FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2012 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

歌舞伎の思い出

2012/12/14(Fri) 19:40
数え年の6歳・6月6日から日本舞踊を習い始めたくるあんママは

その少し前から祖父母に手を引かれ、歌舞伎を見に行くようになりました。

入口を入ると赤い絨毯の敷かれた階段、劇場内には提灯がぐるりと飾られ、また客席を彩る和服姿の女性たちが

外の世界と違う華やかな雰囲気を漂わせていました。

「さぁ!日本一の美男美女が登場するぞ」珍しく意気揚々とする祖父の言葉に、

子供なりに美男美女のイメージを頭の中いっぱい膨らませて待っていると。。。

ドーランが皺に食い込んでいるようなご老人のカップルが現れてビックリしたり、その老カップルの

恋の逃避行が…さっさと逃げりゃいいのにじれったいほどスローテンポなので、子供なりに理解に苦しんだり、

にもかかわらず日頃せっかちな隣の祖父母が…(名演技に)感動の唸り声を揚げているのを、

ボー然として眺めていた子供時代のくるあんママでした。


現実とは、かけ離れた歌舞伎の表現法。。。それが祖父母のお供をしていくうち

目や耳が徐々に慣れて行ったのでしょうか、違和感なく受け入れられるようになっていきました。



ある時、客席が歓声に湧き上がる一瞬がありました。

それは人気役者の子供の初舞台だったのです。

名役者と言われるその父の跡継ぎであり、歌舞伎界を背負っていくであろう、との期待感が

その小さな子供に注がれているのを感じました。



そしてその子は、すくすくと役者人生を歩み続けて行ったのでした。


くるあんママを歌舞伎鑑賞に導いてくれた祖父母亡き後も、時折歌舞伎座に足を運ぶと

そのちっちゃな彼が、目覚ましい成長をし続けていて、時には若手のリーダー格になっていたり、

時は立ち役も、女形もこなせる華やかな役者に成長していたり、世界に羽ばたいて行ったり

二人の息子と共に一門を引っ張って行く、歌舞伎界の中心的存在になっていて。。。

あの小さな子供がね・・・といつも初めて見た時の幼い彼の姿と、響き渡る歓声が浮かんでくるのでした。


その後も彼は、初舞台の大きな期待を上回るほどの成長をし続けました。

そして、あの時の舞台を見て歓声を送っていた、ほとんどの人が旅立っていったであろう空へ、

57歳の若さで彼も逝ってしまいました。

勘三郎さんの初舞台を記憶している最後の一人に、くるあんママはなっているのかもしれません。



劇場内が響くような、あの歓声が今も耳に残っています。

名舞台の数々が瞼に残っています。

天国で、残りの役者人生を続けてほしい。

それを私も見てみたい。

輝き続ける勘三郎さんを。。。




スポンサーサイト



思い出 コメント:2 トラックバック:0

ミニ忘年会 その①

2012/12/14(Fri) 09:08
くるあんとパパママが、海辺の町に越してきたのが今年の夏。

それから4か月半経ち、海辺で初めての年の瀬を迎えることになりました。

地元に代々暮らす方々は勿論、遠くから越してきた皆さんにも親しくして頂き、

順調な田舎暮らしを満喫しているくるあん一家。

今日は自宅で、ミニ忘年会を開きました。お招きした顔ぶれは

夏の第2回BBQの時話が弾んだというAさんご夫婦と、ワン友ケンちゃんのお父さんお母さん。

そして囲碁の先生。

ケンちゃんのお家からはシャンパンとお母さん手作りの昆布巻き(鮭・鰊・豚肉)をたくさん。超美味しかった!

他にもイクラやお刺身のサク。

Aさんからは奥さん手作りの、カリフラワーのサラダ、おつまみとして絶品のチーズの冷奴風。白和え。

更にはデザートとしてスィートポテトまで。。。

DSC03135.jpg


こんなに持ち寄って頂けるなら…作らなきゃ良かったと内心呟いたくるあんママの手料理は

胡麻豆乳鍋、カブの甘レモン漬け、イチジクの梅酒煮、ワカサギの唐揚げ、

リンゴとレタスとクリームチーズのサラダ、鶏唐揚げ等々。。。

ケンちゃん、Aさん両家からの差し入れにより豪華な食事になりました。

DSC03133.jpg


「みなさーん! これからもよろしく~~」

DSC03126忘年会①



ケンちゃん・お父さん、お母さんからは海辺の暮らしの先輩として、数々の実体験によるアドバイス。

囲碁の先生からは、人生の先輩として豊かな老後の送り方。

Aさんご夫婦からは慣れない畑仕事のユーモアを交えた失敗談。(*^。^*)

皆さんの個性あふれる話題に聞き入る くるあんママでした。

DSC03131忘年会②


今後…二人のママさんから料理も教えて頂くことに。。。

海辺の暮らしはますます充実したものになりつつあります。



自宅 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR