くるみとあんずの散歩道

2013 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

考えよう…憲法96条

2013/06/30(Sun) 08:14
くるあんパパの囲碁先輩Aさん夫人のお誘いで

池田香代子さん(ドイツ文学翻訳家・作家)の講演を聞きに行きました。

講演のタイトルは『安房が もし100人の村だったら』

そうです、池田香代子さんは世界中に広まったベストセラー

世界がもし100人の村だったら』の翻訳家。(タイトル、クリックして読んでね)

DSC05975.jpg


全世界の人口を、100人の村に縮小することで、見えてくるもの…に気付かされます。

この日の講演では、安房がもし100人の村だったら…私たちの憲法が見えてくる…

がテーマ。。。世界を飛び回って活動している香代子さんならではの目線で

核兵器廃絶や世界平和の構築を解りやすい表現で語られました。

そして後半、自由に表現する芸術家、若い母親、戦争経験者も交えて

『憲法改正について』ディスカッション。

DSC05977.jpg

自民党を中心にした改憲派は…

「日本国憲法は押し付けられた憲法で、60年もたち時代にそぐわない」

「あまりにもユートピア的発想で、自衛権を放棄している」と声高に言う。。。

ちょっと待って! こんな意見を信じる前に、耳を貸してください。

日本国憲法は

米国に押し付けられたのではなく、時の我が国の総理大臣が

マッカーサーに提案した草案が基になっています。

悲惨な戦争により国内外に多大な犠牲と不幸をもたらした経験から

二度と戦争はしない、軍隊も持たない!と世界平和を望む理想を説いた…

つまり日本側の草案であり、その案の素晴らしさに驚いたマッカーサーが

有識者による委員会を設け、最高の憲法を作ろう、と出来上がったのが

「日本国憲法」なのです。

押し付けられたものではありません。 また、ユートピア的であっても

戦争の痛手を思えば、当然のことであります。

他国から我が国を守るために、軍隊を持って戦うことより

知恵を持って渡り合う…進化した知識や技術を極めるべきなのです。

多くの尊い命を犠牲にして、今日の平和な日々を生きている私達だからこそ

核兵器廃絶、戦争をしない、路線を貫かなければならないのです。


また、他国は憲法を改正している、と改憲派は言いますが、

国民の安全を守る土台の部分の改正は、されていません。


日本国憲法…それは世界に誇れるものなのです。


DSC05997.jpg


憲法96条…本来、この憲法を変えるためには、衆議院・参議院すべての議員の

3分の2以上が賛成したとき、始まります。

国会が発議し、国民に提案、国民投票において過半数の賛成が必要です。それが

もし、憲法改正が認められれば、次は、両議院のそれぞれの過半数の賛成で

国会が議決し国民に提案。国民投票に置いて有効投票数の過半数の賛成、が必要…

と変わっています。つまり、ここでいう過半数は、与党(自民公明)にとって

充分想定可能な数なのです。

DSC05996.jpg

これは池田香代子さんが、日本国憲法の正文、英文憲法から

解りやすい表現で新訳した「やさしいことばで 日本国憲法」。。。

DSC05993.jpg

繰り返しますが改正案では、両議院のそれぞれの過半数の賛成で…と、

与党のやりたいように押し切れる可能性が大なのです。

と、なると・・・

DSC05995.jpg

これも簡単に変わってしまう可能性が出てきます。

長崎や広島の原爆投下後の姿を思い出してほしい。

戦争で命を落とした人々、その遺族の悲しみを忘れないでほしい。

戦争をしよう!と言い出した人が、過酷な戦地に赴くのではなく

私達の夫や息子、孫が命の危険にさらされるのです。

DSC05994.jpg

戦争は絶対にしてはなりません。


この度発表された憲法改正案には、軍国主義時代の靴音が遠くから

近付いてくるかのような表現が、ここかしこに感じられます。

ネットで、改正案をチェックできますので、目を背けずに読んでください。


今、私たちがすべきこと、それは実体のない景気に踊らされたり

世界に誇れる憲法を改革することではありません。

多大な犠牲のもとに手に入れた平和…固く誓った二度と戦争をしない決意。

世界平和を望む理想を、国民の名のもとに宣言した日本国憲法。

これから先も、日本国民として生きていく私たちが

胸を張って維持していこうではありませんか!


それを選挙という1票で表しましょう。



スポンサーサイト
勉強 コメント:2 トラックバック:0

これからも仲良し!

2013/06/28(Fri) 21:45
木曜日、いつものように東京へ行き、いつもの大学の公開講座に出席。

『シルクロード伝来の文物』の勉強をしてきました。

その後、東京の友人宅へ…持参した海辺の無農薬野菜をお分けしたり

やや栄養失調気味なCHA-ネエに食事を届けた後、大急ぎでとんぼ返り。

DSC05955.jpg


何故、急いでいたか。。。それは

この日の晩、仲良しのチャム家にお呼ばれしていたから。

早めにくるあんの散歩をし、シャワーを浴びて汗を流し、

それ、行け!!!

DSC05947.jpg




チャム家はくるあん家より、数か月早く、この地の住人になりました。

大都市から越してきたこと、WANちゃんがいること、

長年お母さんの介護を経験したこと、そのお母さんの認知症が進み

致し方なく施設に入所させたこと、その決断の辛さ、等々

くるあん家との共通の話題がいくつも。。。

こうして過去を打ち明け、未来を語り合ううちお互いに

心の拠り所となって来ました。

チャムママとくるあんママ…今ではボランティア、体操、

料理の集い…と、共に参加しながら、地元に根付きつつあります。




この日のチャムパパさんは、朝から

くるあんパパの親友Gさん(外房在住)の畑仕事を手伝ってくださり、

その疲れも見せずに、サービス精神を発揮!

前日、沖へ出て釣り上げた、鯛やイナダ、イサキを上手に捌いてくれました。

DSC05960.jpg


DSC05966.jpg


更にカツを揚げたり。。。ママさんはキュウリの糠漬け等々。

DSC05965.jpg


スゴイお酒もあったよ。。。ぎゃはは)))BYママ爆笑

                         このハイテンションは、ど~ゆ~こと?…BYチャム


チャム&ママ

これからも 田舎暮らしを楽しみながら

仲良く年を重ねていこうね!






ご近所 コメント:4 トラックバック:0

北斗くんちの枇杷

2013/06/28(Fri) 20:52
くるあんのWAN友・北斗くんちから

甘~~~い枇杷をたくさん、そしてお母さんの手編みのクッション

DSC05971.jpg


を頂きました。クッションは見た目、薄く見えますが

座ってみると意外なほど、厚味や肌触りの優しさを感じました。

ありがとうございます。

北斗くんはとーっても明るくて面白系で

北斗くん

怒りん坊のくるみとも仲良くしてくれます。

最近、可愛いプードルの赤ちゃんが家族の一員になった、北斗くん。


これからも仲良くしてね。



ご近所 コメント:0 トラックバック:0

もうすぐ1年

2013/06/28(Fri) 20:12
くるあん一家が海辺の家に暮らすようになって

もうすぐ1年が経ちます。

その間、陰になり日向になりあらゆる面でサポートして下さった

ご近所のご夫婦を我が家にお招きしました。



DSC05933.jpg


「この1年、お世話になりました~~~」

これからも宜しくお願い致します。


右も左も解らなかった海辺での暮らし…

何処に何があるのか、都会と違う人間関係等々。。。

ひとつひとつ教えて下さいました。

奥様はボランティアや体操のサークルに誘ってくださり

ママが地元に馴染んでいく道筋を立てて下さいました。

地元の旬の食材を使った料理の集いも、開いて頂いています。

DSC05939kaisyoku.jpg

町の皆さん方に暖かく受け入れられたのは、お二人のお蔭です。


ママも末永くこの地で、人生を楽しみ

地元の皆さんと仲良く、暮らしていきます。


感謝の気持ちで用意したのは

カボチャのポタージュ、サザエのエスカルゴ風、お刺身サラダ、ポテトコロッケ

ステーキ、キュウリの辛子酢漬け、いんげんの胡麻和え等々地元食材オンパレード。


DSC05897.jpg

海は今日も穏やかに広がっています。

自宅 コメント:2 トラックバック:0

コロッケ作り

2013/06/24(Mon) 20:47
先週、BBQにお招き下さったケンちゃんのお家で…

今日はコロッケ作りの会が開かれました。



ケンちゃんのお家の畑で育った数種類のジャガイモを使って。

ジャガイモは皮ごと茹で、熱いうちに皮を剥き、潰します。

その間。。。

くるあんママ、玉ねぎのみじん切りを。

涙ぽろぽろこぼしながら、10数個の大きな玉ネギをザクザク!

それを透き通るまで炒め、挽肉も炒め

混ぜ混ぜ!こうしてDSC05906.jpg


ケンちゃん家族と仲良くしている5人の美女軍団が作る

美味しすぎるコロッケDSC05908korokke.jpg



その後は各家庭の特色をプラスαして。。。形作ります。

DSC05909.jpg


グリンピースやら、コーンやら・・・

DSC05914コロッケ4人


くるあん家はコロッケの真ん中にとろけるチーズ、と

明太マヨを。。。

それらは自宅お持ち帰り用。。。

DSC05917コロッケ3人



この日ケンちゃんのお家での昼食用だけ、揚げました。

DSC05919上田さん


それがこんなに大きいの! ワラジ型コロッケ。

DSC05925パパ揚げ物

味は抜群! 売り出そうか?

『美しすぎるママたちのコロッケ』とか何とか言っちゃって。。。


あはは)))

かんぱーい!
DSC05928コロッケ作り乾杯


ケンちゃんは。。。ふて寝してました。
DSC05930.jpg


くるあんは、久しぶりにラブちゃんと会えました。
DSC05932ラブちゃん



クッキング コメント:8 トラックバック:0

信州のお蕎麦

2013/06/23(Sun) 23:44
くるあんは今日も、マイペースで

歳の割に二人とも元気いっぱいです。

DSC05902.jpg

散歩中ママがちょっと遅れると。。。


「ママァ!!! ど~しっちゃたのぉ!」 とあんちゃん。そしてすぐ
DSC05899.jpg

「パパァ! ママ、いたよぉ!」 と報告に。
DSC05900.jpg

「報告してあげたのだから、おやつ頂戴!」
DSC05901.jpg

くるあんは取引が得意です。。。

DSC05896.jpg



今日は信州のじぃ家から、お蕎麦が届きました。
DSC05904.jpg
本当に!久しぶりに美味しいお蕎麦を堪能しました。

葱も海苔も、山葵ももちろん蕎麦汁も入っていたの!

蕎麦湯も、焼酎の蕎麦湯割りも、美味しかったぁ!

ありがと~~~

ごっちゃんで~す!
ウマウマ編 コメント:0 トラックバック:0

手作りお味噌のその後

2013/06/22(Sat) 17:33
今年の大寒に寒仕込みをした、手作りお味噌のその後。。。


手取り足取り寒仕込みを教えて下さったご近所のカリスマ主婦E子さん宅で

カメに入れたお味噌は、今日まで保管していただいたのです。

今風の我が家と違い、古式ゆかしい佇まいのそのお宅には

寒い時期は寒い…風の流れがあり、昔の縁の下があり、

お味噌が腐らずに熟成するのに、適した環境だからです。


半年間の保管、熟成の後は、中身(お味噌)をひと混ぜする作業が待っています。

それは各自宅で行われます。


毎日、子守歌を歌って育ててくれた(?)E子さんに別れを告げ

初めて、我が家にやって来る手作り味噌。さぁ、どうなっているのでしょう。


お味噌の入ったカメと共に、大きなプラスティック製の箱も拝借し

まず、清潔にすることから始めます。

箱を丁寧に洗い、水気を拭き、さらに除菌スプレイをかけ、拭く…を

3回繰り返し、手を丁寧に洗い殺菌効果のあるスプレイをし、酒で洗い

そしてカメの中の味噌を出します。少しでも色が違って見える所は

念のためスプーンですくって取り除き、処分。

大きな箱を3等分に考え、端から一番上の味噌、真ん中の味噌、

一番下の味噌…と分け、これを逆の順番でカメに。。。

DSC05894.jpg


と、その前に、またもカメを丁寧に洗い、除菌スプレイをかけ拭き…

念には念を入れて殺菌してから、カメに戻します。

空気が入らないよう、叩きつけるようにして。。。

バッチーン!と叩きつける音がするたび、震え上がるくるあん。

こうしてあと1ヶ月、自宅で休ませます。

蒸し暑い時期ですので、致し方なくプラズマクラスターのエアコンを入れ

更に空気清浄器の前に鎮座遊ばしました。

1か月後には、タッパーに小分けして、冷蔵庫に入れます。


美味しく出来ているかな~~心配だな。。。


くるあんは、お味噌を叩きつける音におびえて疲れたらしく

ぐったりしちゃいました。

DSC05847.jpg

DSC05848.jpg

DSC05877.jpg



クッキング コメント:4 トラックバック:0

お弁当作りのボランティア

2013/06/19(Wed) 17:55
台風4号の余波でどんよりした空模様の今朝、

チャムママさんと山間のコミュニティセンターへ出向き

高齢者のお弁当作りのお手伝いをしてきました。

作っている間はめちゃめちゃ忙しいので写真を撮る間もありません。

前回は、地元のボランティア活動のカリスマ主婦E子さんの指導のもと、

彼女のアドバイスに沿って動いていれば良かったのですが

今回E子さんの班とは別。(その時々、二つの班で組んで行われます)

我が班の若きリーダーを頼りつつ

自分で判断しながら、足手まといにならないよう、周囲の動きを見ながら

そして先輩(ほとんどが民宿の女将経験者)の味付けを教えて頂きながらの

大年増の見習い二人。

お弁当作りDSC05880

鯖の味噌煮、グリンピースの炊き込みご飯、カボチャの煮物、春雨サラダ、

小松菜の胡麻和え、フルーツ寒天、トマト。。。

これらは全て、何かあった時のため確認する意味で、保存します。

DSC05879.jpg
 

70食近いお弁当は、同じ町の独居老人の安否確認も兼て、配られます。

中にはプライドもあって、お弁当を断られる方も。。。

気骨のある生き方も立派ですが、お元気なお顔を見せて頂けると

同じ町に暮らす者として安心でもあり喜びでもあります。

DSC05878.jpg



お弁当作りの後、迎えに来てくれたパパ、チャムママさんと一緒に

隣町の豆乳ラーメンと櫻あんみつを食べに~

嵐の前のミニドライブしてきました。

DSC05874.jpg
ボランティア コメント:4 トラックバック:0

おやつタイム

2013/06/18(Tue) 16:37
DSC05870.jpg


日差しが強くなる前に、早朝散歩~。

お散歩の途中で、おやつタイムがあるんだ

DSC05872.jpg


こうやってお座りして、くれくれビームを発射===DSC05864.jpg


ありゃりゃ? カエルくんもお座り?

DSC05865.jpg


大好きなモコちゃんにもおやつのお裾分け。

DSC05867.jpg


モコちゃんたら、木枯らし紋次郎みたいね?

DSC05866.jpg

今朝のお散歩、張り切って長く歩いちゃったから

あんちゃん、ちょっとぐったりしちゃいましたDSC05875.jpg

夏はまだまだ続くよ===

DSC05873.jpg

がんばろー
仲良し コメント:0 トラックバック:0

あっという間の 100年

2013/06/17(Mon) 16:53
DSC05853.jpg
左端の立札にご注目

DSC05851.jpg
トンビがポツンと停まっています。 立札の文字、キケンのキが消えています(~_~;)

その並び…早朝の海岸には、釣り客がボートに乗って沖へ向かって行きました。

DSC05857.jpg

のどかな景色を眺めながら

くるあんは・・・

DSC05852.jpg

とことこ 湿った砂浜をお散歩。

DSC05855.jpg

こんな細ーい小川もあるんですよ。


家に帰ると、土曜日BBQでお邪魔したケンちゃんのお父さんお母さんが
DSC05861.jpg
この朝、採れたてのトウモロコシとキュウリを届けて下さいました。

トウモロコシは一本ずつラップに包んで冷凍もできる、と教えて頂き

そのためにはまず、冷凍庫を片付けなくちゃ…と色々取り出して

朝からボリュームのあるご飯になっちゃいました。

キューリは塩でこすった後、適当に切って、お酢と辛子とハチミツに漬けてみました。


そうそう…ここのところ、パパの囲碁先輩Aさんと

1局お手合わせ願う機会が途切れていたのは…

Aさんご夫婦がヨーロッパ旅行をお楽しみだったのです。

お帰りになったお二人から頂いたお土産の中に。。。

DSC05863.jpg


ロートレックの最初のポスター『ムーランルージュ』が…



ママは若い頃、このポスターをお持ちの方に見せて頂いたことがあり

とても惹きつけられた記憶が,瞬時によみがえりました。

この絵に描かれたキャバレーの喧騒、踊り子、背景のシルエット等々

何ともモダンな構図であり表現ですが、

1864年生まれのロートレックが27歳の時の作品という事は、

あのフランス革命から102年しか経っていません。

100年って本当にあっという間です。

ロートレックが生まれる100年前、仏革命の頃、日本は松平定信・寛政の改革。

ロートレックが生まれた1864頃、日本は江戸末期の大混乱の頃。

ムーランルージュが描かれた1891年、日本はようやく西洋の文化を取り入れ

鹿鳴館時代に。

その100年後(1991)バブル経済が崩壊しています。



この春、97歳で他界した実母は幼い頃、幕末生まれの曽祖父から聞かされた話を

感慨深く話していました。チョンマゲを切る時、悲しかったこと、

家の近くの海岸で、殿さまが腰元を連れて潮干狩りをしていたこと等々。。。

(これらは今から160年位前の光景と思われますが)



100年ってあっという間です。

遠い昔のようで、本当にあっという間です。


思い出 コメント:4 トラックバック:0

梅雨の晴れ間のBBQ

2013/06/16(Sun) 08:57
台風がゆっくり近付いて来たここ数日、雨が降ったりやんだり。。。

DSC05820.jpg

そして待ち望んでいた梅雨の晴れ間が、ようやく現れたこの土曜日。。。

DSC05818.jpg

くるあんのWAN友・ケンちゃんのお家で

DSC05823BBQ1.jpg
BBQ 暑~い日だったの!

ケンちゃんお父さんの家庭菜園で育てられ、収穫されたトウモロコシやキュウリ

2種類のジャガイモ…普通の色のがインカのめざめ、赤っぽい色はインカのルージュ

DSC05825.jpg
沢山、頂きました。

どちらも甘みのある、栗のような美味しさです。

そして目の前の畑で採れたてのトウモロコシ! 激うまっ
DSC05835BBQ2.jpg

色々美味しい匂いが漂う中で・・・

DSC05827.jpgDSC05828.jpg

「匂いだけ嗅がせるんじゃな~い!」とご機嫌斜めなケンちゃん
DSC05831.jpg


ケンちゃんのお兄ちゃんが撮っている写真は?

DSC05840BBQ3.jpg

コレです!DSC05841.jpg

くるあんママ、楽しんじゃって写真撮り忘れちゃったのだけど、

塩胡椒のきいた鶏手羽や、カルビ、 ビーフステーキ、 スペアリブ等々盛り沢山。

DSC05844.jpg
ケーキはケンちゃんお兄ちゃんの差し入れです。ありがとね。。。

お飲み物も~じゃんじゃん

DSC05843BBQ4.jpg

ケンちゃんのお父さんお母さんが親しくしていらっしゃる近隣の方々と

お知り合いになりました。中でもこの日、ママと同じく早くいらして

一緒にお手伝いした方が日頃、介護をなさっていて、洋裁がご趣味とのこと。

ママの暮らしとの共通点がいくつかあり、とっても話が弾みました。

またお会いできます日を楽しみにしています。

それにしても・・・

美味しすぎて、体重が増えちゃいました。

仲良し コメント:2 トラックバック:0

枇杷の季節

2013/06/14(Fri) 20:00
くるあんファームのミニトマトちゃん。。。

DSC05808.jpg


ようやく赤みが出てきました。

お近くの方が下さったサニーレタス!DSC05806.jpg
 

大きいだけでなく、柔らかくて美味しいの。ただし、無農薬なので虫さんが…

ま、虫なんか気にしちゃいられません。

目の前にトンビが舞い降り、草むらからヘビを咥えて飛び立ったり

この辺じゃ、当たり前の光景です。

虫や爬虫類より、農薬や添加物のほうが怖い!と感じる くるあんママです。


さて、この時期、南房総は枇杷・枇杷・枇杷~~ののぼりがはためいています。

くるあん家からお友達のお宅にお贈りした枇杷は、専門の枇杷農園さんのものですが

ご近所さんから頂くこれらは、お庭の樹になった枇杷。。。

DSC05805.jpg


毎日下さいます。全部、アップできなくてごめんなさい。

DSC05807.jpg

酸っぱいのもありますが、枇杷の味が濃く、ジャムやコンポートにもしています。

今日はプラムも!DSC05809.jpg


この地域は本当に果物の宝庫なのだ、と感じる今日この頃です。

果物だけじゃありません。

今、鯵や鯖が美味し~い!

チャムパパさんが釣りに行って、さばいて刺身にして下さいました。

DSC05803.jpg
味噌煮も絶品でした。

あ!この、花、DSC05792.jpg


ウコンの花です。これも頂き物。。。えへへ。。。


新鮮なお魚と果物、花々の咲き続ける くるあん地域で~す!
DSC05786.jpg

ご近所 コメント:4 トラックバック:0

さっぱりんこした くるあんパパ

2013/06/10(Mon) 21:32
DSC05783.jpg

ウチのパパね…床屋さんに行かず、いつも自分で適当に

髪の毛、チョキチョキしていたんだけど

DSC05781.jpg

ご近所のママさんが来て下さり、「散髪してあげますよ」って。。。


DSC05797パパ散髪


世の中には手先が器用な人がいるのね♪

サッパリした髪型のパパを見るのは35年ぶりです。


ありがとうございます<(_ _)> これからも、よろしくね。

DSC05787.jpg



その後、中華料理店にお誘いして。。。

パパは海老蕎麦に、 みんなで 鶏肉とカシューナッツの炒め物を。
DSC05799.jpgDSC05800.jpg

ママたちは海鮮炒め焼きそばを…

DSC05801.jpg

楽しくお喋りしながら、お腹いっぱい頂きました。


DSC05785.jpg




未分類 コメント:5 トラックバック:0

洋裁の勉強会

2013/06/09(Sun) 21:02
ご存知の通り千葉県は、面積の広い県です。

その東西南北あちこちから洋裁の先生方が集まって、

共同学習会が開かれ

作りやすい手作り服の指導をして下さいました。

『楽なのに素敵に見えるブラウス』数種類の説明と型紙作り。



会場は千葉市・千葉駅近くの学習センター。

海辺のくるあん地域から高速バスに乗って、1時間20分。

千葉駅ってこんなに大都会なんだ!ってビーックリしちゃった。

東京は江戸時代からチョコチョコ町化してきて、空き地が少ない町ですが

田舎の大都会は、広い土地をドカーンと近代化しちゃうので、

とにかく綺麗です。

最近ではのどかな田舎町でのほほんと暮らしているくるあんママ…

ビルの谷間の公園に集まる人人人を見て、

「わぁ~~~! あんなに人がいる!」ってビックリ!

そんな新鮮な驚きのある、今回の勉強会でした。




話を戻します。

服作りの第1歩!原型さえ、

若かりし頃のくるあんママが教わったのとは違う『新原型』というのが

あったんです

身体の特徴をより立体的に捉えた原型と言えるかな?

何しろ一から万事、この調子で勉強し直さなければなりません。

でも、どの先生方も優しく、生徒のやる気を引き出して下さるので

とっても楽しい勉強会でした。

P6090270洋裁教室



製図の説明は、作りやすいブラウスでしたが、先生方が日ごろ

地元の生徒さん達に教えていらっしゃる諸々の作品を紹介するため、

教室内でミニファッションショーが開かれるとのこと。

他人事のように聞いていましたら、

「出なさい!」と先生。 ファッションショーに出れば、その時着た服の

製図を下さる、とのこと。

よーっしっ!それなら出ちゃおう!っと!

出番前のくるあんママP6090274ママ・ファッションショー

シンプルな服ですが、袖ぐり、裾、ポケット口に、

オシャレな石の飾りが散りばめられています。

本番中の写真は無いけど、記念になりました。

見ていた方々が、「この服の製図が欲しい」と言ってくださったの!


ママの先生も出演されました。

P6090303平野先生
素敵でしょ?


その後、ママは勉強会を途中退席して次の出番へ。。。

急いで帰りの高速バスに乗り、向かった先は館山の、とあるお宅の上棟式。。。


このお家の施主さんは、何回もくるあん家に見えて家作りの参考にして下さいました。

お餅やお金を屋根から撒く

P6090304.jpg


田舎ならではの上棟式でした。


勉強 コメント:2 トラックバック:0

トマトの成長

2013/06/09(Sun) 00:20
くるあん海岸に、今年も海の家がオープンしました。

DSC05775.jpg


週末が近付くと、町中に学生さんが溢れるようになり、海岸にも活気が出てきました。



くるあんファームのミニトマト…いつまで経っても緑色なので

DSC05715.jpg


こんなタイプのトマトなのかな?と、食べてみました。

DSC05780.jpg


香りはトマト特有の青臭さが強く、味も酸味が強いのですが、

トマトらしい香りと味で、ママは気に入っています。でも・・・

苗を下さったケンちゃんちのお父さんお母さんに報告しましたら

「食べるにはまだ、早いんじゃない?」って笑われちゃいました。

DSC05778.jpg


ブラックベリーは、仲良しのチャムちゃんちの家庭菜園で作られたもので

疲れ目になりがちなくるあんパパへ、届けて下さいました。

枇杷もご近所のお家から、毎日のように届けられます。

生で頂くばかりでなく、コンポートにしたり

氷砂糖と焼酎に漬けて枇杷酒にしたり、色々楽しんでいます。


DSC05776.jpg




また、先日のクッキング同好会でママが作ったそら豆のポタージュが

お世辞かもしれないけど評判が良かった!との情報に上機嫌になったママは

次はジャガイモのポタージュをしよう!と調子に乗っています。

DSC05772.jpg

皆さんに押し付けちゃお!

来週はご近所さんとBBQを楽しみます。

夏が来たんですね。

海岸 コメント:0 トラックバック:0

夏を目前に。。。

2013/06/06(Thu) 17:33
DSC05714.jpg
手前の大きな葉っぱは、夏の象徴・ひまわり。

花はまだこれからですが…

小さなひまわりは咲き始めています。
DSC05712.jpg


ミニトマトもすくすく成長。
DSC05716.jpg


今年は 朝顔のグリーンカーテンで日差しを遮ってもらいます。

DSC05717.jpg

この地域は大風が吹くので、風であおられて壊れてしまうようなものは向いていません。

日差しを避けるために、朝顔に頑張ってもらいます。


最近は…ご近所の方と、おかずの物々交換をすることが。。。
DSC05719.jpg

カレーを差し上げたら、サザエとトコブシが。。。海老鯛作戦

鯵のたたきと
DSC05718.jpg

冷奴、イワシのお刺身(これ、めちゃウマでした!)
DSC05769.jpg

鰹も~~~
DSC05707.jpg

「飲み過ぎないでね。。。」と目で語りかける食べ過ぎのくるあん。。。
DSC05679.jpg
いや・・・この目は、「アタシも食べたいよ!」と言っているような…


DSC05710.jpg



自然の恵みをもたらす山々と
DSC05771.jpg

海が、今日も穏やかに広がっています。
DSC05673.jpg





お庭 コメント:2 トラックバック:0

クッキング愛好会

2013/06/04(Tue) 15:57
DSC05709.jpg
昨日月曜日、ご近所のお宅でクッキング同好会が開かれました。

料理好きの仲良し4人が集合。

皆さんの畑で採れたソラマメや玉ネギ、ジャガイモ、夏みかん等を使って

それぞれ自慢料理を披露しました。



まずこの邸宅の女主・Aさんの作る夏みかんのマーマレード。

酸っぱくて食べられない!ような夏みかんを使うのがコツだそう。

この日は大鍋1に1.5キロの夏みかん(熟した外皮のキレイなの)を2鍋分作りました。

ブラシでよくこすって皮を洗い、皮を剥き、皮だけを4つ割りか6つ割りにする。

長さを揃え2~3mm幅に細切りし、たっぷりの湯で1時間程、煮る。

DSC05729.jpg


煮あがったらザルに取り煮汁を切って、再び鍋に。。。2~3回水洗い。

水きり後、乾いた布巾に皮を広げ、もう一度布巾をかけ軽く押さえ水分を取る。

果肉は一個ずつ離し、種は捨て、袋と実を分ける。

DSC05728.jpg


袋は細かく刻み、実と共に鍋に。

実と袋の目方の1.5倍の水を加えて煮、

果肉と水の合計量の30%になるまで煮詰める。

煮汁がほとんどなくなり煮詰まったら火からおろす。


先に水切りしておいた皮と果肉に加えよく混ぜ、再び火にかけ

砂糖を加える。砂糖は3回に分けて投入。

DSC05750.jpg


(あらかじめ砂糖1袋の量に合わせて夏みかんの量を設定してあるの!オッホン!)

砂糖が完全に溶けると煮汁は透明感をおびてくる。

仕上がった直後、とろとろ柔らかくても冷めるとジャムっぽくなる。

DSC05736.jpg


冷めてもサラサラしていたら、更に煮詰めても良い。煮沸消毒した瓶に詰める。




あまり写真が無いのは、パン作りも兼ねていたの。

ボランティア活動の先輩E子さんから、教わりました。

パン生地を分量通り量り、醗酵させておく。

DSC05732.jpg


その後、生地を丸め1つ45~50gまでに統一し、布巾をかけて15分休ませる。

三角錐の形に麺棒で伸ばし、広い方から丸めておく。

DSC05739.jpgDSC05743.jpg



クッキングシートを敷いた天板に、巻き終わりを下にしたパン生地を並べ霧吹きをする。

DSC05748.jpg


30~35°Cで40~50分(約、倍の大きさになるまで)発酵させたら、出して

DSC05752.jpg


溶き卵汁をブラシで塗って、予熱した170~200℃のオーブンで15分焼く。

DSC05754.jpg



チャムママは、サラダを作ってくれました。

DSC05731.jpg


紫玉葱の薄切りに各種レタス、ミニトマト、生ハム、レモン酢漬けカリフラワー、等々に

夏みかんのドレッシング。夏みかん果汁100ccにオリーブオイル50~80cc、塩、胡椒。

サラダの写真、ほとんどなくてごめんね。

美味しかったよ。



くるあんママは そら豆のポタージュを!(分量は目分量なの)

(注意…熱を加えるたび、直後に鍋底を氷水で冷やし急激に冷ますと緑色をやや保てる)

そら豆を鞘からだし、切り込みを入れて塩湯で2~3分下茹で。

DSC05720.jpg


固めにゆでた方が色がキレイだけど、柔らかめにゆでた方が甘味が出る。

茹であがったそら豆の皮を剥いておく。

玉ネギは繊維に逆らうように切り(こうすると甘みが出る)弱火でバター炒め。

玉ねぎが透き通るまでじっくり火を通す。(刻んだセロリを入れても良い)

DSC05721.jpg


玉ネギがしんなり透き通ったら、そこに茹でて皮を剥いたそら豆を投入。一混ぜする。

DSC05722.jpg


そら豆と玉ネギ(セロリ)はいつも目分量なの。

豆臭さが苦手な方は、4:1位の比率で。ウチは7:1位で豆が多いです。

ひたひたより多めのブイヨンでひと煮立ちし、

DSC05724.jpg


バーミックスでつぶします(ミキサーでも)

DSC05726.jpg


弱火で焦げないように絶えず掻き混ぜながら、牛乳を入れ、

豆を茹でた際の塩味が利いている場合もあるので、味見をしながら

バターや塩で味を調え、生クリームでコクを出します。


DSC05755.jpg


前日の残りのビーフシチューも、皆さんに進めちゃいました。

パスタはくるあんパパが自宅で作り出前してくれました!

DSC05761.jpg
右手前のサラダ、チャムママちゃんが作りました。


焼き立てのパンとマーマレード、そしてE子さん手作りのイチゴジャム、

DSC05760.jpg


美味しいのなんのって!

DSC05762えみこさん2



DSC05764青木さん宅


食後、反省会を兼てお喋り。

次回は 卵焼きで巻いた太巻き寿司を中心に勉強会しましょう、と。。。

楽しみだな~~~

クッキング コメント:2 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。