FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2013 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

叔母の症状

2013/08/07(Wed) 18:29
DSC06702.jpg



田舎のバスは、都会に比べ本数が少ないんです。

やっとママもそれに慣れ、叔母の入院している病院への

行き帰りの時間を把握したうえで行動できる、今日この頃です。

DSC06845.jpg


叔母はまだ酸素吸入や、点滴を受けてはいるものの

今日は午前中から車椅子で食堂に移動、そのまま昼食の介助をママはしました。

昼食は重湯、とろみのあるお吸い物、ほうれん草やおかずのすり身、

コーンスープ等々。。。少量しか食べられませんが、少しずつ回復しています。

DSC06826.jpg



今日は、先日の夏祭りでママが浴衣美人コンテストに出場したことを報告。

母の浴衣、叔母の帯を身に付けたことを話すと、頬を染めて喜んでくれました。

あの薄ピンクの金魚の柄の夏帯…とママが言うと…

「覚えているよー!あたしの帯だー!」と声を張って喜び。。。


DSC06706.jpg



いつもは、今、話したことほど一瞬で忘れてしまう叔母なのに、この日は

繰り返し

「ねー?ママ! なんかいい事、あったんだよね!?」

と何度も何度も確認されました。

DSC06854.jpg



もうすぐ、CHA-ネエが来ることも、忘れずにいてくれます。

大の犬好きなので、ワンコに会うのも楽しみにしています。

ただ…その会いたいワンコは???

DSC06850.jpg


クルミでもなければあんずでもなく、小太郎でもきなこでも、先輩犬・ポテトでもなく

若かりし叔母と娘時代の私が飼っていたボンやあー坊、花ちゃんでもなく…

幼かった叔母が、犬小屋で一緒に昼寝した土佐犬のことでした。


DSC06853.jpg

ママはそんな叔母の遠い日の記憶を、大切にしています。

祖父母に愛され育まれていた頃の、幸せの象徴なので。。。

思い出を紐解く、叔母の笑顔が可愛いので。。。



スポンサーサイト



オバちゃん コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR