くるみとあんずの散歩道

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

ランチボランティア

2017/06/22(Thu) 11:34
独居老人の安否確認を兼ねた、お弁当のお届け。

特に衛生面という意味で、作るだけでも気の抜けない作業ですが

回を重ねる事、その責任の重さを痛感しています。

少ない予算内で作ることが、頭痛の種。

金に糸目は付けない・・・・とまでいかなくても

社会に貢献した高齢者が、やむ無く一人暮らしをしているのですから、

美味しい食材を使って、作って差し上げたいのが人情と思えませんか?



でも市の社協の予算は、とても苦しい懐事情を示してきます。

では、できるだけお安いお店を駆け回ってみましょうか?

これがダメなのです。決まった地元の店で買う決まりがあります。

そうしたお店は、調理中突然調味料などを切らした時など、

電話一本で届けてくれ、とても心強い存在ではありますが、

正直なところ、値は安くはありません。

今回もほうれん草12束・・・・、品が良いのは認めますが

道の駅のお米7kg より、高かったのです。

これらは、今お安く手に入る食材で献立をたてなかった

私たちの責任でもあります。


ボランティアは2グループ合わせて10名前後で

約70食作ります。班長は1週間前

献立に合わせた食材の予約。そして金額の交渉。

前日は、調理場の掃除。調理台、床、窓のさん、等々。

まな板包丁の消毒、全ての水道の蛇口を全開し、水がきれいか、

ガスが使えるか、調味料、お弁当パック等々保管品をチェック。

今回、ごま油と 砂糖が、見た目のチェックでは充分と思えたのに

調理中、足りなくなってしまいました。

この後、雨季、そして夏場に入り、食中毒を避ける意味で

お弁当作りは2ヶ月お休みになり、調理場は使いません。
(この間、市販の菓子パンを届け、安否確認)

つまり在庫を増やさないよう、ママの意識が働いたのです。

そんなこんなも、反省点です。

胡麻和えの胡麻は、すり胡麻を指定したのですが、

なぜか炒り胡麻が。。。実は今回に限り、ここだけ電話で予約したのです。

あ~やっぱり、直接行って、書き込んだメモを渡すべきだった。。。

これも反省点。

ご飯は17合を2釜、15号を1釜炊いたのですが、1つだけ

硬いご飯が炊きあがりました。何が原因か不明。これも反省点。

完璧に!と意気込みつつ、いつも何かしら問題が生じます。

でも皆さんのご協力で、無事、完成しました。
DSC09719.jpg

鯖は塩焼き。 大きな脂の乗った鯖を使いたかったのですが

予算の関係で、小ぶりでさっぱりした鯖に。。。でも

味は良かったようです。
DSC09718.jpg
野菜たっぷり春雨サラダ、南瓜の煮物、ほうれん草胡麻和え、ゼリー。

お弁当箱の上にかける用紙デザインもボランティアの手によります。
DSC09721.jpg
こうして。。。

作り終えたお弁当を、一人暮らしのお年寄りにお届けした時の

その嬉しそうな顔、言葉のやりとりに、疲れも吹き飛びます。

皆さん、健康で長生きしてくださいね。
DSC09723 (2)

ボランティア コメント:0 トラックバック:0

揺らぐ川面 & ランチボランティア準備

2017/06/20(Tue) 21:09
いつもの川辺の散歩道
DSC09705.jpg
あの、鯉がいるあの川に
DSC09606.jpg

パパが気にしているところがあります。
DSC09706.jpg

それはここ!
DSC09686.jpg

川の水が下からユラユラしています。

湧水ではないか?とパパは想像しています。
DSC09710.jpg
ふ~~ん。。。

だと、(σ゚∀゚)σイイネ!!
DSC09711.jpg


DSC09632.jpg


明日はランチボランティア。

5つの班が2組ずつ組み、10名~12名で70食ほどの

独居老人の安否確認を兼ねたお弁当を作り届けます。

2つの班の班長のうち、今回はママが準備。清掃する番・・・・

責任重大です。

1週間前、食材の予約。

魚など、その日の仕入れにより時価が決まる物もあり、

また、物が良ければ高くなります。この交渉が難儀です。

お年寄りに、美味しいものを用意したい気持ちと

市の社会福祉協議会の意向に挟まれ・・・・

予算内で決断するのが辛いです。

米・野菜・乾物・卵・ゼリーの粉等など、何箇所か直接交渉。

今回は ほうれん草12束が手に入らず、右往左往。

この仕入先もやっと決まり、次はランチを作る調理場の大掃除。

この衛生面での責任も重大。パパとふたりで消毒・点検・・・・。

今日はここまで。明日は調理の本番。



無事任務を果たせますよう、皆さん、ご協力

よろしくお願いします。



ボランティア コメント:2 トラックバック:0

ランチ・ボランティア

2017/03/16(Thu) 06:32
DSC08750.jpg
高齢犬クルは、あんずより遅れて トボトボ歩くことが多いのですが
DSC08751.jpg
あんずが クンクン隊長している間に追いつきます。ヽ(*´∀`)ノ

いつもお手入れが行き届いているお庭とは対照的な
DSC08752.jpg
くるあんガーデン↓ 草ぼうぼうのナチュラル志向です(/ー▽ー)/フフフ、、、
DSC08755.jpg
雪柳↑に花桃↓
DSC08756.jpg
これはこれでいいでしょ?
DSC08759.jpg
雑草が取りきれない我が家の庭です。
DSC08743.jpg
水曜日朝、 独居老人へのお弁当作り。

この日は天ぷらがメーン!
DSC08761.jpg
紫さつまいも、しいたけ、チクワ
DSC08762.jpg
えび、人参、菜花 。。。
DSC08764.jpg
オレンジの隣がコールスローで
DSC08766.jpg
たくあんの隣がヌタ。
DSC08767.jpg
9人で力を合わせ、約70食近く作りました。

皆さん、お疲れ様~~~。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

作っている時の和やかな楽しさも、

作り終えたときの達成感もありますが、何よりこのお弁当を、

安否確認を兼ねて、一人暮らしのお年寄りにお届けし、

笑顔で迎えていただいた時の、短い会話に疲れが吹き飛びます。

皆さん、健康で長生きしてくださいね♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
ボランティア コメント:0 トラックバック:0

ランチボランティア

2017/01/19(Thu) 19:01
昨年より、独居老人の安否確認を兼ねたランチボランティアの

班長となり、慣れない作業にあたふたしています。

前班長さんがよく出来た方で、細やかに教えて下るので

本当に助かっています。

お弁当をお届けする1週間前に、今回の人数を確認。

献立に沿って、人数分の食材の量をを計算。買い物の予約。

良い品物であるか、ひとつひとつ・・・

お米も、野菜も、お肉、豆腐、果物、調味料など

各お店に行き、値段、大きさや鮮度等をチェックしながら予約します。

野菜など手に入らなかった場合は、お店から直前、班長に連絡してもらい、

他の店を探し回ります。

肉などは当日朝、届けてもらいますが、野菜・米など殆どは

前日、各お店に行き、受け取り、間違いがないかチェックし

センター(お弁当を作るところ)に運びます。

そして台所の掃除。まな板・包丁などハイターにつけている間に

冷蔵庫の中をチェック。古いものは処分。

調味料が揃っているか、マスク、ラップなどもチェック。

ガスが使用可能かもチェック。すべての水道蛇口を開け、

水を出し、色がついていないか、も。。。

拭き掃除をすみずみまでし、床の掃除、モップをかけ

浸けておいたまな板。包丁を水洗いし、拭いて、元の位置に。

そしてお米を、3つのお釜で炊くので、それを大きなボールに

今回は17合、を2つ、15合を1つ、に測り入れておきます。

これらを、前班長さんに教えていただきながら二人で行いました。

当日…とてもありがたいことに、今回9条の会の世話人のお二人が

参加してくださり、全13名でテキパキ調理!
170118_1011~01
じゃ~~ん♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

ご飯、大根と鶏肉・生姜の煮物。白菜の塩昆布漬け、

菜の花・人参・蒟蒻の白和え、ブロッコリー・カニカマ・ゆで卵のサラダ、みかん。

ママは色々ドギマギしてミスを連発…皆さんに助けていただきながら

無事終了しました。

実はこうしたボランティアとして活動している人は

子育てが終わったとはいえ、自営業、親の介護、孫の世話などで多忙な人々…

またご自身の趣味やお仕事、健康上の事情等々での欠席者や

お辞めにになりたいとの報告も、時折お受けします。

つまり、今後の為に新しい人材確保が悩みの種です。

皆様、地域のボランティア活動参加は

時間が許される範囲で結構ですので、前向きにお考えください。

そしてもうひとつ、若い方たちも

これまで社会に貢献してきた高齢者への思いやりに目覚めてほしい…。



ランチボランティアの醍醐味は作るばかりではなく、

お届けし、お顔を見ながらの会話にあります。

「奥さんが来るの、待ってたよ~~」と喜びを表していただくと

この地に来て良かった…と思えます。

DSC08486.jpg
冬の富士山は綺麗です。

我が家の水仙も、綺麗でしょ?
DSC08489.jpg

DSC08490.jpg
ボランティア コメント:4 トラックバック:0

秋祭り

2016/12/20(Tue) 18:00
11月3日の文化の日、山の廃校を利用して

体育館では小中学校の生徒たちの作品展示
PB030465.jpg
どんぐりや小枝を使った工作を、
PB030462.jpg
地元の方が指導してくれます。
PB030466.jpg

PB030467.jpg

校庭では餅つきや 祭囃子
PB030486.jpg

ついたお餅は体育館の中で、

きな粉やあんこ、大根おろし等々
PB030475.jpg
無料サービス。お隣は昨年同様 地元に伝わる郷土料理・性学餅。
PB030476.jpg
江戸時代、農地整理を担当していた大原幽学が考案した、と言われてる保存食で

うるち米を水に漬け、蒸し、餅つきのようにつき、棒状にまとめラップに包み保存。

餅よりも固くなりにくく、棒状にしたのを使う分だけ包丁で切り、

和の汁気のものは勿論、カレーやシチュー入れてもグ~です。

体育館では昨年と同じく、地元で活躍しているグループの

ミニ・コンサート。
PB030481.jpg

PB030480.jpg
大人も子供も楽しめる選曲でした。

PB030499.jpg
最後に恒例の、2階の窓からの餅投げ(お菓子も)・・・

必死で取りましたよ!ふふっ(^_-)-☆

ボランティア コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR