くるみとあんずの散歩道

2017 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

お弁当

2017/04/18(Tue) 12:42
長く続いた桜情報は、昨日で一段落。

また得意の(?)食べ物の話を中心にアップします。



最近、外食がめっきり少なくなりました。

朝、出かけ、午前中の用事を済ませ、午後もまた…。

その間の空き時間が短く、すぐ次にに移動しなくてはならないので。。。

家に帰って支度をしたり

お店に入って注文し、料理が出来上がるのを持つ時間がないのです。

そこで早起きしてお弁当を作り、移動の途中お気に入りの場所で

海を眺めながら、ピクニック気分で食べています。
DSC09141.jpg
この日はフライがメーン。

エビ、鮭、アスパラとエノキダケの豚肉巻き。

マカロニサラダ、切り干し大根の煮物、金時豆の煮物、

タルタルソースも、手作り。長期間の作り置きはせず

煮物類は前夜煮て、冷蔵庫に保管。当日朝再度火を通します。

今までずっと、写真を撮り忘れたのだけど、

これからは小まめに撮ってアップしよっ(^^♪


真夏になったら傷み易いので、コンビニのお世話になるのでしょうが

今のところ、手作り弁当が続いています。

短時間に食事を済ませなければならないので

あまりボリュームのあるものは避け…もちろん

前以て献立を考えておくのですが、実際に買い出しに行くとつい、

お買い得品に目が行ってしまい、その場で献立が変更しています。

それと、おかずのメーンは苦労しないのですが、副菜に悩みます。

ヒジキの煮物、切り干し大根、煮豆など、お弁当向きな副菜は

そろそろ出尽くしてしまいました。

ど~しようかな?迷っていないで

さ! 買い出しに行って、こよ!

また献立、変わっちゃうかな~~~(#^.^#)



クッキング コメント:0 トラックバック:0

味噌作り

2017/02/20(Mon) 04:26
DSC08673.jpg
温暖な南房総なので
DSC08688.jpg
我が家の庭には冬でも花が咲いています。
DSC08695.jpg
細長く伸びている葉は水仙の葉。
DSC08696.jpg
まだ花が咲いている水仙もありますが

我が家の水仙の花は咲き終えました。

残った葉は、地中の球根に栄養蓄えると聞き

このままにしてあります。

白浜から頂いた雪柳と
DSC08690.jpg
花桃は、次々と可愛い花を咲かせ楽しませてくれています。
DSC08692.jpg

土曜日、山の加工所で、毎年恒例の
DSC08677.jpg
お味噌の寒仕込みをしました。
DSC08686.jpg
くるあん家の手前味噌ファンの皆様、

もうしばらく待っててね♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

ご近所の方が下さった、天然のふきのとうと

雪柳と花桃を分けてくださった白浜のS家のお野菜を活かして

天ぷらしました。
DSC08697.jpg
クッキング コメント:2 トラックバック:0

料理勉強会 メジロ第3弾

2017/02/14(Tue) 21:55
くるあんママがお手伝いしている民宿さんで、

教えて頂いた、お料理を紹介します。

まずファンファルシー
P2140575.jpg

バゲット10本を半分に切り
P2140580.jpg

P2140581.jpg
中をくり抜き、(この中身のパンも取っておく)
P2140582.jpg

クリームチーズ(少しレンチンして混ぜやすく) ツナ缶(油を切って)、マヨネーズ

ハム、ミックスベジタブル、玉葱みじん切り(塩でもんで水洗いしザルに)

これらを油っぽいものから順にボールに入れ、くり抜いたパンも入れ

レモンの絞り汁を入れ混ぜ混ぜ
P2140585.jpg
マヨたっぷり
P2140583.jpg
これをくり抜いたバゲットの中に
P2140587.jpg
搾り出し袋でムギュ~~と入れて
P2140592.jpg
トントン
P2140590.jpg
口切り一杯入れて
P2140594.jpg
ラップで切り口を覆い、ビニール袋に入れ冷凍保存。
P2140595.jpg
頂く時は、自然解凍し、食べやすい厚みに切り分けます。

ワインにも合うそうです。


日本酒に合うのがこちら、からなま酢。。。
P2140569.jpg
野菜を切って軽く塩。
P2140573.jpg
フードプロフェッサーでピーナッツ、砂糖、酢、味噌、胡麻とおからを混ぜ
P2140577.jpg
水を絞った野菜、乾煎りした油揚げの細切りと混ぜ

柚子の絞り汁で味を調え、ジャ~ン♪これも小分けして冷凍保存。
P2140588.jpg

この後、試食。
P2140598.jpg
丸く型どってあるのが からなま酢。

その奥がファンファルシー。

今日はいつものカメラが電池切れしてしまい

小さなカメラで撮っているので、色が青っぽくてガッカリ・゜・(ノД`)・゜・



次は、シフォンケーキ オレンジ風味
P2140624.jpg
泡立てた卵白と 黄身にそれぞれ半量のグラニュー糖を入れ
P2140622.jpg
卵白はしっかり泡立て、黄身はサラダ油、グランマニエ、オレンジ果汁を入れ混ぜ
P2140625.jpg
黄身に粉を振るって入れ泡立て器で混ぜ、メレンゲの3分の1を投入。
P2140626.jpg
ゴムベラで切るように混ぜ、さらに残りのメレンゲを入れて
P2140628.jpg
白いところが見えなくなるまで混ぜる。

型に流し入れ、トントン!
P2140631.jpg
オーブンで焼く。
P2140632.jpg

そして 房州名物 卵焼きの太巻き寿司

卵焼きを焼いておき、
P2140589.jpg
菜花は茹でておき、鱈ででんぶをに作っておき、
P2140605.jpg
寿司飯の一部をイチゴ果汁で赤くし、海苔で細く巻く(3本)。
P2140607.jpg
巻きすの上に卵焼き、酢飯、この酢飯の置き方で模様が決まる。
P2140610.jpg
ご飯が3段階に置かれている間に
P2140609.jpg
え~~~っと
P2140612.jpg
ここまで来ると、何やったか思い出せないんだけど…
P2140614.jpg
女将さんのおかげで
P2140615.jpg
完成しました。
P2140643.jpg

ありがとうございました!

今後、自宅でも練習して、得意料理にしまーす!

今日の桜と
DSC08603.jpg
今日のメジロくん。
DSC08612.jpg
クッキング コメント:4 トラックバック:0

雪・菜花 & あの山情報

2017/01/15(Sun) 18:11
土曜日(14日)の夕方から雪が降り始めたのですが
DSC08470.jpg
期待していた割には 降り積もることなく
DSC08474.jpg
こんな程度。。。
DSC08475.jpg
デッキの上に
DSC08478.jpg
くるあんの足跡が。。。( ´艸`)ムププかわゆい
DSC08479.jpg
雪が大好きな雪ん子クル…あまり積もらなかったのでガッカリ。。。
DSC08467.jpg
オムツを自分で脱いでフテ寝。。。

ママはダンスで知り合った方から頂いたお野菜を活かして

菜花のかき揚げ・レンコン・フキノトウ・舞茸・生椎茸の天ぷら

道の駅で買った金時人参と里芋、干し椎茸、コンニャクの煮物で

お弁当を作ってご近所に配達。
DSC08481.jpg
天ぷらは・・・よ~く見てよ、力作なんだから!
DSC08484.jpg
新鮮な菜花始め、たくさんのお野菜、お漬物、Sさんありがとうございました

さてさて!!

前々回のブログで、この山は何かな~と呟きましたら・・・

パパの囲碁仲間兼九条の世話役Aさんから
DSC08483.jpg
白峰三山であろう、との解説!

ふ~~~む! なるほどね~~~(*゚▽゚*)

こうして方向線で示していただくと、すごく分かり易いです!

ありがとうございました。
クッキング コメント:4 トラックバック:0

加工所にてピタパン&ジャム

2016/09/15(Thu) 18:18

加工所でのクッキングは、今年も行っています。

でもその時撮ったお気に入りの写真が…見つからない…

。。。(´・ω・`)ガッカリ・・・

今年の新しい活動路線のひとつは、パン作り!

取り分けピタパン作りを数回、勉強し、

気持ちよく発酵した写真、美味しく焼き上がった写真など

あったのですが、ブログサボっている間に、保存先

解らなくなってしまいました。

ずっと探しているのだけど、見つかりません( ´ . _ . ` )シュン

やっと出てきた写真は雨の日で、

あまり上手く発酵できなかったピタパン作りのひとコマ。

良い写真はありませんが、アップしておきます。


師匠から教わったピタパン作り

強力粉300gでピタパン10個分。ドライイースト12g, 塩6g

35°の温水60cc.と仕込み水、そして

ショートニング。(ママはオリーブオイルを使用しています)


まず乾燥したドライイースト菌を仮死状態から戻すため、

35°の温水を10分くらい吸水させておき

強力粉・塩と共にホームベーカリーに入れ、20秒ほど混ぜたあと

仕込み水(135cc夏場は冷水)を

ショートニング、またはオリーブオイルを5g入れ

一度、中をキレイにし

軽く混ぜ、残り1分20秒回します。

DSC07951.jpg

こうして再度、混ぜ混ぜしてから

大きめのボールに入れ、ぴっちりラップして

陽の当たったところに夏場は30分(冬は1時間を目安に)発酵。

パン生地が倍くらいに膨れ上がり…でもこの時af23be08144134662b867b317d0ac965[1]

発酵しすぎてもダメなの。何事もほどほどにね。

そしてガス抜き。指で押す。でもこの時

ガスを出しすぎてもダメなの。ほどほどにね。

DSC07952.jpg

これを当分に10個に別け(ちゃんと計りで測る↓)

DSC07953.jpg

固く絞った布をかぶせて15分ベンチタイム(休ませる)


DSC07955.jpg

その後、外に向けて優しく伸ばします。厚みは4mm位。

ひでこさん

パンは生きている(イースト菌)ので、引っ張ったりしてはいけません。

優しく扱いましょう。(オーブンは260°に余熱始める)

天板にクッキングシートを敷き詰め、もう1度裏返して並べる。

キャンパス地を被せ、30分、程よく自然発酵させる。

この時、室温に応じ、暑すぎるようであればキャンパス地の上から

絞った冷たい濡れ布巾をかけ、発酵過多にならないように。

焼く直前、生地の上から下に、軽く綿棒をかける。

DSC07964.jpg

そして焼く。


それにしても残念だな。。。

いい写真が無くなっちゃって・゜・(ノД`)・゜・


260°のオーブン、お湯なし、ファン強。

焼き時間は全部で5分。色がつき、プク~~~っと膨らんだらOK!

DSC07966.jpg

焼きあがったパン。手前の奇妙に大きなパン↑は

ママが欲張って沢山作ったうちのひとつ。

何かやらかして、まとまらなくなり、

家庭用の天板にクッキングシートを敷き、焼いたらなぜか

絶品の美味さで、みんなに大好評!

「失敗作じゃないよ、オリジナルだよ!」って。。。

皆さんありがと。。。

DSC07967.jpg

膨らんだパンの真ん中を切り、そのポケットのようなf08167d9853d58d5b50417e586dc0bc8[1]

中に挟むものは、おかず系がオススメです。

この日は薄焼きのハンバーグ(デミグラで味付け)や

カボチャのニョッキ、サラダ。お友達作、茹で卵のマヨネーズ和えなど。

でも…、家でピタパンを作った時に挟んだキーマカレーや青椒肉絲など、

しっかり味付けしたオカズの方が合いました。(*^^)v


別の日に行った、ジャム作り。


今年は枇杷が不作で、お友達全員に生の枇杷をお届けできずごめんなさい。

DSC07707.jpg

枇杷農家さんから分けていただいた

クズ枇杷と呼ばれる、不揃いや小さな傷のある枇杷を使って

ジャムを作り

DSC07713.jpg

終わったあとのお楽しみ~♪

この日賄いは、くるあんまま作、中華丼!ヽ(*´∀`)ノ

DSC07714.jpg


少し前の くるあん散歩。

DSC07717.jpg

東京時代、トリマーさんに「聞き分けの良いお利口ちゃん」

と絶賛されていたクルですが、最近は耳も聞こえずボケもひどいため

トリマーさんを手こずらせ「もうこの子は無理です!」

と断られてしまいました。耳が聞こえないから、触られると

ビクッっとして、((((;´・ω・`)))怖くて怒ってしまうの。

あんちゃんは、相変わらずあんちゃんワールドを

日々展開しています。蟹と戯れるあんず。↓

DSC07722.jpg

クッキング コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

くるあんママ

Author:くるあんママ
2012年夏、東京下町から南房総内房の海岸近くにお引越し。
ミニチュアシュナウザー、くるみ(ソルト&ペッパー12歳)とあんず(ブラック8歳)パパママの4人暮らし。
時に、オバちゃんの介護日誌も兼て。
東京の家には長女CHA-ネエ・ポメラニアン小太郎(7歳)きなこ(2歳)が。
お散歩、趣味(料理)、お友達とのお付き合い、ボランティア等々気の向くまま綴っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR