー

等々感謝の気持ちで用意しましたが…ウッカリ写真撮り忘れ…(@_@。。。

新年早々ドジドジ(>_<)

でも、楽しく語らい、明るい新年の食事会になりました。

DSC09338.jpg


小太郎ときなこは、居候にもかかわらず来たときから帰るまで

終始一貫して呑気で遠慮のないポメ・ワールド。。。

家の柱にオチッコかけたりウンPしたり…

それをパパに怒られてもヘラヘラしている小太郎。

DSC09344.jpg


オチビなのに態度のデカイきなこ。

DSC09347.jpg


庭の垣根越しに、行き交う人へキャンキャン、クレーム!

DSC09340.jpg


そんなコタキナを、家族として認めつつあるくるみ。。。

DSC09331.jpg


どうやら本物のドンになってきたようです。

あんずは勿論、営業部長として大忙しの年末年始。

DSC09341.jpg


くるあんコタキナの様子を見ているだけで

楽しいお正月でした。

Cha-ネエは・・・

歳の割に、相変わらず気の利かない娘ではありますが…

ママが疲れを感じた頃、黙って家の中を片付けてくれました。

何をどこに片付けますよ…といった言葉が優しくて

ママはとても心が和み、疲れも吹き飛びました。


こうして明るく楽しいお正月はあっという間に過ぎ

また今日からいつもの

くるみとあんずの散歩道が始まりました。


CHA-ネエ コメント:2 トラックバック:0

まったり~正月休み

2014/01/02(Thu) 10:22
DSC09323.jpg
ワンズがいると、お正月とはいえいつものように早起きして
DSC09325.jpg

お散歩。。。

DSC09328.jpg


ワンちゃんの飼い主さんはどちらも同じ。。。
DSC09332.jpg

皆さん朝早くからお散歩しています。
DSC09336.jpg


DSC09335.jpg


家ではお庭でまったり~

DSC09321.jpg

DSC09319.jpg


頂いたお菓子もたくさん☆彡 ありがとう~

浪速のカルメン・るるらら家から
DSC09316.jpgDSC09317.jpg



岐阜のトトロ家から
DSC09318.jpgDSC09322.jpg

もぐもぐ頂きっぱなし。。。!(^^)!おいしい~~


今日はこの後、叔母に会いに行ってきます。

新年の御挨拶をするため。。。


穏やかで暖かいお正月を過ごしています。



お正月 コメント:4 トラックバック:0

迎春

2014/01/01(Wed) 02:36
DSC09231.jpg


2014年の幕が開きました。

DSC09279.jpg


今年こそ災害の無い、平和な地球でありますように。。。

DSC09269.jpg


みんな安心して暮らせますように。。。

DSC09274.jpg



1年の計は元旦にあり。

DSC09302.jpg


ママは毎日体操をし、健康維持を心がけます。

DSC09304.jpgDSC09305.jpg


今年も趣味と地域活動を楽しみます。
DSC09308.jpgDSC09307.jpg

忙しくても叔母の面会に行き、寂しさを感じさせないようにします。

そしてくるあん・コタキナの健康も大切にし、元気に暮らしていきます。

DSC09290.jpg


Chaーネエは…第2の人生の幕開けを…

DSC09294.jpg



いえ…プレッシャーかけるのは辞めようね(^_^.)DSC09298.jpg


あ!パパのこと!忘れてた!
パパ元旦


パパ!お誕生日、おめでとう。
DSC09312乾杯


これからも元気でいてね。

こんな くるあん一家を

DSC09224ママ着物



皆さん、今年もよろしくお願いします。
お正月 コメント:4 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。