FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2013 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

父への手紙

2013/04/14(Sun) 23:07
お父さん、お元気ですか?

毎晩お酒、楽しんでいますか? 囲碁、やっていますか?



私? はい、元気にしてますよ。

時々叔母さんから

「Kちゃんが一番、お父さんに似ているね?」って言われるけど

私はお父さんのように、几帳面な努力家ではないし、頑張り屋でもない。

ひたすら黙々と人のために尽くす人生でもなければ、

際立った運動能力にも恵まれていない。そして何より

その大トトロのような包み込む寛大な暖かさもない…。だから

お父さんに似ている…って言われるたび、私は恥ずかしくなる。きっと

お父さんも苦々しい表情で聞いているだろうな、って恥ずかしくなる。


でもとーっても嬉しいよ。お父さんに似ているって言われること。


あの毒舌な叔母さんが、こう言うの。

「あんたが一番良い物、貰ったね? お父さんに似ているっていう。。。

 それは宝だよ」って。。。

信じられる?お父さん!

あの過激な口調の叔母さんが言うのよ。ボケているからじゃなくて

たまに、しっかりした時、言うんだよ。

もっと早く、こんなことが言える叔母さんであれば・・・ね?

もっと、みんなに好かれていて

幸せな人生だったに違いない。


ねぇ、お父さん、4月はお父さんが生まれた月でしょ?

99回目のお誕生日おめでとう。

いつか、私と一緒にお酒を酌み交わそうね?

報告したいことがたくさんあるのよ。

お父さんが可愛がってくれた、CHA-ちゃんもゆ~みんも、

もうすっかり大人になったよ。

二人とも、しっかりした優しい娘になった。

だから私、娘たちと離れていても、安心して暮らしているの。

叔母さん、パパとくるあんと幸せな田舎暮らし、しているよ。そのうち

自分の役目を果たしたら、思い残すこともなくお父さんの所に行くね。

一緒にお酒、酌み交わそうね。もう…

怒りん坊のお母さんの目をかすめて、一升瓶を隠しながら

チビチビ飲まなくても大丈夫だよ。

火鉢でするめ炙ったり、クサヤ焼いたり、鮭の骨、こんがりさせたり。。。

お父さんが酒の肴を楽しんでいる間に

昨日はステーキ、今日は和食、明日は中華と

毎日、美味しい物、私が作ってあげるよ。



そういえば。。。

聖路加病院の病室の窓から、銀座のネオンを眺めて、

「K子、オレが退院したら、銀座でステーキ食べような♪」

と言っていたお父さん。それなのに、口から食べられなくなったお父さん。

約束果たせなくてごめんね。思い出すたび泣けて来るよ。でも

必ず親孝行するから、待っててよ。


大好きな写真、撮っていますか?

囲碁は相変わらずですか?

いいよ、大丈夫、私はいつでもお父さんの見方だから。

ヘボ碁の応援もしてあげるよ。

いつの日か、私がそちらに行くまでは

 のほほんと呑気に暮らしながら

私達を見下ろしていて下さい。


天上の蓮の葉の上から。。。

スポンサーサイト



思い出 コメント:4 トラックバック:0

ちょっと良いこと。。。

2013/04/14(Sun) 18:32
くるあんママ…ぐ~たらしている時もあるのですが

ちょこっと良いことをする時もあるんです。

と…言っても…よ~く考えてみると、人として当たり前のことなんだけど。。。

普段ポケっとしているから、たまにちょこっと良いことすると

すご~く気分が良くなって、ブログに書きたくなっちゃうんですよ。

聞いてね。


まず、今年の1月末に『お味噌の寒仕込み』を教えて頂いたときの加工所。

そこの大掃除をパパと一緒にお手伝いしてきたの。

ホント言うと、自分の家もキレイにしたいところなんだ。。。


お味噌作りをさせて頂いた、各グループの代表者が

加工所のお掃除を自主的にしていらっしゃるようです。

年に2回、虫が出る春先と、冬場に入る頃(虫を除去する為)に。。。と。

パパママは比較的楽な会議室のガラス窓を拭き、床を拭き、そこを終えて

廊下、そして加工所の主役・台所の(もうほとんど終わっていたのですが)

床の水をデッキブラシでゴシゴシ!

終わった後、窓ガラスを拭いた会議室に集まり、管理委託を任されている

農協の職員さんのお話を聞きました。

要するに加工所の運営が楽ではなく、どうしたら良いか!と。。。

出来るだけ使用者(グループ)が増えてほしい、また節約面では

電気・ガス・水道料金がかかりすぎているため、その工夫について。

使用者は、小まめに節電を心がけています。ではなぜか?それは

基本料金が高いのです。大容量の設定の為かなりの額になってしまうのです。

そこで、使っていないアイスクリームを作る機械や大型冷蔵庫の分を

差し引く形で設定を下げるよう、東京電力に頼むことに。。。


色々勉強になりました。

DSC05021.jpg

さて、今日の夕方、いつものようにくるあんとお散歩していたら

見知らぬご夫婦が、車の窓越しに道を尋ねて来るのです。

そこは、その時点からとっても説明しにくい場所なので、くるあんをパパに任せ

「ちょっと失礼します」

ママは後部座席に乗り込み、

「え~。。。ここをまっすぐ行って、あの左手の桜に沿って曲がって下さい」

とっても解りにくい道ですが、ママはもう地元の人みたいに

どこに、何という建物があるか、よく解っています。

迷わず目的地に着きました。

「ナビに従って何度もチャレンジしたんだけど…」

車の持ち主は、ようやく辿り着いたことに安堵してくれました。

「ゆっくり、楽しんでいらしてください!」と言って車を降りると

ご夫婦ともにとってもいい笑顔で振り向いてくれました。

当たり前のことをしたのですが、とっても良いことをした気分に~~~

そして、ママはもう、この土地の人なんだ!って、自信を持ちました。



良いことばかりではありません。今日の夕方、お世話になっている不動産屋さんが

お客さんを連れて見えたのだけど、

ちょうど、PHSが鳴り、携帯のメールが入り、家電も鳴り、FAXもきて

バタバタしちゃって…お迎えできず、

タイミング悪くてごめんなさい。。。ペコペコ

来週日曜あたりまた、お客さんをお連れして来て下さらないかな?

お待ちしていますよ~。勝手言ってごめんね。




くるあんママ、今週から新しいボランティアも始まります。

頑張るぞー!


DSC05019.jpg

笹かまぼこで、シラスと葱のピザ作ってみました。

味は・・・イマイチでした。
未分類 コメント:7 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR