FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2020 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫04

人類の宝

2014/12/04(Thu) 06:16
2日(火曜日)、九条の会の世話人会議が

いつものお宅で開かれました。

今月13日土曜日に行われる

我が南房総九条の会主催

『憲法学習会』の打ち合わせ。

タイトルは

『日本国憲法は人類の宝』

 ー 未来をかけて憲法を守り活かそう ー

九条の会 ちばけん代表の方の講習会を開きます。

日時は12月13日(土) 13:30~

会場は 三芳の農村環境改善センター 
     (南房総市谷向100 TEL0470ー36ー4114)




自分の親・兄弟の戦死や戦中戦後の苦労話は

身内の悲しみとして、身につまされる話です。

日本人としての悲しみであり、苦難でした。

そして日本人でない人たちも

日本が引き起こした戦争に巻き込まれ

命を落としたり、手足を失ったり

それでも日本人のような軍人恩給を受けられずに

苦しい暮らしを余儀なくされた多くの人たちがいました。

戦争により、不幸を引きずって生きた人々の多くの人生は

歴史に埋もれたまま、語られることもなく今日に至っています。

私は、

日本ばかりでなく、他国の人々も戦争に巻き込まれないよう

との祈りを込めて九条の会に参加しています。

多くの方がご一緒に勉強してくださいますよう

お願い申し上げます。



11月27日には館山・鴨川・南房総各九条の会が

南房総市議会に

内閣の集団的自衛権閣議決定の見直しを求める

請願書を提出しました。

請願書提出
戦争をしない国に、

行動を起こしましょう。

声に出して、平和を守りましょう。

九条の会 コメント:0 トラックバック:0

九条の会集会 東京で

2014/11/25(Tue) 17:44
11月24日(月)勤労感謝の日の振替休日の朝

南房総九条の会・館山九条の会の皆さんとバスに乗り

東京・日比谷会館へ・・・
DSC03363.jpg
13時開会のところ、2時間以上も前から長蛇の列
DSC03353.jpg
その目的は・・・
DSC03354.jpg
九条の会集会&パレード<安倍内閣の改憲暴走を許さない!>

に集まった非戦を望む人々。

入場券を受け取り、どんよりとした空模様の日比谷公園で
DSC03358.jpg
お弁当を頬張り、晩秋の寒さを感じつつ
DSC03362.jpg
これから始まる 九条の会・集会の幕開けを待ちます。

ご覧の通り集会の出席者の殆どはお年を召した人々。

公園の向こうで繰り広げられている白いテントの中では
DSC03361.jpg
ドンチャカドンチャカした音楽に、若者達が屯しています。
DSC03356.jpg

平和への願い、戦争をする国作りを許さない!それらは

これを期に戦争に突き進んだ時、

年老いた私たちが駆り出されるのではなく、

若者達が戦争に行き人を殺し、殺されるのです。
DSC03357.jpg
今、はしゃいで歌って踊って屯している若者たちを見て

危機感に対する温度差を感じました。そこに
DSC03366.jpg
右翼の街宣車が!感情的になって

九条の会を罵倒していました。

若者のために平和を維持したい、との思い・・・。

でも世の中には、思いも寄らない感覚があるのだな…と

今更ながら複雑な思いがしました。

この日の集会の客席は 
DSC03367.jpg
2500人もの平和を守ろうという人々で満員に。

まず最初に

非戦を選ぶ演劇人の会・ピースリーディングの皆さんによる

「九条を好きと言えなくなって・・・」 からスタート。
DSC03368.jpg
かつては自然に話せた憲法九条を尊ぶ気持ち…でも今

それを人前で飲み込んでしまう…そんな悩みを抱える人達のお話。

身近な人々に勇気を出して「九条を好き」と言いましょう・・・と。

彼らの活動はボランティアワークとカンパに支えられ

その収益は戦争・紛争により傷ついた人々や、

地域を支援する団体、被災地、テーマに即した非営利団体などに

寄付されています。


その後、憲法研究者であり、九条の会よびかけ人の

奥平康弘さんの講演。

DSC03372.jpg

今、日本は非常に危険な状態にある。

何としてもこの危険から日本を守らなければ…と。


そして作家であり同じく九条のよびかけ人

澤地久枝さんのお話。
DSC03375.jpg


今度の選挙で、自民・公明を勝たせると、

集団的自衛権行使容認を国民が認めたことになるので

何としても自公の議席数を過半数以下にしなければならない。

そのためには自衛隊に武器を使用させない、という1点で纏まる勢力を結成し

統一候補を一名にし勢力を結集させましょう、との苦肉の策を

提案された、と私は受け止めました。

(個人的には他国から責められたとき、個別的自衛権を行使し

自衛隊は自国を守るため武器を使用しなければならないと思う)


私は個人的に統一候補しに勢力を結集との提案に賛成です。

結果、足並みが揃わなくて苦労するのでしょうが、

今、この壁を破らなくてどうする!という思いでいます。

戦争に突き進ませないためにも、国、そして国民を守るため

今度の選挙はとても大きな、重い意味を持っています。

我が国と明日を担う若者たちのために

戦争で失った多くの御霊を悼む為にも

篤き至誠の清き1票を投票しましょう。

最後に、各地の九条の会の取り組み報告があり
DSC03377.jpg
パパの大学の後輩や被災地の若者グループも・・・
DSC03378.jpg

こんなに意識の高い若者もいるのだ、と感心しました。


館山・南房総九条の会は、この後のパレードには参加せず

帰路へ・・。

暮れなずむ我が町に到着し、 足早に我が家へ・・・

お留守番が嫌いなくるあん・・・
DSC03352.jpg
特に寂しがり屋のあんちゃんは・・・
DSC03350.jpg
スネていました。゚(゚´Д`゚)゚
九条の会 コメント:2 トラックバック:0

千葉九条の会 =パパ出席=

2014/10/28(Tue) 18:15
10月25日夜

我が 南房総九条の会のリーダーAさん御夫妻とご一緒に

くるあんパパが出席した『千葉九条の会』学習交流会。



この日、お昼はBBQに御呼ばれしていたパパママ。

長時間お留守番させるとお腹壊しちゃう くるあんなので・・・

ママはくるあんと一緒にお留守番。

帰宅後のパパから受け取った学習交流会のメモを見ると

ママには達筆すぎるパパのメモが読み取れず

いちいち聞いていたら

「そりゃ、平仮名だー!」ていうのもあって、解読不能ヽ(;▽;)ノ



頂いてきた 『さかいね9条の会 通信』から報告します。
                商社9条の会 三浦恒紀氏記述

  マルティン・ニーメラーをご存知ですか?

♪ナチスが 最初共産主義者を攻撃したとき 私は声をあげなかった

私は共産主義者ではなかったから

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき 私は声をあげなかった

私は社会民主主義者ではなかったから

彼らが労働組合員を攻撃したとき 私は声をあげなかった

私は労働組合員ではなかったから

そして彼らが私を攻撃したとき

私のために声をあげるものは 誰も残っていなかった♪



マルティン・ニーメラー(1892-1984)は

ドイツのルーテル派の牧師。

第1次大戦時、Uボートの艦長として戦い、ヒトラー台頭時は

その支持者でもあった。しかしヒトラーが政権を奪取した頃から

ヒトラーのキリスト教弾圧に対して反ナチス運動に転じ、その結果

1937年からドイツ敗北(1945年)まで強制収容所送りとなりました。

上述の『ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき』の詩は

マルティン・ニーメラーが強制収容所から開放された戦後、

自身の運動が間違っていたことを述懐したものです。

マルティン・ニーメラーのこの詩は

今の時代の私たちにあてはまるのではないでしょうか?

♪政府が集団的自衛権容認を発表したとき
          私たちは声をあげなかった

私たちは戦争など起こるはずがないと思っていたから

政府が 福島原発を収束したと発表したとき
           私たちは声をあげなかった

福島と私たちは 関係ないと思っていたから ♪

戦争が勃発し、原発事故が再び日本のどこかで起こったとき

お金持ちや、政府要人は国外に脱出した結果、

国民の生命・安全を守る機能は崩壊し、日本という国が国として

機能しなくなったとき、このマルティン・ニーメラーの詩を

思い出すのでは遅すぎると思います。(以上三浦恒紀氏の記述より) 


本当にその通りと思います。

第二次世界大戦が勃発した際も、

あれほどの戦争になるはずがない、と信じていたら

あれよあれよという間に、避けられない事態になっていった、

と今は亡き祖母が言っていました。 

あっという間に逃げられない状態になり、

命を投げ出して戦争に加担するか、

非国民として石を投げられ投獄されるか

道は二つに一つだった、と言っていました。 

今、勇気を持って声に出しましょう。

賢くなりましょう。

平和を次世代につなげるために・・・。                       

DSC02799.jpg

九条の会 コメント:2 トラックバック:0

九条の会 10月の事務局会議

2014/10/10(Fri) 19:45
火曜日、南房総九条の会 10月事務局会議が行われ、

いつものように囲碁先輩Aさん宅で世話役が集合しました。

今後の活動方針

★ 12月市議会に向け、『集団的自衛権行使容認閣議決定の再考を求める』
   意見書採択の議会請願を行う。

★10月の『九条の会 ちばけん』の行動に参加しよう。
   10月25日講演会(千葉市文化センターにて)

★11月24日 東京大集会 日比谷公園
   集会(13時~14時30分)・パレード 

★12月13日 『憲法学習会』を開く
   会場三芳・農村環境改善センター(予定)
   テーマ 歴史的観点から日本国憲法を見直す

多くの方に参加していただけますよう、呼びかけています。

皆さんもぜひ、ご一緒に勉強しましょう!

会議の後、食事会。

今日はいつもと違いますよ。

いつも会議にご自宅を開放してくださっているAさんが

先日地元で盛大に開かれた俳句の会に参加されまして・・・、

なんと!Aさん御夫妻ともに入賞、

奥様は最優秀賞に輝かれました。

  切岸を 一気に攀じる  葛の花

おめでとうございまーす!

DSC02684.jpg
お赤飯とエビフライでささやかなお祝い(人´∀`*).☆.。.:*・゜

これからも、色々お手本になってくださいね。

A家の、そして九条の会の看板娘 ふうちゃん&てんちゃんも
DSC02686.jpg
「おめでと~~~」って言っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

叔母は相変わらず食が細いのですが

毎日穏やかで、ご機嫌におしゃべりしています。

九条の会 コメント:2 トラックバック:0

九条の会・活動方針 & ボランティア

2014/09/05(Fri) 16:07
先日行われ、くるあんパパママが大遅刻してしまった

南房総九条の会・定例事務局会議。

頂いた資料に目を通し、今後の活動方針を頭に叩き込んでいます。

★学習会・講演会・映画会などフィールドワーク(戦跡めぐり・歴史散歩)

★各趣味の会(囲碁・卓球・俳句・ハイキング・歌の会・野菜作りなど)

予定 ★ 九条の会署名活動

★10・25 講演会(千葉市文化センターにて)九条の会千葉県

★11.24 東京大集会 日比谷公園

★12.13(土) 憲法学習会を開く
          歴史的観点から 日本国憲法を見直すテーマで。
          会場 南房総市・三芳 農村環境改善センター(予定)

★12月市議会に向け、集団的自衛権行使容認閣議決定反対の意見書
               館山、鴨川、鋸南と共同で。


私達の子孫の暮らしを守るためにも、ぜひ共に勉強してくださいますように。。。


事務局世話人の会に出席するたび、

参加者の真面目でひたむきな、発想・活動に胸を打たれます。

主権在民の力を結集し、日本が手本になって

戦争のない世界を目指していきましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

叔母の健康状態は、まずまず安定しています。

ご機嫌よく会話し、食欲もある方ですが・・・

やはり少しずつ体力が衰えてきているようです(´・ω・`)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6月7月に植えた、彼岸花の手入れをしに

ボランティアの皆さんと今朝、

雑草取りをしてきました。P9050003.jpg
なにせ、道は長く続くので、キリがありません。_(´-`_ _)_
P9050002.jpg
お彼岸の季節、道の駅富楽里の近くに咲き誇る彼岸花を見たら
P9050006.jpg

今日の日のブログを思い出してくださいね。

DSC02437.jpg


九条の会 コメント:0 トラックバック:0
Next Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR