FC2ブログ

くるみとあんずの散歩道

2019 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

地元の魅力

2019/01/10(Thu) 06:57
田舎暮らしを初めて6年半。

最近、気付いたこと。



実はくるあんママ、今の住んでいる町にある

海や、最寄りの駅、スーパー、郵便局、公民館

そして人気の道の駅へ、我が家から歩いていかれる利便性、

これから歳をとっても、何とか暮らせる環境を、

とてもありがたく感じているのですが、その反面、

田舎暮らしの醍醐味はイマイチかな?との

満たされない一面も抱いていました。

ポツンと1軒家、ほどではなくても

もうちょっと、静かなほのぼの感に包まれたい。。。

でも!!そうした、素朴な田舎らしさがない反面…

栄えている感もないのです。そこそこ便利だけど

すごく快適とは言えないのです。

わがままですよね?

この中途半端さが、田舎暮らし初体験の者には

有難いのですから。





以前は海水浴場として栄えていたそうです。

観光地として、お客さんが溢れている街だったそうです。

それが今では、お客さんは激減、

海のそばなのに、魚屋さんとかお寿司屋さんが殆どなく、

飲食店も少なく…。

それでつい、家ご飯ばかりになり、客人を迎えても

致し方なく家で、粗末な食事で持て成すしかありません。

自分で選んできたくせに不満を抱くなんて…勝手ですが。

もっと魅力のある田舎町にならないかな?と思っていました。

DSC01674.jpg



最近、車で30分位先の所に長年住んでいる方々が

当地にお出でになった際、

人気道の駅富楽里フラリ(←クリックしてね)

で待ち合わせしたところ…

とても絶賛してくださいました。

新鮮な野菜及び、手作りの郷土料理。

地元の米や 花々。

漁港直営の魚売り場とその食事処。

店内の食事もお持ち帰りもできる

地産地消の手作りおかずの数々。

牧場経営の乳製品の売り場、等等。。。

「いいね~~~!」 を連発され・・・

え?そうなの? 道の駅なんてどこも同じじゃない?

なんとなく、よその道の駅の方が、よく見えていたけど?

すると、鮮度が良い!とお褒めの言葉。

そうなの? みんなそうかと。。。

手作りの食品も種類が多い、とお褒めの数々を聞き

思いのほか、気分が高揚♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

DSC01679.jpg

更にこの後

我が家、我が町に集う皆さんからお褒めの数々が。。。

「岩井はいいね~~?」

「豊かだね~~?」と。。。。

そう? どこもそうかと思っていたけど。。。

そうなんだァ!!

自分の町を褒められるって、すごく嬉しい!

くるみの事件があって以来、ここを離れることばかり

考えていたのですが。。。

これからも大事にしなくちゃね?

くるあんの町!

くるが、好きだった町ですから!
DSC01678.jpg


スポンサーサイト



ご近所 コメント:2 トラックバック:0

忙しい夏

2017/07/09(Sun) 22:50
夏が来ると、海辺の我が町は活気がみなぎります。
P7110649.jpg

海水浴客、小中学の夏期講習。高校・大学のクラブ活動。

そして大学(全体?or1学年全員?)がいくつかの民宿に分散し

海辺での体験学習をするため4~5泊する場合もあります。

今はその時期です。ホテルや旅館と違い、1日3食付き。

おやつもデザートも、お夜食も手作りで用意するのが

ママがお手伝いしている民宿の売り! それらは女将さん、

息子さん御夫婦&先輩スタッフたちが中心になっているとはいえ、

見習いのママでさえも、忙しくない、とは言えません。

P7110650.jpg


本音を言うと・・・

楽をしたくて田舎町に移住したので、今のママの姿は想定外。

つまり働く気は、全っ然!ありませんでした。

そんなある土砂降りの雨の朝、ご近所の民宿の女将さんがいらして

民宿を手伝って欲しいとおっしゃるのです。

喰っちゃ寝、喰っちゃ寝している、このママに!ですよ。


猫の手も借りたいほどの忙しさとお聞きし、

猫よりましでしょ?という思いで、お役に立つことを思い立ったのですが

やってみたら、あまりの忙しさに絶句。

猫の手、借りてください。。。って気持ちですσ(≧┰≦ )

それでも、人に接する楽しさは、何とも捨てがたい魅力があります。





明日、4泊5日の大学生がお帰りになります。

お客様がお帰りになったあと、晴れていれば

全部の掛け・敷布団、枕カバーの取り替え、洗濯、また

布団や枕を日に当て、数時間後、取り込み、

清潔なカバーを取り付け、押し入れに。

もちろん、部屋の掃除も。

5~6名でやっているとはいえ、新米のママより

先輩たちに負担が掛かりがちです。

楽とは言えない仕事ですが、

お客様の表情や声掛けで、疲れが吹き飛びます。

P7110656.jpg


雨が降ると、布団干しや洗濯は延期されます。

どうか明朝、、雨が降りますように。。。

雨が降らないと、仮病になっちゃうよ~~~( ´艸`)ムププ


ご近所 コメント:0 トラックバック:0

紫陽花情報その2

2017/06/09(Fri) 19:13
今年、くるあん家の紫陽花は、まだ全然

咲く気がありません。

でもご近所の・・・あの例の・・・ひと気のない

縮小版レベッカの庭には
DSC09593.jpg
紫陽花らしい青い花々が
DSC09595.jpg
道行く人々の目を引いています。

その並びに白系の紫陽花が。。。

今年は全体的に
DSC09599.jpg
白い紫陽花が多く見受けられます。
DSC09598.jpg
花は、もちろん美しいのですが
DSC09600.jpg
紫陽花の葉っぱに
DSC09601.jpg
和菓子(練り切り)を乗せて
DSC09605.jpg
茶道のお茶請けにすると季節感が。。。(お写真↓拝借)
あじさい和菓子紫陽花

素敵です。DSC09610.jpg
ご近所 コメント:0 トラックバック:0

紫陽花

2017/05/31(Wed) 18:17
ご近所の、長年売り出し中の別荘の、

荒れ果てた庭の紫陽花が、咲き始めました。
DSC09495.jpg
訪れる人のないまま、サツキや藤、紫陽花が
DSC09497.jpg
次々咲いているのが、とても健気に感じます。
DSC09498.jpg
早く新しいご主人が、お手入れしてくれるといいね?

そんなことを話しかけながら、歩いています。

くるあんのお友WAN・オリベちゃんは。。。

ママー! 早くおいで~~~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
DSC09467.jpg
と・・・ママを見ると熱烈歓迎してくれます。
DSC09466.jpg
ママもオリベちゃんが好きですが
DSC09425.jpg
オリベちゃんもママのこと、好きみたい…ヨ。。。( ´艸`)ムププ

我が家の庶民的かつナチュラルなガーデン。。。o(^▽^)o
DSC09465.jpg
そしてデッキに並べた干し芋。。。
DSC09494.jpg

今日はクルに盗み食いされなくて、ほっとしました。
ご近所 コメント:2 トラックバック:0

小さな女子会

2015/06/01(Mon) 17:06
毎年桜が咲く時期、(借景ながら)

お花見&親睦会に我が家に来て下さっていた

ご近所の皆さん。

我が家はもちろん、来てくださる皆さんも

楽しみなお花見の集いなのですが・・・今年は・・・

ママのしぶとい腰痛が全快できず、我が家の代わりに町の集会所で

花見の宴会が行われました。それ以来、ご近所の方とすれ違うたび

「だいじょうぶ?」 と心配そうな目で語りかけていただき

皆さんの優しさを、ひしひしと感じています。

この日曜日、今年の班のお花見宴会に、ママに代わって

頑張ってくださった若手女子(若手!ダヨ)をお誘いして

お礼の昼食会。。。DSC05234.jpg
あ!肉じゃがの写真、もっとしっかり撮れば良かった…
DSC05235.jpg
青春時代の思い出話を数々お聞きし、交流を深めました。

♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

ママは今朝、WAN友・ホクトくんのお父さんから

熟れたビワを分けていただきました。

この樹で熟したビワが美味しいのです!

これを使って明日、ビワジャムの研究をし

今月後半の、加工所でのビワジャム作りに備えます。

師匠が教えてくださるのですが、いろいろな作り方があり、

参加者から質問を受けることもあるので、

にわかジャム作りの助手は、質疑応答に備え必死です。

我が家の庭、ひまわりがすくすく育っています。
DSC05242.jpg
杏も!
DSC05243.jpg
実に少し色が付き始めました。
DSC05244.jpg
何年後かには、杏ジャムが作れるかしら?

ご近所 コメント:4 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー16歳)とあんず(ブラック12歳)パパママの4人で暮らしていたが、2018年8月、くるみが天国へと旅立つ。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(12歳)きなこ(6歳)が暮らし、年数回、海辺の家を訪れる。
お散歩、シュナ友との旅行、趣味、家族の思い出等気の向くまま綴っている。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR