FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2011 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

パパの手作りのプレゼント

2011/12/04(Sun) 18:58
くるあんパパママが通っている大学の公開講座『シルクロードの考古学・ガラス編』

講義は紀元前四千年前の西アジアを出発点に、海やシルクロードを伝わっていったガラスの変化のお話と、

実習でガラスを作る…を隔週で教わっています。

実習は五人一組で、ガラスの棒をバーナーで溶かし、剥離剤の着いた金属棒に巻き付け、形を整え

他のガラスの断面をピンセットで均等につけたり、勾玉を作ったり。。。

世話好きなくるあんパパは、同じグループのオバちゃまたちに慕われ頼られ、「師匠」と呼ばれているのですが、

お隣のグループにもっと実力のあるツワモノおじさんがいらして、ママは彼を「匠」と呼んでいます。

その匠。。。最近得た情報によると、なんとプロのガラス工芸家とか。。。ど~りで。。。スゴイと思った(*^。^*)

さらにその匠の息子さんが、ガラス界の巨匠のお弟子さんと知り、教授の勧めもあって

匠親子の工房へ見学に行ってまいりました。

当日はクラスメートの四人が、吹きガラスに初挑戦。



あの吹きガラスって、一度に吹くのじゃなくて、何回も何回も吹いてはガラスを火の中に入れ、

またちょこっと吹いては、また温める。。。を驚くほど繰り返すんですね(゜_゜>)

これって、かなり気の長い人でないと向かないみたい…よ。。。(^_^.)

手取り足取り匠親子のお世話になりながら。。。
111117_1559~01

完成したのが。。。これ↓

P1060937.jpg

完成品を、大学の教授にお見せしたら、初心者としては素晴らしい出来だ!と言われ、

匠親子の手取り足取りのお蔭であることを、うっかり(かどうか解りませんが)言い忘れちゃったママでした(*^。^*)

海の近くの家で暮らすようになったら、

「このグラスで冷酒、飲んでね」とパパ。

きっと、美味しいことでしょう♪ えへっ!(^^)!

スポンサーサイト



未分類 コメント:4 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR