FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2013 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

避難訓練&ウチごはん

2013/12/02(Mon) 23:18
日曜朝、避難訓練に参加しました。

いつもの公民館に集合し、同じ町会の同じ班の皆さんと顔合わせ。

仲の良い我が班は早速、避難時に備え相談。

 実際に津波などで避難するときは、お隣にも声をかけ

 確認し合って行動しましょう。

 高齢者家族と若手家族(一応くるあん家はギリギリ若手部門)

 とひと組になって逃げましょう。

若手は高齢者に手を貸し、高齢者は長年の知恵でアドバイスする…

お互いに補い合って生き延びる作戦。

ここまでは明るい雰囲気でしたが…

この後ホールで3.11の津波の映像を見、改めて津波の怖さを思い知りました。

今でもあの衝撃的な出来事が、昨日のことのように胸に迫ってきて

多くの命が失われた不幸を決して忘れてはならない!と決意を新たにしました。

九死に一生を得た生存者の話によると、津波は音もなくやって来たそうです。

車を運転中の時など、警報やアナウンスが聞こえない、場合もあるからです。

地震が来たら、津波の恐れがあるかどうか、町のアナウンスばかりでなく

テレビやラジオで確認しなくては・・・そして

海の近くに住む私たちは、慎重にすばやく行動しなくてはなりません。


避難時に備えて用意すべき手荷物の見本も、見せて頂きました。

その中に生のお米を入れた半透明の袋が。。。

この袋に特徴があり、水を入れ輪ゴムで口を縛り、熱湯に漬けておくと

ご飯になる、という優れもの。この日は

レトルトパックのカレーも熱湯で温め、一緒に試食させていただきました。



救援物資が届くまでの間、こうしたもので生き延びていくという練習。

さらに・・・怪我をした時に役立つよう、三角巾の使い方、

高い所から逃げるためのロープの使い方等々教えて頂きました。

ロープの結び方は漁師さんたちの模合結びというのを教わりました。

備えあれば憂いなし・・・これからも折に触れ練習しておきたいと思います。

DSC08822.jpg


ウチごはん。。。2日連続で天麩羅作りました。

大根をたくさんいただいたのです。

この地域は大根の白い部分はもちろん、葉を大切にしています。

甘辛く炒め煮をすることが多いのですが、くるあん家の定番は

かき揚げ。。。DSC08804.jpg
天麩羅と大根おろし。

おでんには大根の白い部分をたくさん。

ふろふき大根に柚子味噌。DSC08806.jpg
一番奥にある

大根の葉を湯がいて絞って、柚子胡椒とマヨネーズとお醤油で頂くのもグゥ~。

寄せ鍋にも大根入っています。DSC08832.jpg


当分、大根パレードが続きそうです。

スポンサーサイト



クッキング コメント:4 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR