くるみとあんずの散歩道

2012 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

昆布巻き

2012/12/29(Sat) 19:15
仲良しwan友・ケンちゃんのお家で、おせち料理を教わりました。

生徒は くるあん家が親しくして頂いていますAさんとくるあんママ。

先生はもちろん、ケンちゃん母さん。


では始めます。  今回は『昆布巻き』

なんてったってその昆布がスゴイ!

1年物の柔らかい昆布を使うのがコツとやらで、

北海道からのお取り寄せ・逸品をふんだんに使って・・・

中身は豚肉、鰊、鮭、

121229_1041~01 121229_1057~01


等々・・・お好みで・・・

121229_1040~01


昆布は3重に巻き楊枝で刺すか、干瓢で巻きます。

鍋に並べ、まず水を入れて鍋が焦げないように注意しながらコトコト煮、鰹だし+醤油の薄味で味付け。

更に煮込むこと数十分。昆布のいい香りがキッチンに立ち込め…食欲をそそります。

薄味なのと昆布の足が速いこともあり冷蔵庫に保管。一日に一~二度火を通すのを忘れてはいけません。

他にもサツマイモとリンゴのきんとん。

ただ甘いだけでなく、リンゴの酸味が爽やかさを添えています。

サツマイモは裏ごしをすると更に滑らかになりますが、くるあんママの好みで裏ごし無し!

厚く皮を剥き、酢を少々入れた水で柔らかく似て、木しゃもじで潰し、砂糖を加えると充分なめらかに。

リンゴは薄い銀杏切。やはり酢と水あめを使うのがミソ!


お父さんたちは、ケンちゃんちの巨大テレビでノンフィクション野生動物映画を鑑賞。

その音響設備の素晴らしさ。映画館にいるような錯覚に・・・

お昼ご飯を頂きながら、お喋りの花を咲かせ、楽しい昆布巻き講習会は終了しました。



ケンちゃんお父さんお母さん、至れり尽くせりありがとうございました。

我が家に持ち帰った昆布巻きは…こんなにあるの…

DSC03229.jpg


教えていただいた上、お土産に昆布まで頂戴し、感謝感謝。。。

DSC03228.jpg


また、教えて下さいね。





東京のCHA-ネエは、転職が決まり、ルンルン~~~

新しい職場の先輩方に歓迎の会を開いていただきました。

こんな景色を見下ろすお店で、image0004.jpg


こんな大きなお椀が出てきて…「わぁ~~~」と驚くCHA-ネエに、

image0003チャーネエ1


「あ!それ? 中はお汁粉だよ」と巧みなウィットの先輩に大爆笑したとか・・・

中身はこんな感じ。。。

image0006チャーネエ2


新天地でも、それなりに苦労があるのでしょうが、楽あれば苦あり、苦あれば楽あり。。。

1歩1歩人生を歩んで行ってほしいものです。



スポンサーサイト
クッキング コメント:4 トラックバック:0

この半年を振り返って・・・

2012/12/26(Wed) 19:40
あ~今年も残り少なくなりました…

ハッ後5日で新しい年を迎えるのね?

DSC03223.jpg


夏に海辺の町に引っ越してきて半年…もうすっかりこの町の一員にさせて頂いた くるあん一家。

地元の方々はとっても大らかで、くるあんパパママをよそ者扱いせず温かく迎えてくれました。

そうした受け入れられ方がママを前向きにしてくれ、

この土地ならではの…慣れない出来事があっても、積極的に取り組んでいます。

お年を召した方は、手作りの保存食持参で、我が家に足を運んでくださいます。

田圃の道を歩いていると、畑仕事の手を休めて、声をかけて下さいます。

ママさんグループにも入れて頂き、楽しいお付き合いをしています。

家の横を通る通学の子供たちも、「行ってらっしゃい」と声をかけると、はにかんだような顔を向けて

どの子も会釈してくれます。彼らは、他の町で偶然すれ違ったときでも

「こんにちは・・・」と声をかけてくれます。都会の子たちとどことなく違います。

DSC03227.jpg

wan友さんも、たくさん出来ました。

お互いの家を行き来し合う、仲良しさんが増えています。

くるあん一家は本当に幸せな毎日を送っています。

DSC03226.jpg


クリスマスも終わり、ツリーやリースなど…今日は飾り付けを取り外しました。

その後、お正月飾りの買い物へ。生のお花はもう少し押し詰まってから。。。




明日は東京へ行き、くるあんはトリミング。

パパママは築地・河岸&日本橋のデパートでお買い物。


週末はケンちゃんちでおせち料理を教わりに…『昆布巻き』&『きんとん』編。

家では黒豆を煮たり、八つ頭や金時人参など、お正月ならではの野菜のお煮しめ準備開始。

そして、時間があれば 中華おせちも準備するつもり。娘たちが好きな海老マヨと八宝菜を作る予定。




合間に大掃除。生け花。オバちゃんの面会・食事の介助。

DSC03225.jpg



そして大晦日は

パパは娘たち(&コタ・きなこ)を迎えに東京へ・・・

ママはおせちのラストスパート!

そして年越しそば!

カウントダウンコンサートをテレビで見ながら、家族で天麩羅そばを食べるのが今年の〆ってわけです。

さっ!頑張ろうー! エイ・エイ・オゥー








未分類 コメント:2 トラックバック:0

〆のクリスマス

2012/12/26(Wed) 08:42
そ!そうだ!  この前、森の美容室の先生から教わった『手作りパン屋さん』

尋ねてみよう。

店の名前も、正確な場所も解らないけど…最近じゃ頭の中に南房総のナビが設置されている くるあんママ…

きっと何とかなる。

パパを誘って車でGO!GO!

確か三芳道の駅の道を館山に向かうって言っていたな・・・

安房何とか医療センターだか何だか知らないけど、そんな名前の建物がある所を左だったよね?


そろそろだよ・・・ゆっくり走って・・・


は!こ! コレじゃない



121220_1102~01


若いご夫婦(だと思える)二人がテキパキ働いている。

パンを作っている所が、売り場から見えて・・・う~~む・・・きっとこりゃ、当りだぞ!

食パン、菓子パン色々買いあさってみた。

中々美味しい。 ややどっしり感のある 手作りの味。

パンはここで決まりだ。



夕方からチャム君、チャムママが我が家へ。。。


パパさんがお出掛けとかで、「暇なの」って言うから

じゃ、何にもないけど家で食事してね、お喋りしよっ!ってことに。。。


DSC03220チャムママさんとクリスマス



相変わらず態度のデカいくるあんにビビりつつ、徐々に慣れてきたチャム君。

お正月のおせち作りの計画を練る、ママたち。

「私達って、食べる話が多いわね?」と食べながら話すママたちなのでした。



仲良し コメント:0 トラックバック:0

くるあんサンタ

2012/12/23(Sun) 23:42
メリー・クリスマス~~

クリスマスにはサンタクロースの弟子になる くるあんです。

DSC03195.jpg



あ!ちょっと、どいてどいて byあんず
DSC03194.jpg




プレゼントの配達に忙しい あんちゃんなんですよん。

DSC03192.jpg


あたちだって!   byくるみ
DSC03193クル・飛び跳ねる



まず手始めに東京のCHA-ネエ、そして海辺のwan友ちゃんちにご飯とケーキを。。。

image0001.jpgimage0002.jpg



チョコのケーキはパパさん・ママさん、またはchaーネエ用で、 白いのはwanちゃん用ケーキ。

おまけに、ママの撮った写真集付きだよ。





くるあんサンタ 大忙しの1日でした夜は少数のお友達を招いて。。。こんな感じ。

DSC03199.jpg

ケンちゃんママさん手作りの大根と肉団子の煮物を頂きました。超ウマウマ
DSC03219.jpg


お刺身のサクもケンちゃんちから。。。

これからカルパッチョにしようとしていたのに、準備段階のてんこ盛りのまま、

どこかの胃袋に移動しちゃったのでした(^_^.)

あー!写真撮り忘れた! ママは頂き物の蓮根を薄切りにし、お魚のすり身をはさんだ揚げ物をしたの。

中々好評でしたわよ!

お友wanちゃんたちも、楽しいクリスマスだったかな?

DSC03211.jpg


クルミとアンズ コメント:2 トラックバック:0

ボランティア

2012/12/21(Fri) 18:50
ここ海辺の町に移り住んで以来、散歩の時などに時折、お声を掛けられます。

「ここを住みよい町にするために、意見を聞かせてね」

代々この地に暮らしていらっしゃる地元の方々にそう促されます。。。そんな時。。。



聞かれたことには答えたくなるくるあんママは、遠慮なく感じていることを言っています。



メインストリートの車道は片側1車両ずつ。。。ゆっくり運転する車があると渋滞は避けられない。

道幅を広げるべきだと思う。また安全な歩道らしきものはなく、

あっても極端に幅が狭い上、ガードレールは無く、段差は次々にあり、高齢者が歩行するには危険過ぎる。

海が売り物の町なのに、海岸には廃屋が目につく。(国の所有物と思われ、現在では使われていない模様)

使用されていないのであれば撤去すべき。(撤去費用が国から下りない、のであれば)国にかけ合うべき。

どうしてもラチが開かない場合、町に暮らす皆でお金を出し合って撤去してはどうか?

火着けでも起きたら、悪い印象が広まり、観光の場として人気が落ちる。

早くキレイな海岸を取り戻すべきと思う。

廃屋撤去後の跡地には、観光客のための、ランチやお茶の店、または有料パーキング、

シャワーを浴びたり着替えをするところを整備してはいかがなものか?

等々思う付くまま言いたい放題…すると、街づくりに前向きなオバちゃんに見えたらしく、

街の美化活動のボランティアとしてお声がかかるようになりました。


木曜日…駅のホームから見える所に花壇を作るお手伝いに

チャムママさんもお誘いして駆けつけると…観光協会の会長さん始め町の皆々さんに笑顔で受け入れられ

楽しくお喋りしながら…花壇に寄せ植えしてきました…咲くのはまだ先の話です。

DSC03183.jpg


「この町の顔ともいえる部分は、人気道の駅、海岸、そしてこの駅であります。

電車から降りたとき、温暖なこの土地らしく花々でお客さんをお迎えできるように…」とのこと。


早く咲いてね。

DSC03181.jpg

「次は浜辺に咲く花の手入れを一緒にやってよ」と地元の奥さん。

ハイ、ハイ、なんでも手伝いますよ。すると…その奥さん、

手作りお味噌の寒仕込みを、第1歩から手取り足取り教えて下さる、と言います。

周りの奥さんたちがおっしゃるには、この方に教わったお味噌を頂くと、

お店でお味噌を買う気にならないのだそうです。

ただし…作ってから3年位経ってから、美味しくなるそうで…

それまで生きていられるかなぁ~~…憎まれっ子世にはばかると言うから大丈夫か!


これからも、この海辺の町にどっしり腰を落ち着けて、地元の皆さんと一緒に仲良く暮らしていきます。


金曜日は、隣町の公民館で、クリスマス向きのフラワーアレンジメントを教わりました。

DSC03162.jpg



壁に掛かっている藍染も、地元で教わった作品なんですよ。

DSC03180.jpg
 

もうすぐクリスマスですね…



ボランティア コメント:2 トラックバック:0

寄せ植え

2012/12/18(Tue) 18:24
今月も、同じ町内の奥様方のお誘いを受け、寄せ植え教室に参加してきました。

個人のお庭を花々で彩ることは、町全体が美しくなる…

といった考えの元、不定期に町のお花屋さんに集合しています。

先月は『クリスマス風』で・・・

DSC03151.jpg


今月は『お正月のイメージ』

DSC03149.jpg


あのね・・・今回は、先生にお褒めを頂いたの・・・えへへ ど~でしょうか?

松、南天、そして流木を選んで挿してみたのが、ママのアイディアなんですよん!


お庭にもプリムラを植えたら、ありゃ?

DSC03152.jpg


先月の始めに植えたスイセンの球根から!!!(ピンボケですが)

DSC03154.jpg

一輪だけ咲いてる~

我が家の北側の部分で…日当たりは良い方ではないのに・・・健気だな~~~ジィ~~ン。。。

スイセンの他にもチューリップを植えたのですが…

何せ土の中にガラが多いので、植える時、大変でした。

掘って、掘って、岩や石や瓦礫などを取り除いて、ザルで土をきめ細かくして

栄養のある土も撒いて…そうして球根を入れたのだけど…どうやらそうした土の状態が気に入られたらしく

ミミズが集まり、そのミミズを餌に求めたモグラが!!! 球根をひっくり返しちゃうの!

そんな訳で、ひっくり返された球根を元に戻す作業に、毎日追われているのだけど

ま、だいたいこうした地味な作業は、パパに任せているんだ、えへへ~



くるあんも、オバちゃんも、みんな元気なくるあん一家でーす。


くるあん地域は冬でも暖かいよ(大風の日もあるけど)


お友達の皆さん、年末年始、遊びにおいで~~~



自宅 コメント:2 トラックバック:0

日向ぼっこ & 大地の恵み

2012/12/16(Sun) 17:51
日曜日…真冬なのに…

ポカポカ陽気の昼下がり

くるあんとお庭でのんびりしました。

DSC03142.jpg

世間は選挙で騒いでいるけどね・・・? もちろん、1票入れてきましたよ。政治に期待、持てないけど。

DSC03143.jpg


話は変わりますが。。。

親切な人が多いこの地。

不動産屋さん は今日、畑で採れた新鮮な菜花を届けてくれました。

DSC03146.jpg



他のお野菜もご近所さんから頂きました。

DSC03147.jpg


無農薬のお野菜は、安心して頂けます。

同じ時期に同じ種類の野菜が収穫されるため、重なってしまうことが多いのですが

決して無駄にせず、毎日せっせと工夫して頂いています。

丹精込めて育て上げた生産者の努力と、大地の実りに感謝して。


クルミとアンズ コメント:0 トラックバック:0

森の美容室

2012/12/16(Sun) 00:40
チャムママさんに紹介して頂いた美容室・・・

それは里見八犬伝の伏せ姫伝説のある森の中にあります。

坂道を登って行くとチョコンと現れる

周りの樹木や湖に溶け込んでいる、おとぎ話に迷い込んだような可愛いお店。



121215_0848~01

一人の客だけを待っている、小さな小さな美容室。。。


経営者の先生は、東京の美容室で長年腕を磨かれ、今も二つの店の行き来をしています。

ここ森の美容室は先生の親御さんの生家の敷地内にあり、

先生ご自身も子供のころから夏休みなどに滞在していたという、少女時代の思い出の場所なのだそうです。

121215_0848~02

大人になって、別荘のような存在と思っていたこの家が

ある日を境に別の意味を持つようになって行った、と言います。


実は先生も親御さんの介護をするため、ここで暮らす生活になったのです。

数年は、仕事と家事と介護に明け暮れる日々。。。

サバサバとした口調で語る先生ですが、その後

老人施設にお母さんを預け、仕事の合間に様子を見に行く日々に至るまでには

悩みもあったと思われます。

そんな訳でくるあんママとは共通の話題も多く、そして食べることも大好きなようで…(^_^)v

この日は美味しいお蕎麦屋さん情報を教えてくれました。

その話は、「え~~っと、ダムの道をもうちょっと行って、なんとか街道に入って。。。

きのこのオブジェのあるお店」とのこと。う~~~む。。。行かれるかな~~?(^_^.)土地勘ないし。。。

家から美容室までは、歩いて45分くらいなので、程よいハイキングでもあるのですが、

今日は帰ろうとしたら雨が降っていたので、パパに迎えに来てもらい

思い切って、『きのこのオブジェのあるお蕎麦屋さん』を目指すことになりました。



その程度の情報では「絶対、たどり着けないぜ!」と断言するパパとは逆に、

食いしん坊の第6感を働かせ、あっちだ!こっちだ!と指図する くるあんママ。。。


美容室のある山の狭い裏道をくねくねと下り、隣の山のダムを越え…しばらく人寂しい山道を進むと。。。

あ!コレじゃない? きのこのオブジェのある…手打ち蕎麦屋さん!

121215_1243~02


ちょっとお汁の醤油が濃かったけど、お蕎麦は美味しかったし、レトロなお店の雰囲気にも満足!

121215_1232~01


パパも気に入ってくれたようでした。

大晦日も行こうかな?


お気に入り コメント:0 トラックバック:0

歌舞伎の思い出

2012/12/14(Fri) 19:40
数え年の6歳・6月6日から日本舞踊を習い始めたくるあんママは

その少し前から祖父母に手を引かれ、歌舞伎を見に行くようになりました。

入口を入ると赤い絨毯の敷かれた階段、劇場内には提灯がぐるりと飾られ、また客席を彩る和服姿の女性たちが

外の世界と違う華やかな雰囲気を漂わせていました。

「さぁ!日本一の美男美女が登場するぞ」珍しく意気揚々とする祖父の言葉に、

子供なりに美男美女のイメージを頭の中いっぱい膨らませて待っていると。。。

ドーランが皺に食い込んでいるようなご老人のカップルが現れてビックリしたり、その老カップルの

恋の逃避行が…さっさと逃げりゃいいのにじれったいほどスローテンポなので、子供なりに理解に苦しんだり、

にもかかわらず日頃せっかちな隣の祖父母が…(名演技に)感動の唸り声を揚げているのを、

ボー然として眺めていた子供時代のくるあんママでした。


現実とは、かけ離れた歌舞伎の表現法。。。それが祖父母のお供をしていくうち

目や耳が徐々に慣れて行ったのでしょうか、違和感なく受け入れられるようになっていきました。



ある時、客席が歓声に湧き上がる一瞬がありました。

それは人気役者の子供の初舞台だったのです。

名役者と言われるその父の跡継ぎであり、歌舞伎界を背負っていくであろう、との期待感が

その小さな子供に注がれているのを感じました。



そしてその子は、すくすくと役者人生を歩み続けて行ったのでした。


くるあんママを歌舞伎鑑賞に導いてくれた祖父母亡き後も、時折歌舞伎座に足を運ぶと

そのちっちゃな彼が、目覚ましい成長をし続けていて、時には若手のリーダー格になっていたり、

時は立ち役も、女形もこなせる華やかな役者に成長していたり、世界に羽ばたいて行ったり

二人の息子と共に一門を引っ張って行く、歌舞伎界の中心的存在になっていて。。。

あの小さな子供がね・・・といつも初めて見た時の幼い彼の姿と、響き渡る歓声が浮かんでくるのでした。


その後も彼は、初舞台の大きな期待を上回るほどの成長をし続けました。

そして、あの時の舞台を見て歓声を送っていた、ほとんどの人が旅立っていったであろう空へ、

57歳の若さで彼も逝ってしまいました。

勘三郎さんの初舞台を記憶している最後の一人に、くるあんママはなっているのかもしれません。



劇場内が響くような、あの歓声が今も耳に残っています。

名舞台の数々が瞼に残っています。

天国で、残りの役者人生を続けてほしい。

それを私も見てみたい。

輝き続ける勘三郎さんを。。。




思い出 コメント:2 トラックバック:0

ミニ忘年会 その①

2012/12/14(Fri) 09:08
くるあんとパパママが、海辺の町に越してきたのが今年の夏。

それから4か月半経ち、海辺で初めての年の瀬を迎えることになりました。

地元に代々暮らす方々は勿論、遠くから越してきた皆さんにも親しくして頂き、

順調な田舎暮らしを満喫しているくるあん一家。

今日は自宅で、ミニ忘年会を開きました。お招きした顔ぶれは

夏の第2回BBQの時話が弾んだというAさんご夫婦と、ワン友ケンちゃんのお父さんお母さん。

そして囲碁の先生。

ケンちゃんのお家からはシャンパンとお母さん手作りの昆布巻き(鮭・鰊・豚肉)をたくさん。超美味しかった!

他にもイクラやお刺身のサク。

Aさんからは奥さん手作りの、カリフラワーのサラダ、おつまみとして絶品のチーズの冷奴風。白和え。

更にはデザートとしてスィートポテトまで。。。

DSC03135.jpg


こんなに持ち寄って頂けるなら…作らなきゃ良かったと内心呟いたくるあんママの手料理は

胡麻豆乳鍋、カブの甘レモン漬け、イチジクの梅酒煮、ワカサギの唐揚げ、

リンゴとレタスとクリームチーズのサラダ、鶏唐揚げ等々。。。

ケンちゃん、Aさん両家からの差し入れにより豪華な食事になりました。

DSC03133.jpg


「みなさーん! これからもよろしく~~」

DSC03126忘年会①



ケンちゃん・お父さん、お母さんからは海辺の暮らしの先輩として、数々の実体験によるアドバイス。

囲碁の先生からは、人生の先輩として豊かな老後の送り方。

Aさんご夫婦からは慣れない畑仕事のユーモアを交えた失敗談。(*^。^*)

皆さんの個性あふれる話題に聞き入る くるあんママでした。

DSC03131忘年会②


今後…二人のママさんから料理も教えて頂くことに。。。

海辺の暮らしはますます充実したものになりつつあります。



自宅 コメント:0 トラックバック:0

お掃除

2012/12/11(Tue) 13:33
くるあんママが参加している体操のサークル。。。

その練習場は、市の公民館を使わせていただいています。

10日・月曜日、その公民館の大掃除をすることになり、各サークル活動のメンバーが揃い踏み。。。

我がチームは…体操で使っている会場とは違い、調理室のお掃除を受け持ち、

チャムママさん、体操の先輩たちと和気藹々、頑張って来ました。

まずは、天井の蛍光灯とその周辺の拭き掃除から。。。そして隅々まで綺麗にした後

6台ある調理台の細々した器具を点検し、足りないものを書き出します。

家でもこれくらい頑張らなきゃ…と思ったのは一瞬で、外でやったからウチはいいや!って思っちゃった

慣れない大掃除をしたので、お昼ご飯は楽をしよー!と思い、

チャムママさんをお誘いして、隣町の豆乳ラーメンと桜あんみつをガッツリ食べてきました。



今朝はうっすら富士山が。

DSC03115.jpg


くるあんのお庭は・・・お隣との境界に植えた植樹が育つまでの間、白い板の柵を取り付けました。

DSC03124.jpg


これで安心してくるあんをお庭で遊ばせることが出来、

DSC03119.jpg


ママはとーっても気分が良くなりました。

DSC03118.jpg


東京のCHA-ネエ・コタ・きなこのおとぼけトリオは・・・

PB290417.jpg


年末年始、海辺の家に遊びに来る予定です。

PB290401.jpg


待ってるよ~~~

PB290411.jpg



未分類 コメント:2 トラックバック:0

食べ物の取り持つ縁

2012/12/09(Sun) 02:13
念願の田舎暮らしをする中で、予期せぬ出来事のひとつに

手作りの無農薬野菜や、趣味の海釣りの釣果を頂くことが多い、という事があります。

「たくさん収穫できたから…」「たくさん釣れたから…」との言葉を添えて。

安心して頂ける無農薬野菜や、釣ったばかりの新鮮な魚は、とても美味しく

また、我が家の家計を支えてくれます。

そこで、くるあん家も何かお役にたてないかしら?と始めたのが

酒粕に漬けた魚の切り身と、大根のビール漬け(トトロママさんより伝授)。。。

何回も作り、試食し…

程良く漬かったものを、お世話になっています皆さんに差し上げました。

きっとお口に合ったのでしょう…とても喜んで頂きました。

今日の焼き魚は、酒粕に漬けた鰤。赤味噌と醤油をベースにしてあります。(真ん中には激ウマ大根おろし)

DSC03101.jpg


頂いたイナダは、DSC03108.jpg
パパが大格闘してさばき、アラはくるあん用に煮、切り身は酒粕に漬け、刺身は…

スーパーで見かけた3個198円の淡路島の玉ネギ(生でも辛くない)DSC03098.jpg
をツマに、カルパッチョ。。。(写真撮り忘れ)

頂き物の春菊は小エビ、玉ねぎのスライスとでかき揚げに。。。と…そこに…


甥っ子から届いた宅急便が。。。中には???DSC03103.jpg


ぬかの中には サンマが・・・DSC03104.jpg


焼いてみるとかなり味が浸みています。北海道の保存食だそうです。
DSC03105.jpg


たくさん入っていたので、これもセットにしてご近所にお配り。


すると金山寺味噌や、酒蔵の柔らかい酒粕等々物々交換して頂き

またもエビ鯛になっちゃいました・・・感謝感謝。

最後に、トトロママさんが送って下さった岐阜・大垣のお菓子・・・

ママはここ『槌谷さん』のお菓子が大好き~~DSC03102.jpg


そういえば時々遊びにみえるお隣のおばあちゃまが、先日岐阜・大垣の美味しい柿を下さいました。

この槌谷さんのお菓子が届いた日もお見えになったので、お出ししますと、

偶然にもご主人様が同じ大垣のご出身と解り、大いに話が弾みました。

食べ物の取り持つ縁により。。。一段と親しくなったような気がします。

クッキング コメント:2 トラックバック:0

今朝の富士山

2012/12/05(Wed) 21:57
今朝、海岸へ行くと。。。

DSC03092.jpg


富士山がうっすら見えました。


ここでの曲線を描いた入り江から見る富士山は、その角度によってとっても大きく見える所があります。

見ている所は少しの距離の違いなのに、不思議なくらい大きく感じる場所が在るのです。

その場所は、いつも電車や車の窓から見て、「あー!」と言っている間に通り過ぎてしまうのですが、

いつか大きな富士山をカメラに収めたいと思っています。

DSC03093.jpg

この後。。。海岸で。。。

DSC03094 - コピー


くるあんは喧嘩しちゃいました(-_-;)

ひとりで盛り上がるあんちゃんのハイテンションぶりにクルがキレるっていう、いつものパターンです。



未分類 コメント:2 トラックバック:0

準備その①

2012/12/04(Tue) 17:01
クリスマス・・・そして忘年会・・・

今年は我が家で数回に分けて行う予定です。

飾り付けも少しずつ始めました。

DSC03069.jpg


このツリー夜の明かりに映えてキレイなんですよ。他はお子ちゃま向けの飾りです。

DSC03090.jpg


献立は…お招きするグループのお好みで考えるのが、楽しみでもあります。

今は、大量に頂いたお野菜を役立ててあれこれチャレンジしています。

トトロママさんに教えて頂いた、『大根のビール漬け』

スライスして塩を振った大根を

ザラメと辛子とビールの黄金トリオに

DSC03084 - コピー

どさー!

DSC03085 - コピー

そして混ぜ混ぜ。。。容器に移し冷蔵庫へ。2日ほどで食べごろのようです。

今日、(まだ漬けて1日目)つまみ食いしてみましたが、べったら風になりそうな気配。

教えて下さったトトロママさん、ありがとね。

ケンちゃんちのキャベツで、ロールキャベツを作りましたら・・・

DSC03083 - コピー


ご近所からアワビやサザエ、鯛の豪華差し入れが~~

DSC03076.jpg


アワビは酒蒸しにしてみました。柔らかく美味しく出来ました。


相変わらず食べる話中心の くるあん家です。

自宅 コメント:2 トラックバック:0

大根オンパレード

2012/12/02(Sun) 19:22
秋田犬ケンちゃんのお家から、ドドーンと届きました。

DSC03074.jpg


無農薬の大根とキャベツ。


で・・・こんなにどっさりどーしよっか。。。

ご近所さんにお分けしようかと思っていたら、

「ウチも家庭菜園しているんです」「実家が農家で…」等々。。。

ふむふむ! それじゃぁ~頑張るぞー

こちらでは、大根の葉っぱが高い評価を受けています。白い実の部分より身分が上って感じなの。

そこで、洗ってザルに揚げ水気を切った葉っぱをザクザク切り、胡麻油でジュジュジュ~~と炒め

お砂糖とお醤油で味付け。  これってご飯が進むんだ。

この作業を中華鍋で3回も繰り返し作り、タッパーに詰め込み、冷蔵庫へ。

まだまだある、大根の葉っぱさん。次は普通に湯がいて、食べよい長さに切り、胡麻和えに。。。

まだまだあるのよ、大根の葉っぱさん。さぁ~って! ど~しよっかな???

と、そこに ピンポーン

お隣のおばあちゃまが海岸をお散歩中見つけたという・・・


DSC03078.jpg



キレイな貝殻・・・くるあんママ、大感激。その後しばらく我が家の庭で草花の育て方を教えて頂いたの。


おばあちゃまがお帰りになった後、くるあんママの料理魂に火が付き。。。

喜ばれるものを作るぞーーー

海老の殻を剥き一口大に切り、玉ねぎの薄切り、大根の茎・葉っぱとでかき揚げに。

あ!サラ~~っと言っちゃったけど、この大根の茎と葉っぱをかき揚げにプラスした、ってとこが、

ママのアイディア。明日葉の天麩羅が美味しいんだから、大根もいい仕事してくれるでしょ!って。。。

や・は・り・・・激ウマでしたわ むふふ・・・

大根おろし。超甘かったです・・・。 お正月にお馴染みの 紅白なます。まだ味が浸みていなかった。

DSC03080.jpg
ギンダラの酒粕漬けも、美味しくできたんですよ。えへへ…自画自賛

大根鍋。等々 大根のオンパレード。

DSC03079.jpg



かき揚げと大根おろし、胡麻和えは お隣にもお持ちしました。


とっても嬉しそうにニコニコしたお顔のおばあちゃまを見て 
  

幸せな気持ちになった くるあんママでした。







クッキング コメント:0 トラックバック:0

ピクニック

2012/12/02(Sun) 08:38
仲良しのチャムくん一家のお誘いで、ピクニックに行きました。

目的地は『佐久間ダム湖

PC010436 - コピー

鴨の団体さんが、ガオガオ行き交います。

PC010438 - コピー


人に尽くすのが趣味と言われているチャムパパさんが、この日のために前日に釣りに行き



釣った鯛で鯛飯を炊き、おにぎりにしてくれました。めちゃウマ

PC010443 - コピー


そればかりかサラダ、から揚げ、お漬物、その上カセットボンベ持参で味噌汁やお茶まで。。。

PC010434.jpg


くるあん家は気楽に…リンゴ、みかん、おせんべい、飲み物、そしてワンちゃん用サツマイモの蒸かしたの。

PC010444.jpg


案の定、食い気にハマるくるあん。

PC010445佐久間ダム

PC010446.jpg



食べることしか考えちゃいない!

PC010428.jpg



「くるみお姉ちゃん、ガツガツし過ぎでちゅよ」 BY あんちゃん

PC010429.jpg


「あ!許可なく撮影しないでくだしゃい」 BY くる

PC010430.jpg


この日のお洋服、のんちゃんの新作だよ~ん



「どぉ?」「いいっしょ?」

PC010432.jpg


食後はダム湖の周辺をお散歩。

PC010449.jpg


暖かい地域だから、ほとんど紅葉はないの。

PC010451.jpg


後ひと月もすると水仙が咲き誇り、3月は桜の名所になるそうです。

PC010457.jpg

遊びにいらしてね~~~



お出かけ コメント:2 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。